So-net無料ブログ作成

相棒の誕生日プレゼント [アウトドア]

DSC_5560.jpg
今年の相棒の誕生日はもう過ぎてしまったが(7月)、今年のプレゼントはナイフだった。私達は山菜狩りやキノコ狩りが好きってこともあるし、1年中どこかにサイクリングに行ったりと、アウトドアを楽しんでいるほうだと思う。

そのときになにかとナイフを使うことが多い。たとえば海に行けば貝を獲って切ったり、魚をさばいたり、山に行けば茸や山菜のゴミをとったり、不要な部分を外したり。それでなくても宿でハムやソーセージなどのつまみを切ったり、家でも庭でトマトの葉っぱを切ったりと、なにかと便利に使っている。

私が最初にちゃんとしたナイフを買ったのは、1982年のこと。当時はカスタムナイフといえば「LOVELESS(ラブレス)」が最高峰で、だいたい30万円くらいした。今年ラブレスは81歳で亡くなってしまったので、価格はうなぎ上りで200万するナイフも珍しくない。

もちろんそんな高いナイフは買えないし、使えないけど、今までに手放したり新たに買ったりで、手元には用途別に大小10本ほどのナイフが残っている。過去のキャンプの写真でもでているけど、30年ほどの間に釣りやキャンプで使い続けた、どれも思い入れのある道具だ。

そんなわけで、相棒にも比較的小さくて使いやすそうなナイフを以前あげたのだが、相棒のアウトドアへののめり込み具合を見ていると、ちゃんとしたナイフを使って欲しくなって、ちょっと奮発したものがこのナイフ。

形は獣などを解体するときに使いやすい形状に近いけど、細かな作業にも力が入れやすくオールラウンドに何にでも使いやすい刃の形と、特別手の小さな相棒にもフィットするハンドルの太さや大きさだ。先のラブレスとは師弟関係にある相田義人さんのブランドで、ほんとは自分で使いたいくらい。

ところが相棒の友達からは「え〜っ、信じられない」っていう声が多い(^^; 。まあ確かに、女性のバースディプレゼントにナイフと言うのもなかなかないかもしれない。だけど年間通じてナイフを使う生活なんだから、良いナイフがあってもいいはずだって、私の場合は考えてしまう。女性が宝石に興味を持つようにナイフにも興味を持つとは思わないけど、どうせ使うからには良いものを使ってもらいたいと思う。

それにこのナイフ、自分で少し形を修正したけど、ほんとに良いナイフなんだよ。作ってくれたところに先日送ったときにも、相田さんから「自画自賛のようで大変におかしいのですが、とても良いナイフとシースですね」と言われたほど。実はちょっとそこで細工をして頂いたのだけど、それはまた今度。なんにしても丁寧にガンガン使って欲しいと思っている。あっ、研ぐのは私の仕事ですけどね。(^^;


タグ:ナイフ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 2

binbiilu

プレゼントをもらった奥様がナイフを持ってポーズっていう一枚がきっとあるんだろうなあ、なんて勝手に想像したりしています。
by binbiilu (2010-10-20 15:42) 

川越

>binbiilu さま、こんにちは。
こちらはすっかり涼しくなってきました。あきを通り越してすぐにでも冬が始まりそうな気配です。

ナイフの写真、持たせて写すことは頭にありませんでした。写してみようかな?なんとなく恐そうなイメージを持ってしまうけど・・・(^^;

週末には山梨にキノコツアーに行く予定です。
by 川越 (2010-10-20 16:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0