So-net無料ブログ作成

金床の修正と鋸の目立て [道具]

R0014235.JPG

田舎にいると鎌やスコップの曲がりを直したり鋸の目立てなど、何かと金床を使う機会がある。しっかりした金床が欲しいと思っているけど、本格的なものはちょっと手が出ないので今は拾ってきたH鋼を使っている。

このH鋼、以前の所有者もだいぶ使い込んだようで表面が傷だらけ。おまけに縁も大小の欠けや傷で直線がない。昨日鋸のアサリだしをするときにも、どこに置けば鋸の歯に当たるのかが分かりづらく、作業がいちいち停滞した。2年も雨ざらしだったので仕方がないけど、錆を落として少しだけ光った部分が出るまでに、合成砥石の荒い目のものを2本潰してやっとこれだけだ。

なので今朝は平ヤスリを手にゴシゴシゴシゴシと1時間あまりこすり、なんとか写真手前の短辺の直線を出して角を磨いた。長辺(写真左側)も頑張ったけど、まだ傷だらけで先は長い。でもこれでアサリだしはできるようになったので、あとは平面が中心に出せればいいけど、作業を考えると気が遠くなりそう。

R0014237.JPG

昨日の鋸も今日は再度手を入れて、まずは錆を取ってもう一度目立てのやり直し。ところが錆を落とすと今まで見られなかった板の修正の傷跡が出てきた。その場所はまさしく自分が手こずっていた場所で、「やっぱりここが狂っているんだ」と納得。

R0014236.JPG

それにこの土佐の鋸はそれほど古いものじゃないと思っていたけど、銘の上に「特鋼」とあるのがわかった。この時代(明治中期?)だと玉鋼から輸入鋼に変わる頃だろうから、「特鋼」なら多分輸入鋼の意味だろう。もう一つの土佐ものの鋸はおそらく玉鋼だと思うけど、そんな違いを想像するのも楽しい。

ところで目立てとアサリだしをやり直したら、嘘のように切れ味が鋭くなって、すっかり愛着が湧いてきた。おそらく普通の鋸を窓付き鋸に切り直したものだし、手に入れた時はサビや歯の状態が悪いので手放そうかと思っていたけど、このまま使い込むことになりそうだ。
タグ: 金床 目立て
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行