So-net無料ブログ作成
検索選択

古い鋸の材質 [道具]

R0013950.JPG


昔の山林用の鋸や斧、鉈など、いわゆる荒物と呼ばれた道具は、繊細な大工道具などに比べると低品質な素材が使われていることが多く、玉鋼の時代では一番良いものは刀鍛冶、次が大工道具を作る鍛冶、そして田畑の鎌やスキ、クワなどの農具を作る鍛冶、最後に荒物を作る鍛冶屋となっていたらしい。ときには壊れた農具などを持ち寄って作られたことも珍しいことではないようだ。

という大前提があるので、古い山用の大きな鋸は大工用や細工用の鋸と比べるとどうしても雑な作りに見える物が殆どらしい。「らしい」というのは自分ではたいした数を見ていないので断定できないからだけど、自分の鋸を見てもそれは納得できる。

ただ、古い時代の山で使われた鋸を見ると、ほとんど元の形を留めていない。歯が欠けたために歯先を全て削り落とし、新しく歯を付け直したもの。山で仕事をしながら毎日のように目立てをして歯がすり減り、徐々に本体が削り込まれたものなどだ。酷いものは鋸の幅が半分になっていると思えるものもある。自分が持っている鋸もかなり形が違っている。

昔は鋸の歯の形は切る樹木に合せていた。木が柔らかい、硬いで歯の山の角度を鋭角にしたり鈍角にしたり、交互に振り分けられた歯の出方を変えたり、樵、杣などと呼ばれた人達は、一日にどれだけ切り倒すかで収入が違うので、道具はシビアに手をかけていた。

ただ、当時の山師達はシビアなだけに「使える」道具は手放さず、最後の最後まで使い切る。これは大工が気に入った鉋や鑿を鋼がなくなるまで使い切ることと同じこと。逆に考えれば、使い込まれて形が変わってしまった道具にこそ、特別切れ味の良い良いモノが紛れ込んでいることもあるのかもしれない。

R0013953.JPG

今日の写真はたぶん昭和30年くらいまで使われたと想像できる鋸と、大正時代に使われていたんじゃないかと想像される鋸の一番手前の歯。いわゆる「鬼切り刃」とも呼ばれるところ。

歯先を少しだけ研いでみたのは、どんな材質のハガネが使われているのか見てみたかったからだけど、1枚のハガネを折り返して叩き、それを何度か繰り返して作られたものもあるらしい。あるいは持ち寄られたハガネを集めて作られたものかもしれない。どちらの写真も2枚のハガネが合せてあるようにも見えるけど、ちょっとはっきりしない。したの写真では一方が薄く見えるような。まあ、はっきりさせることが目的でもないので、それはそれでいいのだけど。
タグ:
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大工道具よりも山仕事道具かな [道具]

R0013948..jpg

背負子に、1尺4寸と1尺2寸の鋸を入れた桐の入れ物をくくりつけ、鉈とロープを付けて裏山に

久しぶりの更新。ここのところ砥石にはまり、面だし(砥石の平面を出す作業)をしたり、鉈や包丁を研いだりしていた。これはこれでマニアックな世界で、古い刃物を探したり、大工道具をひたすらシビアに研いだり、膨大な種類の天然砥石を楽しむ人達もいる。

この数日その魅力の一端を覗いて、研ぎや砥石の魅力は自分なりにわかったけど、ちょっと違う世界と納得もした。自分は集中してのめり込むのは嫌いじゃないし、刃物を研ぐのも好きだけど、うっかりすると今は使わない鉋やノミまで買ってしまいそうで、今はもうできない世界でもある。

鋸もそれなりにシビアな目立て(研ぎ)があるけど、現場でもやれる程度のことがメインになるので(いや、それは無理か?(^^; )、大工道具(鉋、ノミなど)の研ぎとは次元が違う。高い砥石をいろいろ欲しがるよりも(これも魅力だけど)、目立てに必要な金床や万力を手に入れるほうが現実的だ。



DSC_9900.jpg

裏山もすっかり雪景色。この樹木の間をカンジキはいて登って行きます

今日はまた大雪になりそうな感じだけど、先日は晴れたので背負子に鋸をつけて裏山に行って来た。カンジキを履いても膝まで潜る新雪で山歩きは苦労したけど、どうやら目的の倒木まで到達。少しだけ切って来たけど、薪を運ぶソリも欲しい気がする。

昨年の秋頃から古い鋸を何本か手に入れた。もちろんそれ以前にもホームセンターで買った鋸が2本あった。古いノコギリは目立てヤスリをあてると、ホームセンター物より確実に柔らかい。材質の違い、焼き入れの違いだろう。

全てがそうなのかは知らないけど、ホームセンターの鋸でも先端の歯の部分だけに特殊な焼きを入れてあるものは、硬すぎてヤスリが滑って全くかからない。研げないので替刃式になっているわけだけど、それでいて本体部分はかなり柔らかい金属が使われている。

その方が製作過程で工作機器が傷まない、作業が簡単になる、安いなどメリットが多いのだろう。歯先が硬いので良く切れるし、切れ味の持続性もいい。だから替刃式の鋸が当たり前になったのは簡単に理解できる。

でも、使い捨ての道具はやっぱり嫌。技術が進んで安く、高品質の道具が作れるようになって、多くの人が納得しているんだからそれはいいけど、気持ち的に道具はどうしても手入れしながら長く使いたい。

ところで最新の替刃式鋸、切れ味も最高かと思うとそうともいえないのが刃物の不思議なところ。先日会津最後の鋸鍛冶に目立てをして頂いたが、昔の鋸の方が文字通りザクザク切れる。太い木を切るのに「どうしようかなぁ」と、躊躇しないですむのは精神的にもずいぶん違う。

切れなくなれば自分で研がなければならないのが現代物との違いで、面倒なぶん欲しがる人もなく、替刃式鋸の替刃よりも安い古い鋸は、実用面で考えれば持つ価値は充分あるんじゃないだろうか。目立てを含めて、メンテナンスが楽しめる人なら古い鋸はさらに魅力的に思える。
タグ:道具
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

また晴れた [田舎暮らし]

160126_074436.jpg

一昨日の午後から降り続いた雪は、気温が下がったこともあって(といってもここでは精々−3度くらい)さらさらの粉雪。それでも新たに50センチくらいは積もっただろうか。雪かきをしてもどけたそばから積もってしまうので、昨日は途中で諦めてしまった。

今朝はどれほど積もったのかと思ったけど、朝は綺麗な朝焼けになり積雪も予想外。おまけに雲1つない快晴になってくれた。昨年の冬は12月からいきなりドカ雪で、冬が終わるまで晴れ間がなかったのに、今年はどうしたことか?でも晴れ間が出ると、間違いなく気持ちが明るくなるのが自分でもわかる。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

雪下ろし [田舎暮らし]

160124_121818.jpg

今年は雪が少なくて楽だけど、昼過ぎに晴れ間が出たので屋根に上がってみた。まだ1m30センチくらいなので慌てることはないけど、大寒波が来ているというので用心のために概ね下ろすことにした。残念ながら1時間半ほどでまた雪になってしまったけど、少しでも太陽がでると気持ちも明るくなる。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

国産天然砥石・・・のかけら [道具]

R0013943.JPG

これまでにナイフをいくつも使って来たので、いろいろな砥石を手にして来た。最近は人造砥石の性能も良くて、硬度が高すぎてうまく研げなかったナイフもかなり思うように研げるようになっている。

とはいえ、天然砥石が好きでアーカンサスストーンという砥石を使って来た。ただ天然故のばらつき(粗悪品)もあるのが難しいところで、最近は荒研ぎが必要なときや、斧や鉈などのハードに使うものは人造砥石で手早く研いでしまう。

それでも包丁などの薄くて繊細な刃物は、砥石に当てた傷も曇りもない仕上げも捨てがたくて、ついに国産天然砥石に手をだしてしまった。こんなに小さくても仕上げ用の天然砥石で、思った以上に綺麗な刃が付けられる。

良いものは40万なんてのも珍しくないけど、これはもちろん半端物で1000円もしない。でも木っ端とはいえさすがは国産天然砥石。扱いは相当に気を遣わなければいけない。

この砥石、ハガネの地肌がきれいな刃が付く。だけど、どうも刃の付き方(エッジ)が好みじゃない。まだ慣れていないってのが大きいけど、最終的な仕上げは結局これまでのアーカンサスの仕上げ用を使ってしまった。(^^; 

たぶん数多ある天然砥石をあれこれと試してみれば、気に入ったものも見つかるだろうけど、値段も高いし(良い砥石が高いのはアーカンサスも人造も同じ)そこまではなかなか踏み込めない。魅力的ではあるんだけどなぁ。
タグ:砥石
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鋸の柄を準備 [道具]

R0013938.JPG

昨日は鋸の柄を作ろうと、青桐の枝が真直ぐに伸びたものを切って来た。面白いのは枝が出ている間隔が、ちょうど必要な柄の長さに近くて15〜20センチくらいある。これなら枝を避けてカットすればピッタリだ。

おまけに太さもかなり太めの部分から細いところまで選り取りみどり。鋸の大きさに応じて使い分けができそうだ。昔の大きな鋸の柄はけっこう太くて女性の手首くらいある。最初は太くて持ち難そうだと思ったけど、大きな木を引くには両手を使うので太めでも気にならないというか、太い方が使いやすい。
R0013940.JPG

自分の手の平は特に小さいわけでもないけど、こんな感じ。バックが散らかっているのはご容赦。柄の材質は桐が良いらしく、手持ちの鋸の柄は全部桐の柄が付けられている。古い鋸の柄はヒビが入っているものが多いので、これも追々取り替えてみたい。
R0013941.JPG

桐の柄は当たりが柔らかくて、長時間使うにはピッタリなのだろう。タラも良いとは聞くけど、ちょっと弱そうなイメージもある。実際にはけっこうしっかりしているので、桐と同じように使えるとは思うけど。ともあれ、真冬に切ったとはいえ生の木なのでしばらくは乾燥させなければいけない。どのくらい乾かせば良いのかなぁ?
タグ:
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

先日の斧 [道具]

R0013932.JPG


先日手に入れた斧はちょっと残念な斧だけど、とりあえず研いでみたらそれなりに切れるので、柄をもう少し長めにしたら使いやすくなるかもしれない。でもあまり手をかけるのも面倒だし、焚き付け用にと思って手に入れたのでこのまま使うことになりそう。

ところで斧に刻まれた数字が155と読める。1匁(もんめ)は3.75gなので、この斧頭の重量は581.25gということなんだろうか。持った感じも600〜800gくらいの感じなので、この数字は重さなんだろう。

そう考えると最初に手に入れた斧も同じところに「五●」という文字が読めるので、重量が刻んであるのかもしれないけど、いまひとつ判断ができない。
タグ:
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

再度キノコ狩りへ [キノコ]

160120_132105.jpg

今日も大雪の予報だったけど、積雪は10センチもないので、今日は別の山に行って来た。けっこうなアラレが降る時間帯もあったけど、概ね視界も良好で雪深い斜面を別にすれば、静かな山が楽しめた。

R0013930.JPG

残念ながらエノキは今日も見つからなかったけど、ヒラタケとナメコの凍ったのがけっこうな量になった。今日はこのキノコでスパゲッティの予定。(^^)/
しかし、エノキを見つけたいなぁ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

カンジキはいてエノキ探し [田舎暮らし]

R0013922.JPG

ここ、けっこうな激坂斜面なんですけど、写真だと全然わからないですね

昨夜からの大風と積雪1mの天気予報でどうなるかと思ったけど、今日は朝から快晴。こんな日は滅多にないので、早速カンジキをはいてエノキ探しに出かけた。とはいえ、カンジキをはいたのはもう20年以上も昔に1度あるだけ。履き方も覚えていなかったけど、なんとなく付けることができた。

R0013912.JPG

雪が積もっていることを別にすれば、まるで秋のような快晴で空は真っ青。山の広葉樹の葉っぱは全部落ちているので、やけに山全体がさっぱりしている。でも雪に埋もれた地面のせいで、どこでも好きに歩けるのは楽といえば楽かもしれない。

R0013917.JPG

途中見つけたのはキノコじゃなくてカミキリムシ。それも木の枝につかまったまま凍死したのか寿命なのか、なにやら菌に冒されているようにも見えるけど、虫が死ぬときはこんなものなのかな?

R0013926.JPG

山というほどの高さはないけど、それでも尾根筋はちょっとした崖なので雪崩や雪庇が恐い。でも普段なら歩けないような急斜面も雪のおかげで歩くことができる。キノコは残念ながらヒラタケが少し採れただけだけど、1時間ほど気持ち良く歩くことができた。明日の大雪はどうなることやら?

nice!(2)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

あちゃ〜 (^^; [道具]

先日手に入れた斧、刻印や材質に気持ちが奪われていて単純なことに気が付かなかったけど、ふっと重大なことに気が付いた。というのは、この斧には左右の筋が両方とも4本づつある。これはあり得ない。

以前どこかでこの線を7本入れられるのは、七代以上続いた鍛治師しか刻むことのできないという記述を読んだけど、それ以外にも魔除けのために彫刻するもので、それが8本というのは聞いたことがない。まだ未熟な鍛冶屋の場合は「7つ目を入れて師匠に見せ、ダメだったら裏の3本線に斜めに1本線を入れられたり(あわせると8本)、均等に入れている3本線のうち1本を長くされた6本だったりしたらしい。
24147.jpg

まさにこの「ダメだし」印の付いた斧がヤフオクにあったので写真を拝借(^^;

ただちゃんとした土佐ものならば、右に4本、左に3本がほぼ例外のない決まりだし、これは三本線の方をミキといい御酒(みき)を現し、4本ほうがヨキで五穀のこととされる。

こうした刻みを入れた斧を、木を伐る前に木にもたせかけて拝む。本来ならお酒や五穀をお供えするが、山の中なのでこういう形で斧の刃のところに彫ったといわれている。そうした山に入る人の習わしなので違えることはない。ということでこの斧は國光ということはありえないので、バッタモン。あ〜、やってもうたって感じ。

あとは割り切って、使ってみてどうかってことだけど、これは焚き付けを割っている程度だとよくわからないので、機会を見てちょっと木を切ってみようと思う。それで良い感じならいいんだけど、バッタモンだとあまり期待はできないかなぁ。

でもダメなものと言う先入観があると研ぎも気持ちが入らなくなるので、その点はしっかりやって検証しなければ。
タグ:
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

新しい斧 [道具]

R0013903.JPG

先日ヤフオクで手に入れた斧を楽しみに帰って来たけど、手にした感じは焚き付けを作るにはちょうどいい感じで、バランスも良い感じ。でも古いものだと思っていたけど、それはちょっと微妙な感じで判断が難しい。

R0013902.JPG

銘は國光だと思うけど、微妙に「光」の形が違うし、タガネで刻んだ銘か確実な判断ができない。あるいは刻印のようにも見える。左右に刻まれた3本、4本の筋は刻印用タガネで入れた感じだ。
R0013900.JPG

よく見るとたぶん登録商標と打込んであるような刻印も見える。もっとも登録商標の制度ができたのは明治17年なので、これはそれ以降のものであることは間違いないし、刻印用のタガネが土佐で一般的になったのは大正の中頃からというので、この斧はそれ以降のものだろう。とすると初代國光のものではなさそうだ。
R0013899.JPG

ちょっと残念なのは斧の背が一部欠けていることだけど、西洋ハガネが一般的になっている大正時代にハガネを包んだ鉄に和鉄を使っていることがあるのか、寄せ集めた農具などを再利用して作ったのか(これはけっこう一般的だったらしい)、いろいろ想像している。
R0013901.JPG

刃は少しやすってみたら、意外と柔らかめ。これは以前手に入れた土佐モノも同じだった。面白いのは以前手に入れた斧は柔らかく感じて砥石やヤスリの食いつきが良くて研ぎやすいのに、刃こぼれはしないし、切れる状態がものすごく長く続いてあまり研ぎを必要としない。この小型の斧もそれと同じなのかはまだわからないけど、昔の斧は不思議な感じだ。

これが現代の西洋斧だと、同じようによく切れるけど一日使ったら間違いなく細かな刃こぼれはあるし、研ぎが必要になる。たぶん刃先の焼き入れが違うのだろう。ともあれ、この新しい斧も時間を見てしっかり研いでみようと思う。
タグ:
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

今日は帰ります [田舎暮らし]

L9997498.jpg

出稼ぎの2週間が終わって、やっと家に帰れます。今回感じたのは、東京は稼ぐには良いけど、生きている実感を得るのは難しいってこと。朝職場に向かうとき、仕事が終わって日の暮れた道を帰るとき、空を見てもどこを見ても生きている充実感というか、満足感が乏しく「今日も終わったぁ」という義務感にも似た感覚しかない。たぶん都会でこそ充実するという人もいるだろうから、これは生活の中でなにを求めているかで全然違った感覚なのだろう。

ところでここ数日、急に寒くなって来た。田舎もどうやら雪が降り始めたようだが、今年はほんとに雪が少なくてまだ道路は見えているらしい。12月にはこんな雪景色にもなったけど、今年はどうしたのやら。10年に1度くらいはこんな冬もあるとは聞くけど。

日曜日は地元のお祭りで、年男の自分はお神酒を献上して、なにかに火を点けるらしい。どうやら地元の人は各家必ず1人は参加する大事なお祭りらしいけど、ちょっとめんどくさいかも。なんていったら怒られそうだけど。(^^;
nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

物欲 [釣り]

SN3M0133.jpg

やっと出稼ぎも明日で終わり。土曜日には帰れる。それで今日も相棒と電話をしていて、「物欲すごいね〜」と呆れられた。というのも、不在の間にヤフオクやらアマゾンから次々と荷物が届くからで、自分でもちょっとここのところ壊れているなぁと感じていた。久しぶりに都会に出て来るとよけいに刺激を受けるんだろうか。

とはいえ、あまり高額なものは買えないので500円、1000円といったものが多い。それでもいくつもになればそれなりの金額になるわけで、ここを見ている相棒を意識するわけじゃないけど、ちょっとやり過ぎのような気がしている。

今日の写真は前から欲しかったけど、なかなか買うまでに至らなかった虫除けネット。釣りのときはもちろんだけど、畑で雑草を刈るときにも重宝すること間違いなし。まだ使えるのは相当先なんだけどね。(^^;
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大きな鋸 [道具]

18_20ma.JPG

昨日のブログに書いた、会津から来る鋸はけっこう大きい。写真下の鋸がそうだけど(上は2尺)、これは1尺8寸というサイズで、今ではもうこのサイズを作る素材がなくて作ることができない。もちろん未使用品ではなく、古いものを会津の鋸鍛冶が目立てなどをしっかりやったもの。

18ma.jpg

形から想像すれば土佐モノでも会津のものでもないので、越後なのか東京なのか兵庫なのか出所は不明だ。銘は伊藤(?)なにがしとあるようだけど、これも読めないし読めてもどこの誰かがわかるほどの知識もないのが残念。あまりサビも酷くないようなので、それほど古いものではないのかもしれないけど、それはそれで使うには好都合。

このサイズだと相当太いものでも切れるけど、太い木はその分重いので山で切っても持ち運べない。一緒にオノを持って行けば向こうで割って運べるけど、そうなると重量がちょっときつくなりそうなので、太い木を切って欲しいと頼まれたときや、太い木をもらったときに使うことになりそう。

これでとりあえずは鋸も斧も打ち止めだけど、今年は本棚を作らなければならない。自分ではいわゆる山仕事用の鋸しか持っていないので、両刃ノコも欲しいところ。でもそうなるとカンナやノミ、キリなども欲しくなり、煩悩の種は尽きない。
タグ:
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

飽きもせず・・・ [道具]

おの.jpg

今日、相棒から「また斧が来たよ」と教えてもらった。実は先日ヤフオクで興味深い36センチの小型斧があり、直接交渉で譲って頂いたもの。見れば土佐モノは間違いなさそうだけど、銘が「國光」とある。

こういうものは偽物もあるらしいけど、それを見分ける目はないのでどうなるかわからない。この「國光」、本名は元治元年(1864年)生まれの都筑斧助という。こちらの方がよっぽど斧鍛冶らしい気もするが、それはさておき・・・。

この斧助さん、刀鍛冶について修行したものの、明治の廃刀令で食うことができずになんでもやる鍛冶屋になったらしい。そんなんで腕がいいのはもちろん、器用になんでも作っていたらしい。

しかし土佐といえば斧や鉈などの技術に優れた土地柄。土佐の鋸や斧、鉈は九州から北海道までどこでも使われていた。その土佐で名をなすくらいだから、相当に良いものを作っていたのだろう。中でも秦泉寺は鉈鍛冶の多いところだったらしいが、その元祖が斧助さんだ。

そんなこともあって斧助さん以降の弟子の系譜は比較的ちゃんと残っている。その系譜の一番上にあるのが斧助さんのブランド「國光」だ。もっともこの銘はいまでもあるので、これまでにも代々修行した人達が受け継いで行った銘なのだろう。その何代目の「國光」なのかはわからないけど、名の入れ方や材質などである程度は想像ができるかもしれない。

元祖國光の時代、できたものに名を入れるのは当然タガネによる手打ち。打たれた文字の形も「國光」のものだし、斧も手打ちのようだし、もしも本物(初代)なら鉄も和鉄に和鋼が使われているはず。ということで、今回の入手となりました。

早く帰って現物を見て研いでみたいけど、今しばらくの我慢。ですが、相棒には「斧は他にもあるでしょう」といわれてしまった。実は会津最後の鋸鍛冶に、ノコを注文していてそれも日曜日には届くはず。

その話もしたら「ノコギリはたくさんあるでしょう!」と怒られた。そりゃあそうなんだけど、「用途が違う」なんてことは女には通じないんだよなぁ。
タグ:
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行