So-net無料ブログ作成

今年の冬は一安心かな [薪ストーブ]

L9997636.jpg

幸いなことに今度の冬のための薪がかなり集まっている。移住後、年を追って・・・というほどの時間は経ってないけど・・・廃材や倒木で声をかけていただく機会が増えてきた。山の中だと切ったり運び出すのが大変だけど、2年後に使うつもりでいればあまり焦る必要もない。

これまで2度の冬を経験したけど、最初の冬はどのくらいの薪が必要なのかもわからず、とにかく節約していた。なので豪雪と相まって相棒はかなり寒い思いを我慢していたように思う。昨年は多分大丈夫だと思いながらもやはり少しは節約する気持ちが残っていた。それでもあまり寒い思いはしない程度には暖かく過ごしたように思う。雪も少なかったし。

今年はおそらく、薪の事はあまり気にしないでもやっていけるはず。夏前にもかかわらずそう思えるのは精神的にもずいぶん楽だ。でもやらなければいけない事は山積みで、薪を運び出して積み、廃材をカットしてこれも運んで乾いたら家の中に運ばなければいけない。

10月あたりからは夕方以降はストーブに火を入れることになり、5月くらいまでは使う。初年度のようにいきなり2mも積もることはないにしても、うちには大きなガレージも倉庫もないので、雪が積もったら外の薪は運べない。そのことも考えて薪を積む場所を考えたり、使う順序を考えたりしないといけない。

振り返ってみれば薪に限らず畑の野菜にしても、いつでも冬の事を考えつつ生活している気がする。周りのお年寄りたちの「冬のために働いて、雪が溶けたら何も残らない」という言葉がいつも頭にある。そろそろ煙突の掃除もしなければいけないかなぁ。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

近くの峠へ [サイクリング]

DSC_7538.jpg

最近はなかなか晴れ間が出ないけど、今日はたまたま昼前から日が差し始めてきたので、まだ行ったことがない近くの峠に行ってきた。
DSC_7596.JPG

思いがけず気持ちのいいところで、「近くにこんないいところがあったんだ」と、嬉しくなった。こんなコースなら誰か自転車好きの友達を連れてきてもいいかもしれない。
DSC_7531.JPG

nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

射撃場へ [田舎暮らし]

R0014339.JPG

うちからすぐに射撃場があり、土日には練習の音がよく聞こえる。今日は知人が練習に行くというので、銃声が聞こえ始めたところで見学に行ってきた。4人が撃っていて二人は女性。最近は女性も多くなって、女ハンターも増えているらしい。その反面、世代が上がって若い男性は少ないのだとか。

自分のバイト先のシェフやマネージャーも狩猟免許を取得して、今年の秋にはジビエと張り切っているので、楽しみではあります。うちの相棒も狩猟免許かわな免許を欲しがっていた時期があるので、機会があればまた見に行ってみようと思います。顔が広がるのも田舎では大事だし、仲良くなればイノシシや鴨がもらえるかもしれないしね。(^^)/
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ワラジを編む治具 [道具]

L9997628.jpg

先日、リフォーム中の古い民家から大きな山仕事用の鋸をもらったことを書いたけど、その時に一緒にもらってきたのがこの「わらじ編み用の治具」。もう5〜60年以上も前の時代のものだけど、今60代以上の人たちは見た記憶があるらしい。

かつては夜になれば屋根裏や物置、家の隅から藁を持ってきて、この治具に足をかけてワラジを編んでいたのだろう。屋根裏には今でも大量の藁が積まれていたけど、「昔は大きな家じゃないと生活ができなかった」と周りの年寄りに聞くけど、なんでも家の中に置いておかなければ冬にはどうしようもなかったのだろう。家によっては家の中で鶏も飼っていたらしい。
L9997629.jpg

わら縄をかけた部分は日々藁で擦られてすり減り、磨かれたようなツヤが残っている。材質はケヤキのようだけど、硬いケヤキが藁でこんなにすり減るにはどのくらいの時間がかかるのやら。暗い冬の間には一日中編んでいたのかもしれない。

さすがに今これを使ってワラジを編む気は無いけど、背負子に使うショルダーを編むのに使えそうな気がしてもらってきた。使い方を教えてくれる人もいないのでやってみるしかないけど、どうにかなるだろう。

背負子も思っていた以上に消耗するので、数年のうちには作り変えないといけないかもしれない。今更作ってくれるところはないし、あっても木工細工でびっくりするような値段になるはず。やっぱり日々使う道具は自作になりそうだ。

どなたか、背負子用にいい材木が余っていたら教えてください。(^^)/
nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久々の雨 [田舎暮らし]

160623_090717.jpg

九州から関東まで豪雨がひどいけど、やっとここでも今日は雨が降った。随分久しぶりのような気がするけど、まとまった雨が降ってもらわないと田んぼも畑も干からびてしまう。米つくりの人たちには恵みの雨だろう。とはいえ災害になるほど降られるのも困るし、なかなか都合よくはいかないものだ。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

月末はつまらないなぁ [田舎暮らし]

L9997617.jpg

梅雨入りしたせいで毎日どうもすっきりしない天気が続く。でも先日東京に出た時にはあまりの不快感にびっくり。「そういえばこんな陽気だったよなぁ」とは思ったものの、夜になっても暑いし、ホテルの部屋はアエコンがあっても「気持ちがいい」とは程遠い。それに人の多さに目が回ってしまい、頭痛に悩まされた。どうやらすっかり田舎の人間になってしまったのかもしれない。

そうそう、今日のブログには別のことを書こうと思っていたんだった。と言っても大したことじゃないけど、今年は雪も少なくて雨も降らないので近くの沢の水も枯れそう。なのでホタルはどうかと心配したけど、昨日の夜にチェックしたらしっかり玄関先に飛んでいた。水は少ないけど、あまり関係はないのかな。写真は撮れないのが残念。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

クラウディオ・キアプッチ [サイクリング]

R0014286.jpg

金曜日に東京に向かい、昨日の夜戻ってきましたが、その間千葉県の房総半の先端でこの写真の選手とイベントを楽しんできました。

彼はキアプッチという、25年ほど前のイタリアの人気選手です。現役時代には年間5万キロ、今でも年間2万キロを走るそうですが、それでも4キロほど体重が増えてしまったそうです。身近に接して初めて知ったのですが、とにかくサービス精神が旺盛で、参加者一人一人に声をかけ写真を撮り、至れり尽くせり。

ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアでグレッグ・レモンやミゲール・インデュラインと言った選手たちと総合優勝争いを演じた大選手のおごりも感じられず、とても楽しく過ごしてきました。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

古い鋸をもらった [道具]

R0014269.JPG

今日、廃材をもらえると聞いてお邪魔したら、その築100年以上の古い家の屋根裏から出てきたという、1尺8寸ほどの大きな鋸が捨ててあった。錆びていたけど致命的なものではないし、狂いも2箇所ほどあるだけ、歯の欠けもないので「もらってもいい?」と聞くと、あっさり譲ってもらえた。今ではこんな大きな鋸があっても、使い道がないのでそれも当然かもしれない。

しかし尺8寸の鋸は今では作ることができないサイズだし、丸太を切るには自分でも使いやすい大きさ。なので今では新旧の3本を持っているけど、この鋸は歯の付いている部分の寸法は同じだけど、首がさらに長くて全体では1〜1寸半ほど長いので2尺というのかもしれない。使った感じも微妙に長さを感じる。

R0014272.JPG

最初に見たときは板が磨いてないので「土佐もの」かと思ったけど、どうも形が違う。タガネで打った銘はあるが、どうやら「中や」なにがしと書いてある。会津とも違うようなので、長野か関西かもしれない。

かつてはここでも2件の鍛冶屋があったとは聞いているが、農具を作る程度で鋸のような難しいものが作れる鍛冶屋ではなかったらしい。新潟といえば刃物が有名だけど、なぜか鋸と斧はほとんどないのはなぜなんだろう(訂正・かつては長岡に鋸鍛治が何十件とあったそうです)。山仕事をする人がいなかったとは思えないけど。この場所を考えれば長野あたりのものと考えるのが妥当だろうけど、案外三木などの西のものが入っていたのかもしれない。

R0014271.JPG

握りはこれまでにないほど太くて、小指側が(下)徐々に太くなっている

全体的な形は古い鋸のように見え、槌の当たりの痕跡を見ると西洋鋼が一般的になってからの作りとも違って見えるが、鋼自体は玉鋼ではないようだ。西洋鋼か安来鋼だろうけど、鋼を手打ちで作ったような感じがする。しっかりした技術を受け継いだ職人が、小さな鍛冶屋でコツコツと手作りしたものだろうか。

鋼自体はかなりヤスリが乗りやすくて、目立てはやりやすい。これなら山仕事が終わった後で毎日の手入れも楽だっただろう。ともあれ、板の狂いも取れたし目立てもアサリだしも終わったので、この鋸も他の鋸と一緒に大事に使おうと思う。
タグ:
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ちょっと歴史の裏道へ [いなかの伝承]

160615_132725.jpg

今日も昼から薪を下ろすために近くの集落の裏山に上がってきた。杉やブナ、椎などの木を山の上から下ろす訳だけど、この山道が道というよりも獣道そのもの。ところが山頂には祠があって、どうやらこの道は江戸時代以前からある古道の一部らしい。

祠があるといっても、文字通り石の祠があるばかりで、神様らしき本体は見当たらない。昔はあったのかもしれないが、雪で流されてしまったのだろうか。もっとも日本の神様は姿形がない場合も多いので、石の祠自体に意味があり、神様の代わりと考えてもいいのかもしれない。

中身がないとはいえ一応は神様。自分も滅多に人も通らない山中で仕事をするわけで、大抵はたどり着いたらまずはその日の安全に手を合わせている。まあ、気の持ちようだし、おまじない程度のつもり。

R0014268.JPG

ところが今日も手を合わせた後に下を見ると、この古銭が目についた。枯れ葉に埋もれ、錆びていたので文字は読めなかったが、帰って錆びを落とすと「寛永通寶」とある。調べると鉄の一文銭で、元文4年(1739年)頃から通用したものらしい。ということはざっと300年近く前の旅人が、旅の安全を祈願してお参りしたのだろうか。

確かにこの山の下には松之山古道と呼ばれる道があり、1300年代から関東に続く道として利用され、戦国時代には上杉謙信の軍道としても利用されたという。当時この集落の隣になる犬伏(いぬぶせ)や松代には関所が設けられていたというので、メインの通りからはずれたこの古道も手形のない人々に利用されたのかもしれない。

地元の年寄りに聞くとこの祠は「秋葉様」で、防火の神として昔はこの祠のそばでお祭りも行われていたという。確かに今、木を切っているところは5×20mほどの平坦部分があり、少人数ならば十分にお祭りごとも行えたかもしれない。

秋葉様が祠の場合は火伏せの神でもあるため、燃えにくい石造りの祠などが見かけられるらしいが、確かにここの祠は石をくりぬいたものだ。小さな祠であることが多く、一つの町内に何箇所も設置されている場合もあるというが、まさしくその通り。

秋葉さまの神徳は一に剣難、二に火難、三に水難といわれ、中世以来武士の崇敬を集めたというが、すぐに軍道に繋がる道となればなおさらだろう。またこの神さまは普段は人々の生活を守り富を与えるといわれるが、その神を怒らせると荒れ狂い、すべてを焼きつくして家や財産、ときには命も奪われてしまう。脅威と恩恵の二面性は自然神の基本的性格だが、生活に密着した「火」の神さまだからこそ、古くから大事に祀られてきたのかもしれない。

「こんなところに祠なんて」と、ちょっと信じてなかったけど、古くからの神様とわかったからにはこの古銭もお賽銭だろうし、ちゃんと返してお参りしなければ。
タグ:菅刈古道
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

シオデ [山菜]

R0014265.JPG


「山アスパラ」とも「山菜の王様」とも言われるシオデ。細いのはヤブなのでもよく見るけど、太いものは探してもたくさん摂るのは難しい山菜だ。ところがうちの玄関先にはこのシオデが時々出てくる。探す手間がいらないのは嬉しいけど、もう少しまとめて出てくれると嬉しいけど、多くても3本くらいしかまとまっては出てくれないのが残念。でも歯ごたえといい、甘みといい、とてもアスパラに似ていて美味しい。
nice!(3)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

薪作りもだいぶ進んだ [薪ストーブ]

160611_152356.jpg

先日来やっている、ちょっと離れた集落の山の上にある倒木の処理が大部進んだ。今日は杉の木はすべて割ってしまったので、残りの楢の木の玉切りした方はそのままで運ぶつもり。広葉樹は重いので玉切りしたままだとちょっと辛いけど、うちに持ってきた方が割りやすいので仕方がない。

量はそれほど多いわけじゃないけど、これでも一月分くらいはありそうなのでありがたい。これが終われば一昨年雪で倒壊した家の廃材も片づけなければ。こちらは乾けば今年の冬には使えるので、早いとこ運んでしまわないといけないけど太い柱ばかりなので切るのが大変だし、それを運ぶのがさらに重労働になりそう。
タグ:
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

雨が降らない [山菜]

R0014259.JPG

梅雨入りしたらしいけどなかなか雨が降らない。今年は雪も少なく雨も少なく、畑には困った天候が続いている。そんな中、行者にんにくの花が咲いた。まるで葱坊主のようだけど、同じ仲間なのかな?今月末くらいには貴重な種ができそうだ。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久しぶりの源流釣り [釣り]

R0014246.JPG

日曜日の夕方に出発し、月、火曜日と新潟の山岳地域で源流釣りを楽しんできました。連れて行ってくれたのはいつもの「信州の隠れ宿 まほろば(http://mahoroba-momiji.sakura.ne.jp)」のご主人、寺尾さん。ちなみに「じゃらん」でみたら、口コミの評価が最高の5になっていた。200人以上の人が評価しているので、結構納得してもらえるんじゃないだろうか。ちなみにここの食事はすごいです。

R0014243.JPG

ところが意気揚々と乗り込んだいつもの源流、先週末にはかなりの人が入っていたようでこれまでには見たことがないほどの足跡だらけ。おまけに早朝は竿が持っていられないほどの寒さ。まるで冬のようだ。行けども行けども全くアタリがなく、毎回30尾以上も釣り上げる寺尾さんも全く釣れない。結局この日は自分は0尾、寺尾さんが小さいのを3尾で終わってしまった。上の写真の寺尾さんもあまりの反応のなさに疲労気味。

R0014245.JPG

源流なので当然宿はなし。車の屋根を利用してブルーシートを張ったいつものテント。でも熊の足跡もある原生林とも言えるような環境でのキャンプは最高。イワナは釣れなかったけど、寺尾さんが作ってきてくれたイワナの押し寿司やサザエのつぼ焼き、帆立貝など(海の幸だけどね(^^;)をつまみに食事を楽しんだ。

R0014249.JPG

今日はエリアを変えてトライ。ところが昨日とは打って変わって最初から反応があって、いつもの釣果に。自分も25センチクラスを6尾ほど釣り、トータル12尾。寺尾さんは数えなかったけど軽く30尾オーバー。このイワナはもちろんまほろばの食卓に並びます。めちゃくちゃ疲れたけど、久しぶりにたっぷり遊んできました。(^^)/
R0014250.JPG

タグ:まほろば
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久しぶりにM3で [カメラ]

L9997623.jpg


随分久しぶりにM3を使ってみた。もちろんフィルムを入れて。相変わらず巻き上げのスムースさとシャッターの感触は最高。それにM8に比べると随分コンパクトに感じるし、やっぱりM3はいいなぁ。

ファインンダーのことを考えれば枠が一つづつ出るM2もいいけど、巻き上げの感触やシャッターはやっぱり全く比較にならない。でもM2も欲しいけど。(^^;

その後M8.2で上の写真を写してみた。M8.2はいつも使っているので特に感激はないけど、自分でも意外だったのはM8.2のシャッター。感触と音がびっくりするくらいがさつに感じる。う〜ん、そういえば最初はシャッターが気に入らなかったよなぁ。
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

裏山で木こりしてます [道具]

R0014241.JPG

昨日はまだケースのない1尺8寸の鋸のために、杉板を探してきてちょっとした工作。午後には早速その鋸と、もう少し短い尺4寸の鋸、そして斧を持ってちょっと離れた集落の山に薪を切り出しに行ってきた。この薪用の材木は以前伐採しているのを教えてもらい、持って行ってもいいと言われているもの。ただその場所がちょっと運び出すのが大変。

160603_154320.jpg


マウンテンバイクでもきつい坂道を登り、それから山のちょっと急な斜面を登り、一番上の峰まで上がる。その峰の両側に伐採した杉や楢などが倒してある。山の斜面なので短く切ったものは谷に落ちてしまうので、ある程度の大きさで切らなければならない上に、それを運ぶのがまた一苦労。

でもうちの鋸は太い木でも力を入れずに引いていると、シャーシャーとよく切れて長時間の作業でも苦にならない。切った木は今月中になんとか家まで持って来たい。明日は太い楢の木を切りたいので、チェーンソーの出番だ。頑張らねば。
タグ:
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行