So-net無料ブログ作成
検索選択

今年最後のキノコ狩り [キノコ]

R0014836s.jpg

クリスマスの今日はあいにくの小雨模様になってしまったけど、相棒と今年最後のキノコ狩りに行ってきた。今までにないほど雪が少ないとはいえ、まだ溶けきらない雪が少しついているので、場所がわかっている裏山に決定。

R0014839s.jpg

裏山とは言っても、峰に上がると反対側は絶壁なので油断はできない。へっぴり腰でついてくる相棒。(^^)

R0014841s.jpg

最初に見たのは前にも出したことがある場所。寒さと雪で焼けてはいるけど、結構な量のなめこが付いている。残念ながら手が届かないので、ここは写真だけ。

R0014844s.jpg

小雨混じりなのであまり足を伸ばせなかったけど、なめこ少々、ヒラタケ少々、クリタケも少し取ることができ、多少冷凍庫に保存することができた。きのこ鍋にしたら多分2回分くらいかな?

でも久しぶりに相棒と山で遊んで来ることができたので、短い時間だったけどなかなか楽しかった。来年はもう一度くらい取りに行けるかな?雪が積もれば木の上についたなめこが取れるんだけどなぁ。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 2

micro

TVで降雪した山の中でキノコ採りをしていたのを見ました
体をロープで結わえヒラタケやなめこを採集されていました
ひょっとしてと思い見ましたが年齢が違うし家の中の様子も違っていました
雪が降っても採集出来る事納得です。
by micro (2016-12-26 11:33) 

川越

> microさま、こんにちは。
テレビでそんな番組があったんですか。雪国ではみなさん雪に慣れているので大丈夫ですけど、それでもこの辺りでも冬に山で亡くなられる方がいますから、誰もができる遊びではないですね。

低山でも雪に潰れた木が人が歩くことでいきなり立ち上がって跳ね飛ばされて亡くなることや、大怪我をすることもありますし、それは結構珍しくないです。あとは足元がわからないので、いきなり沢に落ちたり、崖から落ちたり、小さな雪崩に巻き込まれたり。

雪って重いんで、埋もれたらまず自力では抜け出せません。屋根の雪下ろしでさえ埋もれて何人も亡くなっています。雪は怖いです。

でもキノコ自体は冬でも出るキノコがあるので、それなりの条件や装備を満たせば楽しめます。雪が積もると高い位置に出るキノコが取れるので、それが楽しいんですよね。冬だとエノキ、なめこ、ヒラタケくらいですけど、それでも楽しいです。
by 川越 (2016-12-26 12:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0