So-net無料ブログ作成

今日から出稼ぎ [田舎暮らし]

L9997547.jpg


今日から出稼ぎで東京へ。昨年は長かったけど、今年はたぶんひと月余りで、4月初旬には戻ってくるつもり。でも今年は春が早いので雪の心配はないけど、山菜狩りの時期を逃してしまいそうなのが残念。

ところで私は晴れ男で、昨年は週末に雪下ろしに帰ってくると天気が良くなり、東京に戻るとまた雪が降り始めた。おかげで周りの年寄りたちは「川越さんがいるなら雪の心配はない」とか、「今年は川越さんがいるから雪が降らない」などと話してくれる。

昨年は本当にそんなパターンだったけど、今年もここまでは本当に雪が降らずに周りの期待通り。でも東京に向かう今日から、またしても雪の予報になってしまった。日曜の夕方までの予報では月曜日は曇りのち晴れで、気温も9度まで上がるはずだったんだけどなぁ。
nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヤスリに柄を付けてみた [道具]

R0013973.jpg


土曜日は日が射して暖かかったので久しぶりに鋸の目立てをした。最初に買ったホームセンターの鋸なので、もう目立ても何度もやっているけど、相変わらずヤスリの面をうまく当てられない。そこで今日は銀杏の小枝があったので、柄をつけることにした。

薪にならなかった端材なのでヒビが入っているけど、銀杏の木は柔らかくて刃物が気持ちよく入る。桐の木にも似ているけど、もう少しきめが細かくていい感じ。木工が好きな人の気持ちが少しわかる気がした。

とはいえ、道具はカッターひとつ。それでも売り物の細くて硬くて使い難い柄に比べれば、当たりも柔らかくて何より太くて使いやすい。見てくれはよくないけど、結構気に入ってしまった。何より柄を付けると作業が格段にやりやすい(当たり前?)。次回からは必ず銀杏の柄を付けるようにしよう。

あれっ? [その他]

R0013972.jpg


汚い指の写真でスミマセン。(^^;
実は先日親指の脇をスパッと15ミリほど切ってしまった。と言っても長さはあるけど深さはないので出血したわけでもなかった。ただ親指は何をするにも使う指なので、少しだけ引っかかるのが気になるのと、ピリピリとするのが不快な程度。

ところがこの傷、いつどこでやったのか全く心当たりがない。まあ大した傷じゃないので気がつかなかっただけだろうけど、今朝はまた同じ指の腹の部分にこんな鍵裂きができてしまった。まるで刃物で切ったような切れ方だけど、これも全く心当たりがない。このテープ、紙でできているんんだけど、丈夫で接着力も強力で普通はこんなふうには切れないものなんだけどなぁ?
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

積雪は多いけど・・・ [田舎暮らし]

L9997542.jpg


昨夜から今朝にかけての積雪は30センチと少しくらい。量としてはまあまあだけどとても軽い雪で、スキー場に来ている人がいたら喜んでいるんじゃないだろうか。今晩も降り続きそうだけど、夕方には少しだけ桃色の夕焼けが見られたので、もうそれほど降らないのだろう。3月になれば最高気温も二桁になりそうだ。

ところで友人が「夏になったら木を切りに行きましょう」と誘ってくれた。自分の住まいからは少し離れているけど、彼には自分の山があるらしいけど今はほとんど手入れがされていないらしい。その場所がはっきりしそうなので、山に雪がなくなったら倒木を整理しようというわけ。自分としては願ったり叶ったり。

おまけに行者ニンニクを少し栽培しているので、それを分けてくれるとも。こちらは裏山に行って良さそうな場所に植えてみたい。もうほとんど誰も入らない山なので、上手く根付いてくれたら好きなだけ食べられるかも。(^^)
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

また雪だ [田舎暮らし]

160224_091944.jpg

数日前の写真と全く同じシーンになってしまった

最近またちょくちょく雪が降る。うっかりすると今がまだ2月だということを忘れてしまいそうになるけど、やっぱり真冬に違いはないんだよなぁ。でも積雪はせいぜい20センチくらいなので、晴れればすぐに消えてしまう。

もう大雪の心配もないので、今月の29日から一月ほど東京に出稼ぎが決まった。なので今年の山菜狩りはもしかするとできない可能性もありそう。薪作りは昨年よりもひと月早く始められそうだし、これはちょっと残念だけど仕方がないかなぁ。何もかもが思い通りというのは虫が良すぎるよね。
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

待望の妖怪出現?(^^; [田舎暮らし]

R0013971.jpg


今朝起きて玄関を開けると、こんな足跡が玄関前に続いていた。昨夜11時過ぎに見た時にはなかったので夜中に来たようだ。残念ながら雪が乗ってしまい、つま先の方が鮮明じゃないけど、どうやら爪はなさそうで大きさはちょうど子供の足くらい。でも歩幅が小さいので足はかなり短そう。

家の周りにいるのはウサギやタヌキだけど、もちろんこれはそのどちらでもないし、2本足歩行の生き物だ。一番近いのはアヒルの感じだけど、水かきはないように見えるし、何より玄関に2〜3個置いてあったカボチャが一つ残らず無くなっているのは、引きずった跡がないので両手で持ち去ったに違いない。二つ下の記事の玄関前の写真を見ると、椅子の下に黄色いカボチャ(ひょうたん型)が3つ見える。

歩幅が大人の手の平くらいで、大きさは小学生低学年の子供の足くらい、2本足歩行で手を使ってものが持てる生き物って何だろう?これが3本足や1本足なら、冬の十日町に出ると伝えられる妖怪の類なんだけどなぁ。
nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

春の兆し・・・かな? [田舎暮らし]

160221_094541.jpg

うちの前の斜面の雪が溶けたら、すかさずフキノトウが芽を出した。昨日は一つだったのが、今日は2つに。さすがに平坦な部分ではまだ80センチくらいは積もっているけど、日当たりのいい斜面では他のところでもちらほらと出てきている。今年の春はひと月早く始まりそうだ。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

3月用の薪を収納 [田舎暮らし]

160219_161534.jpg

このガラス窓の前のスペースに薪を積んでいたけど、ちょうどぴったり室内に収めることができた。

今日は天気が良かったので、3月用の薪を室内に収納することにした。たぶん3月は去年同様にひと月ほど出稼ぎに出ることになるので、相棒がストーブを使えるようにするためだ。室内に入れるのは軒下に干していた一棚。縦180センチ、横90センチに積み上げて2段になったので、一月は十分に保つだろう。
160219_145506.jpg

それにしても昨年はこの写真の2階部分の窓が半分以上埋まっていたのに、今年は1階の窓も見えている。屋根の雪もおとといのドカ雪で40センチくらい増えたけど、雪下ろしをするような量じゃない。去年は屋根に上がるためには、ハシゴの一番上の段からじゃないと上がれなかったし、ハシゴに取り付くためのハシゴが必要だった。多分今年はもう降っても気になるようなものではないだろう。昨年に比べると一月は季節が早いんじゃないだろうか。なんだか不思議な気分だ。
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

雪やこんこ、あられやこんこ

160218_080056.jpg

自分でもふと「能天気だなぁ」と思うことがある。昨日の大雪で灰色の空から粉雪やボタン雪が静かに落ちて来るのを見てつい見入ってしまったり、晴れれば晴れたで青空と雪の白さのコントラストについ見とれてしまったり。いったい1日に何度辺りのありふれた景色に見とれているのやら。
60218_094225.jpg

つい「雪やこん子、あられやこんこ・・・」などと口から出る。大人だと口から出るのは多分もっと別なジャズのフレーズだったりするんだろうなぁとは思うし、きっと雪国育ちでないからこその感情なんだろう。でも本当に綺麗。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

晴れたり雪が降ったり・・・ [田舎暮らし]

L9997535.jpg

一昨日はいきなりの積雪で40センチくらい積もったけど、昨日はほとんど溶けてしまった。それが今朝からの雪でまた20センチくらい積もり始めたので、たぶん夜までには50センチくらいになりそうな感じ。今年は雪が少なかったので、少しでも取り戻そうとしているのかな?

パソコンが新しくなったのはいいけど、ほぼ一昔のブランクがあるようなもので使い方がよくわからない。おまけに写真の現像ソフトもないので、フリーウエアや試供品を試しているけど思うようには操作ができず、しばらくはイライラが募りそう。

でもパソコンがない間にはノコギリが目立てをされて戻ってきたり、ノミや鉋をいただいたり、ノコギリの目立て用の槌や金床を貸してもらえたりといろいろなことがあった。それはまた少しづつこちらに出していこうと思います。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

やっと少し復旧

今月初めにいきなりパソコンが動かなくなり、今日まで何もできませんでした。ブログにアップしたい写真もありますが、画像編集ソフトがなにもない状態で、テキストも単純なエディターしかないので困っています。

何よりバックアップが欲しかった数多のメモもすっかり消えてしまい、結構凹んでいます。ともあれ、少しづつ復旧させるつもりなので「このブログは終わった」などと思わずに、またおいおい来ていただければ嬉しいです。

ところですっかり春が近いと思っていたら、昨日はいきなり40センチほどの積雪でした。でも今日の好天でかなり溶けてしまい、やっぱり今年の春は近いようです。雪の少ない年は米も野菜も出来が良くないといいますから、山菜やキノコの出具合が今からちょっと心配ですけど。
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

1.5kgで900円なり [道具]

R0013966.JPG


自分にはなかなか手が出ない国産の高級砥石だけど、以前出した木っ端の砥石のようなものなら手が出る。今回は京都で単身砥石の採掘から販売までやっている会社から、商品を切り出した後の売り物にならない原石を買ってみた。

単位はいくつかあるけど、最小の1.5kgで900円。もちろん良い石が入ってることもあれば、そうでないこともある。だって基本的には売り物にならないクズだから。もちろん使うには層に沿って割り出さなければならないけど、うまくやれれば小さくてもちゃんと使い物になる砥石ができる。
R0013965.JPG

これはケヤキの乾燥したいい半端ものがあったので、そのままでは薄くて割れてしまいそうな砥石を貼付けてみた。これで6ミリほどの厚さだけど、たぶん一年くらいは十分に使えるんじゃないだろうか。包丁を当ててみたら良い感じだったので、気分的にはけっこう嬉しいかも。(^^)
タグ:砥石
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

目立ての練習用鋸を手に入れたものの・・・(追加有り) [道具]

R0013960.JPG

ヤフオクに歯の大きさが違う安い鋸が3本セットで出ていたので、目立ての練習にちょうど良いと思い入札していた。ちょっと古そうだし練習用なので高ければいらないと、上限1000円で入札していたら落札してしまった。

R0013964.JPG

ところが届いた鋸を見てみると、3本にはそれぞれ同じ人の銘が入り、持ったバランスも良いししっかり腰も入っている。狂いもないように思えるし、それぞれの歯も下手なヤスリの痕もなく、かなり手入れの良い感じのいい鋸だった。

たぶん銘は「中や市五郎」と入っているように見えるけど、中屋を名乗る鍛冶は全国に渡るし、金物屋の銘を入れることは珍しくないので特定には至らない。ネットで検索しても出て来ないのは時代が違うのか、知名度の問題なのか。よく見ると1本だけ「小石川」の刻印があるので、一時代を築いた東京の鍛冶屋なのだろう。

ただタガネで刻んである銘は時代が新しい鋸にしては珍しいかもしれない。材質はそれほど古くないように思うけど、ヤスリを当てると安来鋼のような硬度はない感じで、よくヤスリが食い込んで行くので玉鋼とは言わないまでも古い鋼のような印象を受ける。これなら手入れも楽だったかもしれない。

R0013963.JPG

真ん中の1本はかなり使い込まれた鋸で、この写真では横挽の歯(下側)のほうが上に比べてかなり減っている。何度も目立てを繰り返し、歯も切り直してある。残念ながら上の縦挽歯が1本錆びて少し欠けているけど、ここまで丁寧に使い込まれたものならそれなりの道具なんじゃないだろうか。いつかは縦引き専用ノコとして片側は歯を落としてもいいかもしれない。

自分で目立ての練習にと思っていたけど、目の細かい細工用から材木切り、一般用まで3本揃っているし、ダメにしてしまうのはもったいないので、これも会津の鋸鍛冶に目立てをやり直してもらい、我家の大工道具として使いたい。

一番大きな鋸は「バラ目鋸」といって、乾燥した材木(角材)を切るのに適した鋸で、やはり大工道具のひとつ。これは歯も大きめなので自分で目立てしようと思っている。


会津最後の鋸鍛冶に写真をメールして判断を仰いだところ、「幅が狭くなるほど使って来ることが出来た鋸ですから良い出来だと思います。」との返事を頂いた。これで目立てをして頂くことに決定!宝物が増えたかもしれない(^^)/
タグ:
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ノコの目立て用の道具が欲しい [道具]

2095.jpg

鋸の目立てはこれまでにも必要に迫られて何度もやって来たけど、やっぱり専用の道具がないとやり難いし正確な仕事ができない。まっ、正確な仕事は道具があってもちゃんとできないだろうけど、上達のスピードに違いがあるような気がする。

diytool_nokomanriki330.jpeg

必要な道具のうち、目立て用のヤスリはこれがないとどうしようなにので、もう手に入れてあるけど、鋸を挟んで固定する「鋸鋏・鋸万力」と呼ばれるものがどうしても必要だ。写真1枚目のようにして使うけど、もちろん2枚目のように今でも売られている。買えばいいだけの話しなんだけど、それがなかなかね。(^^;

ただ小型の鋸ならこれでいいけど、大型の鋸だと1枚目立てするのに目立ての場所を変えるたびに何度も挟み直さなければいけない。うちにある鋸はけっこう大型がメインなので、これもちょっとどうしようか迷っている。小さめの鋸は普通の万力で挟んでも用はたりるし。

2096.jpg

あとは金床が歯のあさり出し(歯を左右に振り分ける作業)にどうしても必要だ。でもちゃんとした金床はけっこうな値段がする。レールを切ったものでも用はたりるようなので、こちらなら安上がり。

でも鋸鋏にしても金床にしても、作業台があった方がずっといいに決まっている。思い切って作業台を作ってみようかとも思っている今日この頃。作業台を作るなら、それに大型の鋸が挟めるものを作ってしまうのもいいし。「その前に本棚を作れ!」って、相棒に怒られそうだけど。(^^;
タグ: 目立て
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行