So-net無料ブログ作成
検索選択

山ことばと炉端話 [本]

Image338.jpg
山ことばと炉端話―山の伝説・昔話とことばの民俗 (シリーズ山と民俗 10 山村民俗の会)を買いました。この手の本は足も速い上に、値段もその時々でビックリするほど変化があるので(たいていは高値になりますが)、できるだけ追跡してあちこちで検索し、頃合いを見て買う必要があります。

この本も2万円以上から2000円まで変化しますが、油断するとそれでもなくなってしまうのが判断の難しさ。今回も探しているときにはあちこちで数冊はあったのに、今日探したら1冊も見つかりません。元々が少ないのでしかたがないのかもしれません。

内容は「狩人や杣人、木地屋、炭焼き、金掘り、強力、山伏など、山びとたちのことばの諸相を各地の山の伝説・昔話を通してさぐる」となっているけど、地名と伝承の関係や山仕事をする人達の伝説、言い伝えから民話まで、なかなか興味深いです。早く仕事を終わらせてゆっくり読んでみたいなぁ。

このシリーズは他にも読みたい本がいくつかあるけど、けっこう高値安定でなかなか買えません。「狩猟」なんて次に買いたい本はあるんですけど、アマゾンでは4400円ですが、別のところでは2万円超でしたね(こちらもすでに売れていた!)。

タグ:
コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

コメント 4

minton

そんなに価格が異なるんですか。
面白いもんですね。
僕がちょっと前に欲しかった本は、今も出てますが行ったん記事の内容で揉めて出版中止になったので、とんでもなく高いです。
今出ているものと本の少しだけ違うだけで一桁違います。
本の価格って面白いです。
by minton (2013-02-09 23:56) 

川越

>mintonさま、こんばんわ。
本の値段ってほんとにおもしろいですね。以前漫画家の白戸三平さんのアウトドア関係の本でも、同じような事がありました。2万円とかになるとさすがにびっくりしますけど、それでも売れるから値が付くわけですよね。そういえば昔、ブックオフで見つけた100円の大道の写真集をヤフオクに出したら、6万になってビックリした事があります。
by 川越 (2013-02-10 00:21) 

上海狂人

面白そうですね。
先日古本ですが、サンカの本を買いました。思ったより起源が古くないというのは意外でした。
by 上海狂人 (2013-02-13 23:41) 

川越

>上海狂人さま、こんにちわ。
お元気ですか?サンカ自体は古いのでしょうか?それとも存在自体が新しいのかな?山で生活をして来た人達とは別の人達というくくりだと、意外と新しいのかもしれないですね。
by 川越 (2013-02-14 01:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0