So-net無料ブログ作成

今年のトライ [釣り]

フライ.jpg

まだまだ釣りができるのはずっと先のことだけど、今年は昨年行けなかった源流のイワナ釣りでリベンジをしたいと思っている。ルアーでは手も足も出なかったので、今年は餌釣りでと思っていたけど、その前にテンカラを見習ってフライを使ってやってみようと思う。

これも餌釣りとは違うので、ルアーといえないこともないんじゃないかと思うけど、釣り方は餌釣りにかなり近い釣り方ができると思っている。ただテンカラじゃなくてフライだと季節や場所によってそれこそ無数のフライの形、大きさ、色があるらしく、それが全く自分には経験も知識もないのが辛いところ。

とりあえずは小さいもの、中くらいのものをいくつか見繕って、新しいリールを使って地元の川で練習してみたい。もっともまだ雪も積もってないので、練習ができるのはざっと4ヶ月ほど先の話になる。それまでは雪原を見て練習かなぁ?(^^;

でもこういうのは夢があっていいなぁ。
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

新しいリールを入手 [釣り]

R0013875.jpg

東京に出て来て1週間、最初に東京は物欲を刺激されるとブログに書いた記憶があるけど、今日はついつい物欲に負けてよけいなものを買ってしまった。

ほんとは今年源流のイワナ釣りで使うための中古振り出しロッドを探しに行ったのに、最新型のリールに目が眩んでしまった。年末にリサイクルショップで見たリールに刺激されたなぁ。

R0013876.JPG

ダイワのリールが欲しかったのに、手にしたのはやっぱりシマノになってしまった。バイオマスターC2000HGSは、1000のボディに大きなスプールが付いたハイギアモデル

最新型とはいっても2011年モデルのミドルレンジなので、現行機種と比べるとかなり型遅れかもしれない。それでも自分の持っている国産最新型リールは、相棒にプレゼントしてもらった2004年の最高機種。

それに比べると小型軽量でもろもろの性能も中級機とは思えない完成度。値段といえば今の最高機種は8万円台と知ってビックリ!買ったのは中古で傷だらけなので市価の1/3で、最高機種の値段を出せば8台買ってもおつりが来る。今年はこのリールも持ち出して雪が溶けたら渓流で遊びたいと思ってます。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

傷レンズ [レンズ]

SR2.JPG

下のブログの中で「縁にヒビがある」と書きましたが、普通はそんなレンズには手をださないでしょうね。でも自分はお金がないことが一番の理由でもありますが、レンズ表面の傷はあまり気にしません。レンズ全面に細かな擦り傷があるのはダメですが、この写真のようにガツッとブツけてガラスがえぐれているようなものでもほとんど気になりません。よく見ると縁の内部にはもやもやとしたものも見えてます。

SR1.JPG

フィルターは赤外線用以外は持っていません。レンズを守る気がないというわけではないのです。その証拠にフードは使うこともあります。フードがあればレンズを触ることもないし、普通はなにかにレンズ面をぶつけることもありません。その替わりにフードの消耗は激しいかもしれません。まっ、フードは消耗品ですからしょうがないですね。

SR3.JPG

でもレンズのボディ側はちょっと気になるので、綺麗な方が良いですね。ところで傷が気にならなくなったのには訳があります。というのは、昔々、30年ほども前のことですが、好きなカメラマンと海外で仕事をしたときに、彼がよく持ち出していたレンズを見ると(ニコン35/f2.8でした)、長さ1.5センチ、幅3〜5ミリはありそうな見事な傷(というよりえぐれ)がレンズ表面にザックリ付いていました。

ビックリして「それって大丈夫なんですか?」と聞くと、「全く問題ないよ。レンズの前によけいなものはできるだけ付けたくないんだ」と答えてくれました。もちろんそのカメラマンも機材は大事にしていましたが、それは仕事の道具としてということで、なんとなく職人に通じるような印象があったのでした。

「かっけ〜!」とそれ以来自分もそれに習って、フィルターの類いは付けなくなりました。もっとも、自分の上がりの写真にはこれといって変化はありませんが。(^^;
nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

特定の人向けブログ [レンズ]

1.jpg

キャノンミュージアムのデータを拝借しました。東京オリンピックの年に発売されたようですが、けっこうな値段ですね。この時代だと大卒新入社員の給料は2万行かなくても不思議ない時代でしょう。

発売年月 1964年(昭和39年)8月
発売時価格 40,100円
レンズ構成(群) 7
レンズ構成(枚) 9
絞り羽根枚数 6
最小絞り 16
最短撮影距離(m) 0.5
フィルター径(mm) 55
最大径x長さ(mm)x(mm) 58.6 x 30.5
質 量(g) 200

今日のブログは特定の人向けの写真です、すみません。これは私の手持ちのキヤノン19ミリ、f3.5です。当時は「キャノン」じゃなくて「カンノン」って言っていたんですよね。えっ、違う?

綺麗なレンズに見えますが、ふちにヒビが入っていたので安く買えました。手に入れて以来、すっかりヒビのことは忘れてましたが、それくらい影響はないと思ってます。
2.jpg

一眼レフと同じレンズ構成だそうですが、一眼レフではミラーアップしないと使えなかったようです。コーティングがキレイですよね〜。今のレンズのコーティングはカラフルで性能もすごいですが、この時代のシングルコーティング(たぶん)は引込まれそうな印象です。
3.jpg

ファインダーが付いていましたが、一度も使ったことがありません。(^^;
21ミリだとファインダーを覗いて写してもいいなと思うんですが、なぜか20ミリになるとノーファインダーになってしまい、19ミリのスナップではほぼ100%ファインダーは覗かないです。というか、ファインダー見てるとシャッター押せなくなりそうな気がします。
nice!(2)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

今日から出稼ぎ [田舎暮らし]

R0013838.JPG

今年は去年のように出稼ぎは行かないと思っていたら、昨年の末に「なんとか10日間だけでも」と頼まれてしまいました。昨年はこの時期はもう2m以上の積雪でしたが、今年は道路も乾いているほど雪が少なく、相棒も「稼いで来い!」というので、今日から東京に出て来ました。

この写真は地元から3つ離れた駅、魚沼丘陵辺りの1カットですが、去年は吹雪の中、雪煙を巻き上げて走っていた線路も、今日は光が射し田圃では切られた稲の根が見えるほど雪が少なく、これならドカ雪が降ってもとりあえずは屋根の雪下ろしは心配しなくても済みそうだ。

列車が群馬に入ると雪は全くなくて見事な快晴。ほんとに全く天気が違う。でもそれ以上に違うのが東京の人とモノの多さ。いくら物欲がなくても、歩いているだけで欲しいものができてしまう。ついついあちこち寄り道して、買い物をしてしまった。恐るべし東京。これじゃあ東京に出た若者は田舎には帰って来ないよなぁ。

しかし、田舎では寝ている時間でも、東京では普通に仕事をしなければいけないと思うので、眠気に対抗するのが大変そう。だいじょうぶかなぁ、自信なし。(^^;
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

まだたくさんあるけど・・・ [田舎暮らし]

DSC_9893.jpg

レンズが好きで、違いがわかりもしないのに旧エルマー、ヘクトール、ズミクロンにタンバール。エルマリート1stのドイツ玉、プラナーにウルトロン、ズマロン3.5/35、オルソメター35、いろいろな名レンズを手に入れて来た。

名レンズと呼ばれるだけに、どれもがとても気に入っていたのに、いつの間にか全て手元を離れてしまった。好きで手放したものばかりじゃないけど、それでも手放したということはそこまでの執着心が持てなかったのだと思う。

切れ切れのシャープなレンズが好みじゃないのはわかっているし、ボケの綺麗なレンズが好きなのは誰もが同じだと思うけど、今手元に残っているRFのレンズはどれも普通のレンズばかり(でもないかな?)。

エルマー6.5センチとテリート20センチはヴィゾ用で特殊だけど、エルマー9センチ、球面ズミ35に、50ミリはズマールf2.0、シムラーf1.4、千代田光学スーパーロッコールf2.0、ゾンネタールf1.1の4本。そしてストリートスナップでメインのキャノン19ミリ。

ゾンネタール、球面ズミ、キャノンを別にすればヤフオクに出しても売れないものばかり。でも何度か出してはその都度引っ込めてしまったズマール、ロッコール、シムラー、テリートは、どこか自分の感性に引っかかるところがあるのかもしれない。

たぶんもう新しいレンズが増えることは、よほどのことがなければないとは思うけど、もちろん気になるレンズはまだいくつかある。いくつになっても物欲が消えずにしょうがない。あっ、今年でついに「赤いちゃんちゃんこ」、今年は年男です。

L9997532.jpg

ところで、この1年の田舎暮らしで一番変化があったのは精神的なところかもしれない。若くてバイタリティ溢れる人が闊歩する都会では、どうしたって「もう歳だ」という気持ちは拭いきれない。生活環境の中でも自分が「どうしても」と必要とされることも実感としてはない気がするし、若いモンと一緒に仕事するのもいろいろと疲れてしまう。

でも田舎暮らしでは周りがみんな一回り以上も上の人ばかり。なにもわからない新参者でも頼られることが多いのは嬉しい限りだし、年下の人からもそれなりにありがたがられている。

もっとも、頼られるのは基本的に体力的なことで、知識や経験が求められているわけじゃないけど、それだって気持ちの上ではずいぶん励みになる。こういう無意識の中の「必要とされている感」ってのは、生きて行く上でかなり重要なんじゃないかと気が付いた。
nice!(1)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

初詣 [田舎暮らし]

L9997513.jpg

新年の十日町は積雪も少なく、雪も降らずに静かなお正月になりました。ゆっくりと起き出して、おせちまがいのご飯を食べ、昼過ぎには地元の神社に初詣。なぜか相棒はふてくされ顔。(^^)

L9997514.jpg

去年は道がどこにあるのかさえわからなかった大雪で階段の場所もわからず、半分雪に沈んだ鳥居を目指して上がったけど、今年は他にも初詣に来た人もいて、それなりにお正月気分。

L9997517.jpg

なんとなく写真を撮るのは罰当たりのような気がするけど、写真初めということで神社の中を写させてもらって来た。もちろん、今年一年また元気で過ごせるようにとしっかりお参り。ほんとに健康が一番!皆様、今年もよろしくお願い致します。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

田舎は虹がよく出る [田舎暮らし]

昨日も今日も夕方になると空に真っ黒な雲が出てきて、結構まとまった雨を降らしてくれる。ほんの数十分のことなので涼しくなってくれていいんだけど、今日は雨が降り出したら見事な虹が出てくれて、大粒の雨を忘れて数枚のシャッターを切った。
L9997662.jpg


さて今日は(8月1日)は休みなので、シェフと釣りに行くので早起きしなければ。場所は連れて行ってもらうところだけど、子供でも釣れるような川らしい。でもそんな噂は当たったことがないので、話半分というかほとんど信じないんだけど。(^^;

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行