So-net無料ブログ作成
検索選択

フィルム写真とデジタルの違い [写真]

花.jpg


普段使うのは完全にデジタル一辺倒だし、フィルムカメラはもういらないんじゃないかとよく考える。ところが昨日はちょっと気持ちに余裕があっていくつかのお気に入りの写真集を眺めていて、今更ながらに気が付いたことがあった。

それは「フィルム写真はデジタルカメラでは撮れない写真が撮れる」ということ。もちろんその反対もありで、これは気持ちがどっちに傾いているかで違うのだろう。つまり、自分の中には今でもフィルムで撮りたい気持ちが残っているんだ。

デジタルではオートISOで夜でも昼間のように速いシャッターが切れるし、自動追尾AF、顔認識、自動露出、手振れ防止などなど、写真の内容はともかく、いつだってきっちりちゃんとした写真が撮れる。「写っている」という意味では、デジタルはしっかり写し取ることができる。

ところがフィルムの場合はピンは合わない、ブレは目立つ、露出は狂う、暗ければ写らないし増感すれば点描のように粒子が目立ってしまう。こんな写真はデジタルには撮れない写真だ(テクニックがあれば別かも)。

でも写真集をゆっくり観ていれば、そんな写真は普通にでて来る。だからといってそれらの写真が箸にも棒にも引っかからない、全く印象に残らないダメ写真かといえば、その反対だったりする。

写らない写真だからこそ印象に残るってこともあるし、夕闇の臨場感や現実味、あるいは夢のような写真がフィルムでは写せるのかもしれない。いつでもどこでもキッチリ写るって、写真にとっては必ずしも正解じゃないこともありそうだし、それに何パーセントかは偶然の入り込む余地があるってのは、写真にとってはとてもいいことなんじゃないだろうか。
nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 10

voyagers-x


おはようございます!!
フィルムカメラにはデジタルにはとれない写真が撮れますね。ただ時間もかかるしお金もかかるし。自分が好きな写真はやっぱりフィルムカメラの写真です。でもどこかで妥協は必要なのかなとも思います。フィルム一本撮影して現像に出すなんて事は田舎の場合は逆にコストがかかりすぎになります。3ヶ月くらいフィルムで撮り続けて撮影済みのフィルムがたまったら現像......写真って早く見たいし、早く見せてあげたいですからね。ということで、僕はデジタルで可能な限り自分が理想とする質感を表現できる方法を追い求めて、その中で楽しもうとしています^_^;

by voyagers-x (2015-07-29 10:28) 

川越

>voyagers-xさま
フィルムで遊ぶにはお金がかかる時代になってしまいましたね。それでもまだフィルムで楽しむことができるのは、ギリギリ幸運なのかもしれません。

フィルム写真の良さ、自分でもデジタルと比べてどこがいいのかまだはっきりと言葉にできません。気分的なものなのかもしれませんし、イメージかもしれません。でもデータではなく現物(フィルム)が残るってことは少なくとも大きなメリットかなとは思っています。

フィルムの良さは、束になったフィルムシートでもパラパラと見ることができることですよね。リバーサルはほんとに綺麗だし。

自分の場合はなにかを表現したいなんて気持ちがないのですが、なぜか写真に惹かれます。フィルムでもデジタルでも、飾ることができる写真をたくさん獲りたいですね〜。
by 川越 (2015-07-29 11:11) 

monopod

仰るとおりです。
高画質がいい写真なら、写真家必要ありません。
古い写真帳の、手ブレで顔が流れたような室内スナップでも、ライブ感たっぷりで思い出よみがえってきますからね。
最近は高感度高感度ってさえずる人が多くって鬱陶しいです(^^;)
by monopod (2015-07-31 02:54) 

川越

>monopodさま、おはようございます。
高画質、高感度というのはちゃんと写るためには基本的に正しいんでしょうけど、最近はノイズのない明るい写真も多くて、夜なのか夕方なのか分からない場合もあります。ちゃんと写って色々できる反面、写し方が難しくなっているのかもしれませんね。
by 川越 (2015-07-31 08:06) 

M

こんばんは!
フィルム屋の自分ですけど、最終的にどっちが良いのか分かりません(^0^;)
ただ、言えることは
写真を見て、思いが蘇るのはフィルムの方が多いです。
デジタルの方が写す枚数が多いからじゃなくて、集中力の問題かなと思っています。
フィルムでも、デジタルでも写真に変わりはないんですが、集中力に差が出るって事は、修行が足りないだけだと思うのですが、いまさら同じにはならないだろうと思ってます。
ただ、RD-1sはフィルム感覚に近いかなと感じるので、その場で結果が見えるってとこが良くないのかも知れませんね。

by M (2015-08-04 21:35) 

川越

>Mさま
デジタルはすぐに結果が見られる。これってかなり重要な部分のような気がしますね。ダメなら撮り直せばいいという意識はを持つかどうかは別にして、無意識のうちにも一期一会の意識は薄らいでいるように思います。
でも写真家の方はその点もしっかり意識を持って写せるんでしょうね。でもやっぱりフィルムで残しておきたいっていう意識は自分の中にありますねぇ。
RD-1は巻き上げ(チャージ)があるのが、デジタルらしくないですけど、その動作が入ることで写真するっていう気持ちが湧くのかもしれないですね。
by 川越 (2015-08-04 21:43) 

やっ

良い写真ですね♪

結局露出やピントが合わないなどの"画"の方が、実は脳みそで"見ている"人間にはマッチしているんじゃないか?と私は思っています。

デジタルは"カッチリ"写るので記録としては良いのかもしれませんが、記憶にはフィルムのほうが合っている感じがします。
by やっ (2015-08-05 12:58) 

川越

>やっさん
あ〜、そういうことってあるかもしれないですね。写真集を見ているとフィルム写真は「全然シャープじゃないよなぁ」ってよく思います。

ところで走ってますか?私のほうは少しだけ体調が良くなっている気がして、少し走り始めました。とはいえ、最大で1時間、25キロですけどね。(^^;
by 川越 (2015-08-05 16:02) 

やっ

デジカメ画像だと等倍で見るというのが当たり前になったので、確かに等倍でもシャープな画像をみると唸っちゃいますよね。
35mmの場合等倍ってことはベタ焼きがそれに相当するのかな? 分からないけれど、さすがにベタ焼きでは唸る程シャープってのはなかなかお目にかかった事がありませんですね。

---

恒例の富士山ヒルクライムは都合が合わなくなってキャンセルしました。来年リベンジですね。

それと週末だけというのはやっぱり距離が伸びませんし、土曜日はダメで日曜日になるとちょっと回るようになって、んでまた次の土曜日に元に戻るって感じで…自己責任とはいえ平日走れないのが辛いです。
by やっ (2015-08-11 16:18) 

川越

>やっさん
あ〜、自転車に限らないんでしょうけど、毎日やらないとダメなんですよね。ほんと。休みが入っちゃうと、体が忘れちゃうんでしょうね。でも速く走るばかりが自転車の楽しみでもないので、できる範囲で楽しんでください。
by 川越 (2015-08-11 16:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: