So-net無料ブログ作成
検索選択

先日の斧 [道具]

R0013932.JPG


先日手に入れた斧はちょっと残念な斧だけど、とりあえず研いでみたらそれなりに切れるので、柄をもう少し長めにしたら使いやすくなるかもしれない。でもあまり手をかけるのも面倒だし、焚き付け用にと思って手に入れたのでこのまま使うことになりそう。

ところで斧に刻まれた数字が155と読める。1匁(もんめ)は3.75gなので、この斧頭の重量は581.25gということなんだろうか。持った感じも600〜800gくらいの感じなので、この数字は重さなんだろう。

そう考えると最初に手に入れた斧も同じところに「五●」という文字が読めるので、重量が刻んであるのかもしれないけど、いまひとつ判断ができない。
タグ:
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 2

voyagers-x


おはようございます!!
万年筆は使う人の癖がついて他人に貸してはいけない、とよく言われます。使う人が一番使いやすく感じるようになるとか。斧もそんなところがあるのでしょうか。使う人の癖が刃先に出るとか......

by voyagers-x (2016-01-21 08:54) 

川越

>voyagers-x さま
刃物は道具の種類によってある程度使い方が決まって来るので、その使い道に応じて刃先の研ぎが決まって来るかもしれません。でもその中で自分の使いやすい刃先になることはありそうですね。昔の野鍛冶は使う人個人個人に合せて焼き入れの具合も変えたそうです。特に農具や山の道具では腕のいい人ほど道具への拘りも強かったそうです。「道具に拘りのない職人に腕のいいやつはいなかった」なんていう鍛冶職人もいましたが、そうかもしれないなぁと思います。
by 川越 (2016-01-21 12:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0