So-net無料ブログ作成

金盤が欲しい [道具]

600x450-2007121900001.jpg

金盤とは、平面の精度が高い金属の鋳物製厚板のこと。普通の定規などは、まっすぐに感じても実際はかなり凸凹している

最近ノミやカンナの刃を研いでいて、どうにも刃の裏の平面がうまく出せないでいる。バイト先に時々来る指物師の方に使っている道具などの手入れ方法を時々教えてもらうのだが、その人曰く「砥石じゃ裏は出せない」という。

もちろん世の中には仕上げ用の天然砥石をキッチリ平面出しして使っている人もいるけど、砥石の平面だしも必要で手間がかかるということらしい。もっと手軽にきっちり平面を出すことができるなら、その方がいい。

自分としては仕上げの砥石の平面を出す方法も知ってはいるけど、それができるってのはまた別の話で、やはり平面を出す難しさは常々感じていた。それに平面を出していない砥石では、きっちりした研ぎはできないことも感じている。

そこで教えていただいたのが、金盤を使うこと。使い方までは聞かなかったけど、それは職人さんとしては人に言うことでもないだろうとあえて聞かなかったけど、使い方はわかっているので、近いうちに金盤を手に入れようと思っている。

もっとも道具があればきっちり仕上がるというわけでもないので、やはり平面をしっかり研げるようにならないことには何事も始まらない。鎌や鉈、斧やノコギリはこうした刃物に比べるとずいぶん大雑把な道具だと感じるけど、そのノコギリもやはり相当に難しい。

毎日手入れしていてもしっかり目立てや狂い取りができるようになるには何年もかかるのがこの世界だろうから、慌てずじっくりやるしかないけど、それでもできるようにるかどうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0