So-net無料ブログ作成
検索選択

立夏 [その他]

L9996488.jpg

東京ではあまり実感はなかった気がするけど、田舎にいると24節季という言葉が現実味を帯びて来る。季節の移り変わりは2週間もあればだいぶ変化し、特に今頃はその傾向が強いんじゃないだろうか。

山肌の見えた禿げ山も3日あれば緑に覆われて地面が見えなくなるし、1mもあった畑の雪も1週間で溶けて雑草に覆われる。これが2月だとなかなか変化は感じない気がするけど、これも場所が変われば違うのだろう。

24節季でいえば今頃は立夏(りっか)らしい。野山が新緑に彩られ、日中の日差しは夏の気配が感じられるようになる。気が付けばカエルがうるさいほどに鳴き始めているけど、長い冬の間はどうやってやり過ごしたのやら。

山には山菜はもちろん竹の子が生えてくる頃。この辺りだと根曲がり竹も出て来るはずだけど、どこかにあるかなぁ。
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 8

September30

深い雪に閉じ込められた冬をようやく抜けて、光輝く初夏を迎えようとしている北国人の喜びが、そのままに溢れるような素敵な文章でした。
私は川越さんの写真だけではなく、文章も好きです。


by September30 (2015-05-11 10:07) 

voyagers-x

おはようゴザイマス!!
もう立夏なのですね
梅雨という季節が無ければいいのですけど。でも梅雨は田植え前の貴重な水の源ですね。すでに九州方面に台風が発生しています。今年は夏が早く来るのかな。そういえば、少し前に蚊が飛んでいて僕は血を吸われました。今週もまたよろしくお願いいたします。

by voyagers-x (2015-05-11 10:28) 

川越

>September30さま
田舎暮らしをしていると、季節に追われるように生きている姿を当たり前に見ることができます。

積もっていた雪がみるみるなくなり、畑の土が出て来るとみんな待ちかねたかのように土を起こし始めます。

でも地面が濡れているとまだだめなんだそうです。面白いことに地面が一度乾いてからでないと、いくら耕しても土が固まりになってしまい、砂のようにさらさらの土にならないそうです。

畑が乾いたらやっと耕して、日当りの良いところから背の低い野菜を植えて行きます。他の野菜の日当りのじゃまをしないようにです。

私は畑仕事はなにも知らないので、そんなことも知らなかったのですが、周りの人がいろいろ教えてくれます。

都会では人付き合いは仕事だったりしましたが、こちらでは当たり前のように日々井戸端会議です。

でもこういうのが当たり前の生活だったんでしょうね。自分に回りの人達とコミニケーションをとりながらの生活がストレスなくできるのか不安でしたが、意外なことに全く自然に馴染むことができました。

田舎の生活は季節を肌で感じ、生きているって実感できます(クサい台詞ですが)。雪がなくなったら、私達も少しだけ野菜を作るつもりです。そのためにもまずはクワを買って来なければ。

September30さんに私の写真や文章が好きなんていわれると、とてもとても恥ずかしいですけど、同じくらい嬉しいです。ありがとうございます。
by 川越 (2015-05-11 18:39) 

川越

>voyagers-xさま
そちらには台風が接近中ですね、ご注意を。毎年5月は夏のように暑い日が多いですが、それが過ぎたらうっとおしい梅雨ですね。

でも梅雨がなければ秋のキノコも出て来ないし、川の魚も弱ってしまう。翌年の山菜も良いのが出ないし、なによりお米や野菜が美味しくならないようです。面白いものですね。

そろそろ蚊の季節ですか。田舎暮らしですは吸血虫の存在は非常にストレスになりますけど、きっとそんな虫でもなにがしかの影響を与える存在なんでしょうね。もっとも普段はそんなことは考えもせずに、殺虫剤をシュッ!ですが。(^^;
by 川越 (2015-05-11 18:47) 

H.O

毎回とても美しい光景ですね。素敵なカットです。
厳しい自然と共存されているから余計に引き立つように感じてます。^^
by H.O (2015-05-11 23:51) 

川越

> H.Oさま
そう言って頂けると嬉しいですが、最近どうも落ち着かないのか、カメラを持ち出すことがなくなってしまいいつも家の周りの写真でお茶を濁してます。でも、こちらも暖かくなって来て、やっとストーブを点けることが少なくなりました。どうもありがとうございます。
by 川越 (2015-05-12 00:07) 

minton

田舎にいると前触れもなく花が咲きだしたり、トンボが飛んでみたり、鳥が鳴いてみたりと、季節の切れ目のようなものがきっちりしていますよね。
以前はそんなことあまり考えたことなかったけど、最近はそんなくっきりとした季節の境が結構気に入っています。
自転車を電車に載せて散歩。いいですね。
こっちでも可能なのかなぁ。
by minton (2015-05-12 15:11) 

川越

>mintonさま
田舎の生活では季節の移り変わりをしっかりと感じやすい気がしますね。秋になれば一気に紅葉が始まるし、冬になればある日いきなり山の葉が一斉に落ちて来るし。

都市部ではなかなかここまでキッチリとした季節の移り変わりがはっきりしていないように思います。

田舎の電車は自転車を乗せるにも都会のように時間帯を気にしなくても良いのが嬉しいですね。そのぶん電車の本数が少ないのですが、「何でもかんでも便利に」というのは欲張り過ぎですよね。

昨日は飯山線に乗り換えたんですが、時間をかけてのんびりと長野まで行くのも良さそうです。
by 川越 (2015-05-12 19:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: