So-net無料ブログ作成
検索選択

薪割り斧のメンテナンス [道具]

R0014935.JPG

よくコメントを頂く薪ストーブ仲間のmintonさんから、昨日薪割り斧の研ぎ方を聞かれたので、自分のやり方を説明しようと思います。

自分が使うのは以下の写真のもので、ヤスリは写真の平ヤスリだけでなく、ノコギリの目立てに使う断面がひし形の目立てやすりを使うこともあります。大きさは斧に応じてです。

砥石は合成砥石や金剛砥石も使いますが、手っ取り早いのはダイヤモンドなので普通は400番の小型ダイヤモンド砥石をよく使います。大きな刃こぼれなどはもっと番手の小さな200番や150番でもいいと思います。

仕上げがやりたければ600、800番くらいで刃先を軽くなぞれば十分だと思いますが、産毛を剃るわけじゃないのであまり刃先を薄くしない方がいいと思っています。もっとも、ちゃんと研げば400番でも産毛くらいは問題なく剃れます。

R0014932.JPG


ところで研ぎ方ですが、両手を使うので写真が撮れず、タイマーで頑張ったけどやはりムービーでないと説明できないので、youtubeのアドレスを載せておくので、こちらを参照してください。すみません。(^^;
How To Sharpen an Axe by Wranglerstar (https://www.youtube.com/watch?v=JIZBwT-VDBY )

研ぐ時に気をつけることは次の事柄です。
・万力やクランプで斧をしっかり固定する。
・革手袋をして作業する。
・片側を研ぎすぎると刃先が片寄って波打ってしまい、一直線にならないので左右均等に。
・片側ばかり研いでしまい、センターが片寄らないように。
・鋭角に研ぎすぎない。刃先は鈍角になるように、できればハマグリ刃に研ぐ。
・刃の先端(向こう側)が減りやすいので、そちらがあまり減りすぎないように。
・研ぎ終えたら、薄く油を引いておく。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行