So-net無料ブログ作成
検索選択

金床の修正と鋸の目立て [道具]

R0014235.JPG

田舎にいると鎌やスコップの曲がりを直したり鋸の目立てなど、何かと金床を使う機会がある。しっかりした金床が欲しいと思っているけど、本格的なものはちょっと手が出ないので今は拾ってきたH鋼を使っている。

このH鋼、以前の所有者もだいぶ使い込んだようで表面が傷だらけ。おまけに縁も大小の欠けや傷で直線がない。昨日鋸のアサリだしをするときにも、どこに置けば鋸の歯に当たるのかが分かりづらく、作業がいちいち停滞した。2年も雨ざらしだったので仕方がないけど、錆を落として少しだけ光った部分が出るまでに、合成砥石の荒い目のものを2本潰してやっとこれだけだ。

なので今朝は平ヤスリを手にゴシゴシゴシゴシと1時間あまりこすり、なんとか写真手前の短辺の直線を出して角を磨いた。長辺(写真左側)も頑張ったけど、まだ傷だらけで先は長い。でもこれでアサリだしはできるようになったので、あとは平面が中心に出せればいいけど、作業を考えると気が遠くなりそう。

R0014237.JPG

昨日の鋸も今日は再度手を入れて、まずは錆を取ってもう一度目立てのやり直し。ところが錆を落とすと今まで見られなかった板の修正の傷跡が出てきた。その場所はまさしく自分が手こずっていた場所で、「やっぱりここが狂っているんだ」と納得。

R0014236.JPG

それにこの土佐の鋸はそれほど古いものじゃないと思っていたけど、銘の上に「特鋼」とあるのがわかった。この時代(明治中期?)だと玉鋼から輸入鋼に変わる頃だろうから、「特鋼」なら多分輸入鋼の意味だろう。もう一つの土佐ものの鋸はおそらく玉鋼だと思うけど、そんな違いを想像するのも楽しい。

ところで目立てとアサリだしをやり直したら、嘘のように切れ味が鋭くなって、すっかり愛着が湧いてきた。おそらく普通の鋸を窓付き鋸に切り直したものだし、手に入れた時はサビや歯の状態が悪いので手放そうかと思っていたけど、このまま使い込むことになりそうだ。
タグ: 金床 目立て
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

古い土佐ものの目立てとアサリだし [道具]

R0014229.JPG

最近は裏山に倒木を切りに入るけど、昨年買った古い鋸が切れないので目立てとアサリだしをやった。だいぶ使われていなかった鋸らしくサビが多いのは仕方ないとして、歯が左右に振り分けられていなくて、丸太を切ると切った溝に挟まって鋸が動かなくなってしまう。

山仕事用の道具としては不思議だけど、アサリだしをほとんどやらずに、刃先だけを研いで使っていたかのようだ。鋸自体はだいぶ使われたものらしく、それなりに歯を擦り込んであるので、切れない鋸ではないのだろう。

しかし同じ土佐ものでももう一つある鋸とは硬さが全然違う。表現が難しいけど、もう一つの方は柔らかくてヤスリはよく立つのに、木はよく切れる。鋼が硬ければよく切れるというわけでもないのかもしれない。

ところで鋸の目立てはこれまでに何度もやってきたので、それなりに切れる歯が付けられるようになってきたけど、一つづつ歯を左右に振り分ける「アサリだし」は初めての経験。これもいつかはやらなければと思っていたけど、知識があっても実際はなかなか思うようにはいかない。

面白いのは板の狂いを取っても翌日になるとまた狂いが出ていること。形状記憶合金なんてのがあるけど、そんな感じで一度綺麗になったように思えた板にまた狂いが出る。こういうのは力の加減や打つ部位の違いが大きいのだろうし、狂いを取ったつもりでいても実際には表面的なものでしかないのだろう。習うより慣れろとはいうけど、独学で覚えるのはなかなか大変だ。
タグ:
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

信州鎌が到着 [道具]

R0014225.JPG

先日ブログに書いた信州鎌が手元に届いた。注文制作ではないけど柄の長さを3センチ刻みで注文できるのがいいかも。材質は軟鉄に安来鋼の白紙2号を使っているけど、鋼部分はあまり厚くないのでずっと使うわけには行かなそうなのが残念。まあ3千円程度のものをなくなるまで使われたら商売上がったりってことだろう。
R0014226.JPG

信州鎌の特徴は上の写真にあるように、鎌が平坦じゃないこと。平らなところに置くとわかりやすいけど、鎌の面が少し湾曲している。また柄に対して少し角度が付けられている。この微妙なカーブと角度によって草が刈りやすく、また刈った草がその場に落ちずに切り終わった場所に集まるようになっている。

早速使ってみたら、びっくりするくらいの切れ味だけど、ちょっと刃先が鋭角すぎるかも。硬めの草を切ると刃こぼれが起きやすいかもしれないので、ベテラン向きかもしれない。切れ味が落ちるまでにはかなり広い面積の草を刈ることができたけど、早速研いだら非常に研ぎやすくて刃が付けやすい。これなら日常的に使うにはぴったりだ。

R0014224.JPG

ところでこちらも先日書いた行者ニンニクだけど、どうやら花が咲きそう。多分ネギのような花が咲くんだと思うけど、種ができたらそれで少しでも増えてくれれば嬉しい。でも種の発芽率はかなり低いらしい。株自体は病気にも強いらしいけど、増やすのはなかなか時間がかかりそうだ。
nice!(2)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

自転車には最高のエリア [田舎暮らし]

R0014221.JPG

最近自転車で走っていると、つくづく自転車乗りには最高の土地だなぁと思う。もっとも、晩秋から春までは全く乗れないので、半年近くは自転車に触れない。なので選手にはちょっと辛いけど、サイクリングが好きなら問題はない。リタイア組には最高って感じかな。

R0014219.JPG

知らない道を走っていると、あちこちに閉鎖された学校が目につくのもこの辺りの特徴かもしれない。地元でも昔は14もの本校、分校があったらしい。もう入り口の門しか残っていなくて、校庭の雰囲気でそれとわかるものから、ここのように別の用途で残っているものなど様々だ。

多くの場合は冬の寄宿生活のための施設が隣接する。小学生でも週末までは寄宿生活で、土曜日になると家に帰り日曜日にはまた学校に戻る生活が冬の間中続いたのだという。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2日で1キロ減量 (^^)/ [サイクリング]

R0014217.JPG

最近は日が延びて6時を過ぎても普通に明るい。なので2日続けてちょっと走ってみた。目的はなかなか行けない新潟県十日町市と長野県栄村の境にある海抜1,090mの深坂峠(ミサカ)。この辺りではこの峠が雪に白くなると、冬が始まるといわれているくらいで、町からもこの峠が見える。ここはがけ崩れの後、なかなか開通しないので峠まで行けないが、今回も後数キロのところで道が閉鎖されていてがっかり。

でも二日続けて走ったので、体重が1キロ減った。もっとも脂肪が燃えたんじゃなくて、水分が抜けただけなのであまり喜べない。少しづつでも続けて、体が蓄えた脂肪を燃焼する機能を呼び覚まさなくては。

それにしてもこの2〜3年、あまり自転車に乗れなくなっていたので走り方をだいぶ忘れているかと思ったけど、意外とそうでもなくてちょっと安心した。でも筋力は相当に落ちていて使えるギアは大幅に変化。ほとんど一番軽いギアばかり使っている。元に戻るのは難しいだろうけど、もう少し踏めるようになりたいもんだ。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

手打ちの鎌を調達 [道具]

土佐鎌jpg.jpg

先日は還暦の誕生日を迎えたので、相棒がプレゼントをくれるということになった。当初は電動ドリルをお願いしていたけど、迷った末に「草刈鎌」を買ってもらうことにした。もう随分前から鎌が欲しくてネットやホームセンターで見ていたけど、いまひとつ決定打に欠けて手にしていなかった。

というのも、どうせならまともな刃物が欲しいという気持ちがあったことと、自分的には「刃物といえば土佐だろう」という気持ちもあったためで、それもできれば古いものが欲しかったのだ。

鎌のような農家にとって日用品の類は消耗するまで使われるので、まともなものはなかなかオークションにも出てこないかといえば、案外そうでもなくて結構な種類が出てくる。でも今回は迷った末に土佐ものではなくて、信州の加冶屋にお願いすることにした。

土佐厚鎌.jpg

この写真はどちらも土佐の厚鎌だけど、どうせなら肉厚でススキなどもしっかり切れるものが欲しかったし、やっぱり鉄板を打ち抜いただけのものよりは鋼を挟んでうち鍛えたものがいい。鎌の形も地方によってそれぞれで、先が尖っていたり、三日月型だったり、刃が平面だったり弧を描いていたりと面白い。

出来上がりは2週間ほど先になるけど、ちょっと待ち遠しい。届いたらまたこちらで紹介したいと思います。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久しぶりにちょっとロードで [サイクリング]

R0014213.JPG

今日は週一の休日なので、畑の世話も早々に終わらせてちょっとロードに乗って、ひと山向こうの清津川の支流に行ってきた。そろそろ釣りがしたいというのもあるし、来月はまほろばのご主人とまた釣りキャンプができそうなので、川の具合を見てみたかったというのもある。ビックリしたのはめちゃくちゃ減水で、川底が見えそう。きっと長野でも同様だろう。今年の釣りは厳しくなりそうだ。

R0014210.JPG

しかし引っ越し前には1年で乗らない日は30日はない生活だったけど、こちらに来たら平均しても月に1度がやっと。秋から春までは自転車に乗れない環境とはいえ、これじゃあ太っても仕方がない。って、これはただの言い訳ですけどね。(^^;しかしもう70キロになってしまったので、いい加減なんとかしないと坂道が辛くてしょうがない。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヒラメをいただいた

R0014208.JPG

今日はヒラメの新鮮なのをいただいたので、すぐに5枚におろして刺身にした。残念ながら私の場合は魚をおろすと匂いが鼻について食べられなくなってしまうので、ほとんどは相棒の胃袋に収まることになった。まあ、相棒は食べるのが大好きなので彼女が喜んでくれればそれでいいんだけど。
R0014209.JPG

幸い刺身は美味しかったようで、相棒はぺろりと平らげてくれた。おかげで刺身の写真を撮り忘れたので、空っぽのお皿でごめんなさい。(^^;
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

菖蒲 [花・植物]

160521_092007.jpg

昨日、今日と日差しが強くてまるで真夏のよう。でも夕方になるとそれなりに肌寒くなってくる。5月といえば菖蒲だけど、うちの玄関前にも菖蒲が数本花を咲かせている。今朝は蕾を見ていたら、2時間ほどで花開いた。じっと見ていると、微妙に膨らみながら開いていくのがわかる。切花なのに大したもんだなぁ。
160521_092023.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

行者ニンニクを山に植えてみた [山菜]

R0014207.JPG

今日は知人に行者ニンニクをいただいた。見た感じではもう5〜6年は経っているようで、蕾もあるし小さな株も幾つか付いている。背丈も4〜50センチはありそうなので食べてしまいたいところだけど、しっかり根付く前に葉っぱを食べてしまい、さらにストレスを与えるのは良くないだろうとググッと我慢。上手く根付いてくれれば来年は食べたいけど、本来なら植え替えは夏過ぎにやったほうがいいらしい。枯れずに少しづつでも増えてくれたら嬉しいんだけど。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アマドコロなのか、ナルコユリなのか? [山菜]

R0014205.JPG

うちのそばで採れるアマドコロは結構太くて大きくなるものがある。花が同じところから4〜5個も出るのはオオナルコユリだったように教えてもらったけど、オオアマドコロと言うのもあるらしい。なので我が家では似たようなものは大小全て食べられるものは「アマドコロ」で統一することになった。(^^;
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

甘いものが好き

L9997618.jpg

仕事の時でも遊びの時でも、どうも甘いものがないと落ち着かない。お腹が空くから欲しいという理由はもちろんあるけど、どうもそれだけじゃないようだ。というのもご飯を食べた後にもやっぱり何かしらの甘いものが欲しくなって、食べないと満足感が出ない。これもなにかの依存症なんだろうか?
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

背負子とボッカ [いなかの伝承]

L9997615.jpg

写真は何の関係もないですが・・・

二つ前のブログで背負子の話をしたけど、それにまつわる話をどこかで色々読んだような気がしてちょっと調べてみました。するとビックリするようなことが出てきて改めて感心。まずは山形県の酒田市で庄内米の船積みに従事した女性の資料。

それによれば彼女たちは一俵60キロの米俵を5つ乗せ、300キロの荷を運んだとある。戦後労働基準法ができて、女性は重い荷物を持てなくなったが、この時彼女たちは「それでは生活ができない」と不平をいったという。

うちの親父も生前「米俵を両肩に担いだ。背中に背負えば3俵は運んだ」と話していた記憶があり、当時は田舎で生活した人ならば必要に迫られて米俵2〜3俵、120〜180キロの重量は普通の人でも運ぶのが普通だったのかもしれない。

また重い荷物を運ぶといえば、新田次郎の小説「強力伝」がある。標高2,932mの白馬岳山頂に、花崗岩でできた風景指示盤を分解した一つ50貫(190キロ)の岩2つを人力で運ぶ、富士山一の剛力・小宮正作の偉業を書いたものだ。

この時小宮がこの難しい仕事を引き受けた理由の一つに「牛殺し」という硬い木でできた背負子が手に入ったからというのがある。190キロもの岩を運ぶのであれば、それなりに頑丈な背負子でなければ運べないとは、納得しやすい理由だ。

ところが松本と飛騨を結ぶ野麦街道のボッカは、「それは本当か?」と不信を抱いた。「そんなに重いものが本当に背負えるのか?」と疑問を持ったのではなかった。彼らもまた普段から50貫の荷を背負い野麦峠、大平峠、安房峠といった難所を越えていたのだ。30貫では駆け出し扱い、あるいは女でもそのくらいは運んだという。

50貫もの荷を運ぶに背負子は頑丈でなくてはならないが、野麦街道を通ったボッカたちの背負子はどんなものだったかといえば、軽く粘りのある青木を割り取りして、できる限り軽く作られていた。少しでも用具の重量を減らせばそれだけ楽になるし、背負った重量は背負子にかかるのではなく背中に受けることで、軽い木でも耐えられるからである。牛殺しや樫の重い木では仕事がきつくなるのだ。

当時は荷を運ぶには牛や馬もいたのに、野麦街道のボッカはなぜそんなに重い荷物を運んだのだろうか。そこには牛馬の荷を運ぶ限界が関係している。牛馬は荷物を運ぶ場合に両側に振り分ける必要がある上に、牛馬では荷物をつければ1日つけっぱなしなので最大40貫の重量制限があったことは知られていない。

また振り分けられない荷物は人が運ぶしかなかったので、どうしても重いものは人が運ぶことになった。また雪が積もれば牛馬では歩けなくなるが、人ならばカンジキを履いて歩くことができた。ボッカたちは列になって50~60歩歩いては念棒を荷の下に入れ、休み休み1日3里を目当てに運んだという。

昔の人たちは男でも女でもそうしなければ生きていけない現実の前に、重い荷物を持つ事に徐々に慣れていったのだろう。現代人は数字を聞くだけで「不可能だ」と頭で判断してしまい、持てるはずのものさえ持てなくなっているのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

雨のち晴れ [田舎暮らし]

L9997609.jpg

ここのところ天候が今一つはっきりせず梅雨のような日が続いている。ところが今日は昼から一転して快晴になった。風もなく日差しが強くて暑いくらい。もともとこちらの日差しは晴れればコントラストが強いけど、雨上がりがそれに輪をかけたようだ。

L9997613.jpg

いろいろ雑用をこなし、夕方になって一休み。久しぶりにライカを持ち出して、太陽が裏山に隠れる時に数カットだけシャッターを切った。しかし相変わらずのジャジャ馬ぶりなのは球面ズミ35。今ではこんな写真を撮ろうとしても撮れないので、やっぱり貴重なレンズなんだろうなぁ。久しぶりなんで絞りの形を確認しないで写したもんで、ひどいもんですね。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

時代物の肩掛け [道具]

R0014203.JPG

道具というにはちょっとジャンル違いかもしれないけど、生活必需品ということではこれも立派な道具なんじゃないかと思うのですが、先日廃材をいただいてくるときにいつものように背負子を背負っていったところ、その家のおばあちゃんが「まさか背負子で運ぶとはねぇ」と言って、いろいろ昔話をした。

もう80代のおばあちゃんだけど、彼女が子供の頃に使っていたのは自分のものとはちょっと違う形の(上の写真の一番右のもの)背負子だった。大人用、子供用、女用と大きさがあったようで、家族総出で稲を運んだり、カヤや焚付けを運んだらしい。

写真では分かりづらいけど、一番右がこの中では最大だけど、かさばるものを運んだ道具なので、この大きさでも中くらい。つまりは女性が使っていたものだ。男用にはさらに背の高いものがある。材質は多分杉の木で、比較的軽めにできている。

藁のように軽めだけど嵩張るものを運ぶ背負子にはショルダーがなく、代わりに頭を通す輪っかが付いている。その輪っかを顎の下で両手で持って、引っ張りながら運ぶわけだ。だけど、どうしても縄が当たる肩が痛くなる。そこで藁で編んだ肩当てが必要になり、それも大人用から子供用までが作られていたらしい。
R0014204.JPG

自分が使っている背負子は重いものを運ぶためのものでしっかりショルダーがあるけど、長時間運ぶとやはり肩が痛い。それを見ておばあちゃんが昔の肩当てを出してくれた。家によってつくり方が違うようで、いただいたものは藁にボロ切れを織り込んでいる。この方が丈夫になるし、肩への当たりも柔らかくなる。

以前、大人用のものをいただいてきたけど、今回頂いたものは自分にちょうどいい大きさのようだ。それにしても昔はどこの家でもこうして藁で肩当てやわらじ、雪用の長靴、米俵、ミノ、大量の縄などを作っていたわけで、そのための干した藁が屋根裏にどっさり入れてあった。

この辺りの米俵は質が良かったらしく、米俵欲しさに北海道などから米を買いに来る人もいたそうだ。というのも、米俵を編む際には何目ごとに藁紐を通すなど、大きさや強度などが厳しく取り決められていたからだそうだ。

「小さな家では暮らしていけなかった」とは他の年寄りにも聞いたけど、生活必需品を作る藁を置くスペース、冬の囲炉裏で燃やす薪のスペース、燃えやすい焚付けを置くスペース、編み上げた米俵やムシロ、藁紐、わらじを置くスペース、かんじきを作るための竹、農具を置く場所などなど、狭い家ではそれこそ寝る場所もなくなる。

かといって広い家では屋根の面積が大きくなり、雪掘りの重労働が増えてしまう。「冬は藁と藁埃の中で生活をしていたけど、一体どうやって生活していたのかねぇ」としみじみ話をしてくれた。ほんの半世紀前のことだけど、この100年で考えられないほど生活は変化したのだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行