So-net無料ブログ作成
検索選択

スリランカのどこ? [スリランカ]

12-135.jpg
Flaneurさんのブログ(http://tr1964.wordpress.com/)で、スリランカの文字を見たら懐かしくなって写真を探してみたら、意外と写していない。考えてみるとちょっとカメラを出して歩くのはまずいかなという雰囲気を感じたのは確かだ。もっとも、ベトナムのような無茶なひったくりなどにはあわなかったので、実際にはそれほど治安が悪いとはいえないのかもしれない。
29-28.jpg
カレーがおいしい。持ち帰りはビニール袋で、パンを付けてもらう。
2006年の6月末から7月の頭にかけて行ったスリランカ。ところが思い返してみるとどこに行ったのかサッパリ思い出せない。コロンボに降りたのか、キャンディという町の名前には記憶があるけど、どうやらゴール(Galle)という町に行ったようだ。調べて見たら旧市街と先端の要塞化都市は世界遺産 (^^;
2-28.jpg
小さい子は人見知りして泣きそうだった(^^;
この辺りは2004年に起きたスマトラ島沖地震の津波で大きな被害を受け、海岸線の民家はことごとく跡形なく流され、小さな墓標だけが津波のモチーフとともに延々と並んでいた。
33-28.jpg
牛は神様の乗りもの。でもノラ牛もいるらしい。相棒は怖々
ここまでの移動はちょっと問題があったのは、最初の記事(http://photo-bici.blog.so-net.ne.jp/2010-06-20)に書いた通りだけど、やはり津波被害の影響もあって人々は苦しい生活をしているようだった。歩いていると頻繁にトゥクトゥクの運ちゃんに声をかけられるが、値段交渉はできず(値段をいわず、とにかく乗れというばかり)、あまり乗れなかった。まあ街中は歩いているからいいんだけど。
64-28.jpg
この人も津波で家族を亡くしたらしい。ガイドしてくれて親切だったけど、なにげにボラれてしまった
でも英語でガイドをしてくれた人がいて、ちょっとボラれたり、粉ミルクをプレゼントしたんだけど、産卵したウミガメの卵をふ化させて大きくしてから海に帰す施設を見せてもらい、ウミガメのベビーを触ったりして、楽しむことができたのはとても良かったと思う。
4-28.jpg
思うに当時の環境で、まともに仕事もないのに家族を大勢養って行くには、とりあえずは観光する余裕のある人達から少しよけいにもらうってのは、そうそう酷い悪巧みではないのかもしれない。
46-28.jpg
私達はこんな綺麗なところで好きなように食事もできるわけだし
でもね、どうせなら仕事の報酬としてこれくらいとか、話してくれたほうがこちらも気兼ねなくていいんだけどね。このときも「子供がいてミルクが欲しいけど、お土産に買ってくれるか?」といわれて、大きな粉ミルクをプレゼントしたし、それはそれで私としては納得なんだけど、移動のトゥクトゥクの金額は現地としてはちょっとちょっと・・・だった。円換算すればたいした額じゃないのはわかっているけど、どうも気持ちがちょっと残念に思ってしまう。
30-28.jpg
街中は人が多いけど、日本人はもちろん観光客はあまり姿を見ない。そのせいかメシ屋に入ろうとすると、すぐに席を作ってくれるのはいいけど、物珍しいのか幾重にも人が集まって食べるのをニコニコ見ている。面白いのか?きっと慣れない指先での食事方法が面白いのだろう。2度目はないだろうけど、魅力的な場所だったような。しかし、よく行ったもんだと思う。
コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

コメント 4

TR1964

最初の記事も読みましたが、旅行するにはなかなかハードな土地柄ですね。
ライオンスタウトのまろやかな感じとは対照的な印象を受けました。
でも、写真を見ている限り、カラー写真の映えるいいところだなと思いました。
それに、カレーが美味しそうなところもいいです(実はカレー好きです)。
by TR1964 (2013-01-09 13:35) 

川越

>TR1964さま、こんにちは。
スリランカ、基本的には素朴な良いところですよ。でも個人旅行だとそれなりの心の準備も必要かもしれません。

スリランカに到着した夜のホテルは、空港近くでは唯一らしく、スチュワーデスさん達も宿泊しているようでしたが、部屋数が限られているので予約はあってもないがごとしで、私はカウンターから離れずスキあらば「部屋まだか!」と催促してやっと入りました。日本のツアーはそこまでしつこくやらないので、喫茶店に連れて行かれましたが、たぶんそこで夜明かししたと思います。(^^;
カレーは美味しかったですよ。カレー粉も何種類か買ってきましたが、良かったです。ビニール袋で食べるカレーってのは初めてでしたが、好きなものが食べられるし、まあいいかって楽しんでました。
by 川越 (2013-01-09 14:07) 

yuki

川越さん、こんばんは。
 めずらしい?ところに行っておられるのですね^^。
 7年前ですね。

  わたしには、セイロン島の方がぴんときます^^。 年が分かりますね^^。
by yuki (2013-01-09 21:42) 

川越

>yuki さま、こんばんわ。
私も「セイロン紅茶」世代ですから、あまり変わりませんね。うちの相棒はときどき突拍子もないことを言い出すのですが、最初は「そりゃむちゃだろう」って思っても、なんとなく乗せられちゃいます。おかげでちょっとだけ大胆になれたかもしれません。
by 川越 (2013-01-09 22:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: