So-net無料ブログ作成
検索選択

宮崎さんの新しいレンズ [レンズ]

l.jpg


MS-オプティカルの宮崎さんが新しいレンズを出すのは先日頂いたメモでわかっていたけど、どうやらマップカメラのオリジナルレンズとして登場するらしい(https://www.mapcamera.com/html/20151019_reiroal/reiroal35mm)。

マップカメラでは限定100個が発売前に予約だけで売り切れ状態。宮崎さんは500個ほど作ると言っていたので、残りはゾンネタール同様に大陸系の業者さんに流れるのだろう。

マップカメラのレンズは「REIROAL M35mm F1.4 MC (玲瓏) プラチナクローム」というらしく、アルミボディに金メッキされ、さらにプラチナメッキが施されている。こうなるとレンズというより装飾品?

ゾンネタールもそうだけど、宮崎レンズは現代のレンズとは違い、収差を残しコントロールしながら、できる限りレンズを少なく、小さく軽くしてどこまで性能を突き詰められるかなど、あまのじゃくな方向に拘ったレンズを作り続けている。

このレンズももちろんライカのズミルックス35/1.4を頭に置いて作られているのは間違いないけど、4群6枚で前後対象のガウスタイプを使い重量は球面ズミの半分。残留収差に拘りを持つ宮崎さんがどんな性格を持たせたのか興味深い。もちろん時代が違うので、収差を残しつつも球面ズミより暴れず、絞りによる画質変化が楽しめるらしい。

もちろん性能でいえば開放から突き詰めた現代のレトロフォーカスレンズに敵うはずもないけど、どれもこれもが同じような描写になっているように感じるいま、収差をコントロールしてクセ玉として商品化して来るのは魅力的。

これは現在のRFブームの発端となったコシナも生産量の桁が全く違うだけに、「クラッシック」と謳いながらも宮崎レンズのような好みを最優先した商品を発売するわけにはいかず、宮崎レンズの比較対象にならないのが楽しい。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 4

voyagers-x


おはようございます!!
綺麗に写るのが当たり前の時代なので
クセ玉が逆に凄く魅力的に感じますね
綺麗な写真は見飽きました笑

by voyagers-x (2015-10-24 10:31) 

川越

>voyagers-xさま
最近のレンズはソフトと相まって、ほとんど完璧なんじゃないかと思いますよね。開放からきっちりシャープでボケもなだらかにキレイにボケて。素晴しいです。

でもそれじゃつまらないってこともあるのがへそ曲がりですよね。わざわざ写らないレンズを欲しがるのもどうかしているって思いますけど、これも好みですから仕方がないかなぁ。欲しいんですけど、予算が・・・(^^;
by 川越 (2015-10-24 16:25) 

minton

宮崎さんのレンズが好きな人って解像度なんてどうでもいいような気もします。
味を極めるようなレンズでしょうね。
僕は今のところ、このレンズを購入予定にないので、心穏やかであります。
by minton (2015-10-24 17:07) 

川越

> mintonさま
宮崎さんのレンズは収差ありきが大前提ですから、解像度は最優先事項じゃないんですよね。その点現代のレンズはまず解像度って感じなんじゃないかと想像しますよね。

まあシャープに写ることは大事なんで、間違いじゃないと思いますけど、そんなレンズは1つあればいいかって思っちゃいます。自分の場合は一眼のレンズがそんな感じだし、GRDもそうです。なので、遊びのライカはクセ玉が楽しいです。

もっとも私もこのレンズは欲しいけど、現実がそれを許さないので、指をくわえて見ています。(^^; mintonさんはズミルックス35ミリがあるんで、このレンズはいらないですよね。
by 川越 (2015-10-24 19:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0