So-net無料ブログ作成

国産天然砥石・・・のかけら [道具]

R0013943.JPG

これまでにナイフをいくつも使って来たので、いろいろな砥石を手にして来た。最近は人造砥石の性能も良くて、硬度が高すぎてうまく研げなかったナイフもかなり思うように研げるようになっている。

とはいえ、天然砥石が好きでアーカンサスストーンという砥石を使って来た。ただ天然故のばらつき(粗悪品)もあるのが難しいところで、最近は荒研ぎが必要なときや、斧や鉈などのハードに使うものは人造砥石で手早く研いでしまう。

それでも包丁などの薄くて繊細な刃物は、砥石に当てた傷も曇りもない仕上げも捨てがたくて、ついに国産天然砥石に手をだしてしまった。こんなに小さくても仕上げ用の天然砥石で、思った以上に綺麗な刃が付けられる。

良いものは40万なんてのも珍しくないけど、これはもちろん半端物で1000円もしない。でも木っ端とはいえさすがは国産天然砥石。扱いは相当に気を遣わなければいけない。

この砥石、ハガネの地肌がきれいな刃が付く。だけど、どうも刃の付き方(エッジ)が好みじゃない。まだ慣れていないってのが大きいけど、最終的な仕上げは結局これまでのアーカンサスの仕上げ用を使ってしまった。(^^; 

たぶん数多ある天然砥石をあれこれと試してみれば、気に入ったものも見つかるだろうけど、値段も高いし(良い砥石が高いのはアーカンサスも人造も同じ)そこまではなかなか踏み込めない。魅力的ではあるんだけどなぁ。
タグ:砥石
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行