So-net無料ブログ作成

写真が水をかぶったときの対処法について [写真]

いつのまにか4月になり、エープリルフールもすっかり忘れていた。でも少しづつ今まで通りの生活に戻るようにしよう。桜も一気に開きそうだ。

フジフィルムのサイトに「写真プリントや記録メディアが水などをかぶったときの対処法について」がでています。フィルムからプリントした写真は(デジタルはわかりません)、ある程度復元できる可能性があるようです。

また現像済の「ネガフィルム」が見つかった場合には、次のように書いてありました。
「水や泥をかぶっていても決して捨てずに大事に保管されることをお勧めします。「ネガフィルム」の本体(ベース)はプラスチック樹脂なので、「写真プリント」の紙よりも丈夫です。また必ずネガケース(半透明の保護袋)に入っているので、損傷が少ない可能性があり、再び写真プリントの作成ができます」。

詳しくはこちらのアドレスをどうぞ。
http://fujifilm.jp/information/articlead_0094.html

ツクシ.jpg
ルサール20ミリ f8

先日、仕事で秩父方面に行ったときにフキノトウを探してみたけど、もうすっかりトウが立っているものばかり。かわりにツクシが針山のように伸びていた。こちらでも桜が咲き始め、今日はあちこちで花見をしているグループが目立った。温かくなると気持ちも少し弾んで来る。(^^)


原発の全電源喪失、米は30年前に想定。一方、原子力安全委員会は90年、原発の安全設計審査指針を決定した際、「長期間にわたる全交流動力電源喪失は、送電線の復旧又(また)は非常用交流電源設備の修復が期待できるので考慮する必要はない」とする考え方を示した。
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103300512.html

今回の福島原発事故について、武田教授がわかりやすく現状説明しています。これを見ると決して楽観していい状況ではないですが、一読をお勧めします。
http://takedanet.com/
タグ:ルサール
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 2

上海狂人

つくしなんて何十年も見ていません。
日本の春も久しぶりに味わいたいです。
by 上海狂人 (2011-04-04 01:17) 

川越

>上海狂人 さま
こんにちは。こちらはまた真冬のように寒くなってしまいました。満開の桜はもう少し待ちぼうけになるかもしれません。
ツクシって考えてみると、ヨーロッパでは見たことがないような気がしますけど、上海狂人さんが見たことがないと言うなら、そちらにはやはりないのでしょうか?考えたことがありませんでした。
もう少ししたら、ツクシを採って来てキンピラにしてみようと思います。放射能はちょっとこわいけど、食い気が・・・(^^;
by 川越 (2011-04-04 02:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0