So-net無料ブログ作成
検索選択

時代が違うとはいえ・・・ [その他]

R0014148.JPG


北海道の置き去り事件、親のコメントが事実ならなんともやるせない。今は空き地で遊ぶ子供が車道に出ても「危ないよ」というだけの親、子供が自分たちの後ろをついてくるのを確認もしないで歩き続ける夫婦。電車のホームで手も繋がずに移動するお母さん・・そんなことが珍しくない。

自分の子供の頃の親は圧倒的に車が少ない時代であっても、外では振り払おうとする子供の手をしっかりと握っていた。「危ないよ」といっても間に合わないことがあることは、誰もがわかっていた。時代が違うという言葉だけでは済まないけど、対策も難しい。

兄弟の数も昔は4〜5人なんて珍しくなかったけど、なにがしかのアクシデントで亡くなる人も少なくなかった。今の時代は身近に事故などで亡くなる人が比較にならないくらい少ないような気もするけど、そんなことも影響しているんだろうか。

誰もが当たり前に考えることができていたことが、今では当たり前でなくなっているけど、この事件はちょっと・・・。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 2

september30

こんにちは、ご無沙汰でした。

そうそう読んでいて僕も自分の母を思い出していました。
子供の頃、銭湯に一緒にいくのにちょとした繁華街を抜けるんだけど、道を渡る時など痛くてつい声が出るくらいにしっかりと僕の腕を掴んで歩くんですよね。
僕は嫌でしょうがなかったけど、あれこそ母親の愛だったんだなあ。

などと、すっかりっ忘れていたことを思い出していました。
ありがとう。
by september30 (2016-06-03 13:09) 

川越

>september30さま
なんと、この少年は無傷で見つかったようです。置いて行かれた夜には、自衛隊の演習場内にある小屋の中にいたそうです。10キロほど離れていたようですが、とりあえずは良かった。

しかし、見えなくなったところからこっそり様子を見る程度ならまだしも、ヒグマもいる山の中に日も暮れる時間帯に置き去りとは考えらないですよね。september30さんがおっしゃるように、自分の子供時代には腕を振り払おうとしても、母親は離してくれないものでした。
by 川越 (2016-06-03 13:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: