So-net無料ブログ作成

フウセンタケ? [キノコ]

161006_101004.jpg

キノコ狩りは毎年の楽しみだけど、いつまでたってもキノコは全然わからない。毎年「今までよくぞあたらずに来たものだ」としみじみ思う。

このキノコ、フウセンタケの仲間だと思う。フウセンタケの仲間かどうかは比較的すぐにわかる。地面から生える、ヒダが茶色い、茎に蜘蛛の巣状のヒダみたいなものが付きやすい、茎の根元が膨らんでいるなどなどの特徴があるからだ。

でもそのフウセンタケが食べられるのか、猛毒なのかとなるといきなり曖昧になってしまう。コレラタケはまだはっきりわからないけど、センボンイチメガサやナラタケにそっくりらしいし、致命的な毒を持つものもあるので油断ならない。

やっぱりひとつひとつ確実に覚える他に道はないんだよなぁ。ちなみにこのキノコは廃棄処分です。他にカノシタ、ハナイグチ、カワリハツを少し取ってきた。

マイタケ探し [キノコ]

R0014654.JPG

10月になってすっかり朝晩は冷えてきて、そろそろ秋も本格的になってきた。キノコの方は連日の雨で出るタイミングをうかがっているのか、どうも今ひとつはっきりしない。

そんなおり、昨日は相棒の友人夫婦が遊びに来てくれたので、キノコ狩りをやってきた。場所はいつもと違って、ちょっと離れたところなので車で移動。全く見つかる当てはなかったので、どうなることかと思いつつ山を歩いていく。
R0014656.JPG

すぐに相棒が油シメジを3本見つけて幸先の良いスタートに。他にカワリハツもちらほら、小さなタマゴタケ(後で判明したけど、これはヒメベニテングタケだった)もちらほらと、やはりキノコが出て来てはいるようだ。ちょっと険しいところを進んでいくと、ミズナラの根元にマイタケを発見。よく見ると根元の向こうに小さいのがもう一つ。
R0014658.JPG

なんとかノルマを達成した気分で、記念撮影。油シメジをもう少し見つけられるかと思ったけど、最初の3本以外は見つけられずにがっかりして場所を変えることにした。車でしばし移動して、有名観光地の中へ。
R0014667.JPG

この写真の中だけで5つのマイタケが写ってます

すぐに相棒の友達のご主人が大きなマイタケを発見。気分を良くしてさらに奥に進むと、握りこぶし大の株がそこかしこに9〜10株も出て、歩くと踏み潰しそうになる。一番大きなものでもキャベツ大なので少し早すぎたけど、見つけた喜びは大きい。

一番大きな株だけをとってきて、夜はキノコ鍋。昨夜は炭火でマイタケを炙って酒のアテにし、今日はマイタケご飯にマイタケ鍋。運も手伝って楽しい休日となった。
タグ:マイタケ

ソライロタケかな? [キノコ]

160924_134821.jpg

先日マイタケを探しに行ったところ、小さいけどとても綺麗な目を惹かれるキノコがあった。この写真を携帯で撮っただけで、よく見ることもなかったけど、とても印象的なキノコ。携帯カメラなので白く飛んでしまっているけど、実際はとても綺麗なブルーだった。周りに同じようなキノコは目につかなかったけど、こんなキノコもあるんだなぁ。今度見つけたらしっかり写真を撮ってみたいなぁ。

マイタケ発見! [キノコ]

今日は友人と一緒にマイタケを探しに行ってきた。1箇所は去年2株出たところなので期待していたけど、全く痕跡もない。せっかく連れてきたのでなんとか1つでも見つけたいと思って、別の場所を探したら運良く見つかった。それも2株。

20160924_171606.jpg

まだ小さいので取ってこなかったけど、あと4〜5日したらいいサイズになりそうだ。多分3キロくらいの株になるんじゃないだろうか。ともあれ、友人にも天然マイタケが生えているところを見せることができて胸をなでおろした。
20160924_171703.jpg

どちらもまだ手のひら大の大きさなので、数日時間を置いて見てくるつもり。それまで残ってくれていればいいけど、これは運不運も関係してくるのでなんともいえない。キノコ狩りの経験のない友人と一緒なので、ちょっと痕跡を残しすぎたかもしれない。
タグ:マイタケ

やっと初マイタケ [キノコ]

R0014559.JPG

今年は昨年までに見つけたマイタケポイントがまったくダメで、どこも影さえ見当たらなかった。「今年はダメなのか?」と思っていたけど、思い切っていつもとは違うポイントを探しに行ったら、ちょっと変な形だけどやっと見つかりました。

ちょっとタイミングが悪く大きくなっていましたが、ずっと雨ばかりのせいかまだ虫は入っていない感じ。たぶん2キロくらいかな?この写真で半分くらい。概ね、近くのレストランに置いてきたけど、今晩はマイタケご飯が食べられる。炭焼きもいいなぁ。

この調子でどんどんマイタケが出てきてほしいけど、今年はどうなることやら。まだ足を入れてないところが何箇所かあるので、そこも近いうちに見てこよう。でも今年はなんとなくだけど、ライバルがいる感じがする。微妙に痕跡が残っているのが気になるところ。
タグ:マイタケ

まだかなぁ [キノコ]

R0014544.JPG

去年はバカ松茸と油シメジが採れた日なので、今日は裏山にキノコの具合を見てきた。確かに雨上がりで色々なキノコは出てきているけど、目指すキノコはない。代わりに見つかったのは、名前のわからないキノコばかり。

R0014548.JPG

これはムラサキアンズタケかなぁ?そうなら食べられるんだけど、どうも違う感じ。それに置いてきちゃったしなぁ。

R0014553.JPG


R0014551.JPG

これはオシロイシメジのつもりで採ってきたけど、確信なし。以前採ったのはもう20年もう前だし、今は一応毒キノコ扱いだしなぁ。

R0014545.JPG


R0014547.JPG

これは傘がこんな色だけど、茎は紫色でいかにも食べられるムラサキヤマドリタケみたいだけど、どうも違う。キノコはいつまでたっても全然わからん。(^^;

食べ過ぎたかも? [キノコ]

昨日の夕食はナラタケモドキの鍋。かなり美味しくて、大量に食べてしまった。それはいいんだけど、やっぱり消化のよくないキノコ。今日はお腹が疲れているようで、どうもあまり食欲がない。というか、せっかくのアカヤマドリにもあまり食指が動かない。下痢も嘔吐もないので当たったわけじゃないけど、春先に山菜が食べたくなくなるのと同じ症状のようだ。
R0014538.JPG

このキノコはなんだろう?コレラタケを見つけたいけど、まだ見たことがない

でも昨日は近くでキノコがたくさんとれた話を聞いたし、マイタケがとれたとも聞いたので、自分が知っている場所を見に行ってみた。だけどやっぱりまだ影も形もない。今年は出ないのか?いや、そんなことはないだろう。この3年は毎年出ているんだし。多分今週末までの雨が上がり、2〜3日したら出てくるはず。・・・と、信じたい。

キノコご飯 [キノコ]

R0014533.JPG

実は今日、コメントをいただく「おおむらさき」さんにおねだりしたキノコが届いた。お願いしたのはアカヤマドリだけど、もう時期外れということもあって代わりにアイタケとナラタケモドキをたくさんいただいた。

早速相棒に頼んで、キノコご飯(今回はリゾット)にしてもらった。ナラタケもアイタケも出汁が出るキノコなので、キノコご飯にはぴったり。来週末くらいからは多分こちらでも秋のキノコが始まるだろうけど、夏の終わりのキノコとしては結構贅沢な夕食になった。おおむらさき様、どうもありがとう。(^^)/

今年の稲刈りは早い? [キノコ]

R0014514.JPG


今年も周りで稲刈りが始まっているけど、いつも稲刈りを基準にして探してきたキノコが今年は全く出ていない。もしかしたら今年の稲刈りは少し早いんじゃないかと思って聞いてみたら、「今年は天気がいまひとつ良くないので、少し早めに刈り取っている」と教えてくれた。

やっぱりそうなんだ。去年も稲刈りが始まってしばらくしたらキノコが出てきたけど、今年はさっぱりでまだその兆しも見えない。変だなぁと思ったら、やっぱり少し季節が早いみたい。

でも今日探りに行ったら、トンビマイタケが出ているところを見つけた。もちろんもう遅くて食べるのは無理だけど、出るところがわかれば来年以降に期待が持てる。

それにムラサキヤマドリタケがまとまって出ていたのも見つけた。これもあと1週間早ければというタイミングだけど、来年の楽しみだ。出ていたのはツエタケばかりで、40本ばかり採ってきたけど、これだけをまとめて食べる気にもならず、廃棄処分。キノコ鍋に入れる時は歯ごたえもあっていいんだけどね。
タグ:ツエタケ

秋のキノコの始まり・・・かな? [キノコ]

R0014503.JPG

ここのところキノコはほとんど出ていなくて、秋のキノコが出るまでのひと休みって感じでした。でも数日断続的とはいえ雨が降ったので、少しは地面も冷えてきたかなと偵察に行ってきました。やっぱりまだ早かったけど、夏のキノコと思っていたアカヤマドリが1本だけ出ていました。そして嬉しいことに、稲刈りが始まりました。

実は自分の場合、この地域限定ですけど稲刈りが終わるとマイタケシーズンなんです。あと1週間くらいかなぁ?今年は出るんだろうか、それとも出ないのか?この10日間くらいがワクワクと落ち着かない日々になりそうです。

キノコが出てきたかな? [キノコ]

160906_143224.jpg

ウスヒラタケ

今日は「去年はもう山伏茸が取れたし、もしかしたらそろそろキノコが出ているかな?」と、裏山に行ってみた。4時前だったのですでに山の中は暗いけど、そこはもう何度歩いたかわからないほどわかっている山でもあり、目的の場所にどんどん進んでいく。

とはいえ、道もない結構な斜面だし、地面は枯葉が堆積して歩きにくい。杖代わりに持ってきている斧を頼りに尾根に出る。実はこの尾根、知らなかったけど地元のじいちゃんが言うには「熊の通り道」らしい。(^^; でもまあ今まで足跡を見たこともないので、あまり気にしない。ブナの木に爪痕はあるけどね。

「ザッ、ザッ」と枯葉を踏みしめつつ先を急ぐ。
と、かすかに何かの音が耳に入ってくる。

「あれっ?」
立ち止まって耳を澄ます。

「・・・・・」

何も聞こえない。

「空耳か?」とゆっくり足を進める。

「ザッ、ザッ」・・・やっぱり足音がする。

自分の後ろを少し距離を置いて付いていくる人がいる?

「キノコシーズンには早いけど、誰かが後ろから付いてきているのか?」

今歩いてきたところを振り返るが、人の姿はない。

ブナの山だけど、人がいれば見える程度の空間はあるのだ。


「もしかしたら、人の後ろを付いてくる足音だけのお化けが出たのかも」なんて思いがふと頭をよぎる。

「え〜と、その時は『お先にどうぞ』って言えばいいんだっけか?」

などと思いつつ、ちょっと怖いけど、少し戻って足音を確かめに。
ブナの大木に身を隠し、こっそり後ろを見る。

「尾根には・・・何もいない」

「谷川の斜面には・・・いない」

と、その時、今歩いてきた斜面に黒い影が動くのが見えた!

「・・・いた!」



なんと、そこには地面を這うように尾根を目指すカモシカでした。
すみません、引っ張りすぎ?
その距離10m。
足跡は何度か見みたけど、実物を見たの初めてでした。

先日の大きなフクロウもびっくりしたけど、カモシカもいるんだなぁ。
周りのじじばばの話ではテンやキツネもいるらしい。
なんだかそういうエリアに住んでいると思うと、かなり嬉しい。
マムシはちょっと困るんだけどね。

トンビマイタケはいかがですか? [キノコ]

R0013459-c354d.JPG

この写真(下の写真も)は昨年のものです

申し訳ありませんが、お二人の方に連絡をいただいたので今日山に行ってきましたが、全く出ていませんでした。こんなことは初めてで、例年はこの時期にはもうすっかり終わっているところでもでていた形成もありません。去年の冬は例外的な雪の少なさでしたが、それが影響しているのかもしれません。今年のキノコはダメなのか、まだ本格シーズン前なのでなんとも言えませんが、トンビマイタケはダメなようです。期待させてしまい申し訳ありませんでした。

今の時期はこの辺りではほとんどキノコが出ていないんですが、多分トンビマイタケが出ていると思います。このキノコ、秋田、山形以外ではほとんど食べられていないそうですが、味自体はとてもよく、特に細かく切ってキノコご飯にするとすごくいけます。マイタケに負けないと自分では思っているんですが・・・。

欠点は非常に繊維が硬く、歯ごたえがあること。炭火で炙って醤油で食べると味が染み出て美味しいけど、まるでスルメみたい。味噌漬けや醤油漬けでも美味しいらしいですが、試したことはありません。この歯ごたえは若いものでもそれなりにあるので、やっぱり細かくするのが一番のようです。

で、うちではキノコご飯以外は食べないので、相棒も「取ってこなくていいよ」というのですが、生えているのがわかっていると採りたくなります。そこでもし食べてみたいという人がいたら、クール宅急便の着払いでよろしければ送ります(新潟県十日町発送です)。

時期もあるので、今後1週間くらいが目処になりますし、先週は取れたけどそのあとは見てないので、もし出ていなかったらごめんなさいです。連絡はこのブログ一番上のヤフーアドレスを利用してください。

もしメールを出して、翌日にも返信がない場合は迷惑メールで届かない場合があるので、コメント欄でおしらせください。どのくらいの量が欲しいというリクエストも頂ければ、それに応じて送ることができると思いますので、お気軽にどうぞ。(^^)/
R0013456.JPG

トンビマイタケが出た! [キノコ]

R0014477.JPG

今年は例年に比べ1週間ほど遅れたけど、トンビマイタケが出てきた。今ひとつ環境が合わないのか、ちょっと株が小さくて少なめ。早速とってきてシェフに渡したらオムレツにしてくれたけど、ちょっと歯ごたえがありすぎて向かない感じ。去年はスルメのように炭火であぶって醤油で食べたらかなり美味しかったけど、フランス料理には難しいかも。だし自体はものすごく出るんで、蒸し焼きやキノコご飯にしたら美味しかったけど。

おいしい食べ方をご存知の方は是非教えてください。東北の秋田と山形ではブナマイタケなどと呼んで、市場に出回る量が少ないため値段はマイタケよりも高いらしく、100gで1000〜2000円という表示もネットにはある。でもこのキノコ出るところには10キロくらいは軽く出るので、秋田だったらお小遣いになるんだけどなぁ。

マイタケよりも有り難がれるという話も聞いたことはあるけど、どうやってい食べるんだろう?食べた感じではやっぱり味噌や醤油に合いそうだけど。

秋の気配? [キノコ]

R0014473.JPG

オオワライタケは林に入るとすぐに目につく

すっかりブログをサボってしまい、気がつけば1週間。でもお盆だったし、まっいいか。で、久しぶりに山のキノコを見たけど、見つかったのはオオワライタケのみ。来月中旬過ぎまではあきらめたほうがいいかなぁ。でも周りの山もススキが目立ち始めて、なんとなく秋が迫っているような。まだ全然冬の支度ができてないから、秋の気配ってのも困るんですけどね〜。

R0014475.JPG

今日はチチタケとナラタケモドキ [キノコ]

R0014460.JPG

秋のキノコまではまだしばらくあるけど、夏のキノコはそろそろ終わりかな?うちの周りでもあまりキノコの種類が見られなくなってきている。もっともここ数日の灼熱地獄の影響も大きいかもしれない。

少しだけチチタケが取れたけど、また相棒がキノコご飯を作ってくれると嬉しい。それにナラタケもどきも取れたので、これも一緒に入れてもいいかもしれない。まあ、相棒の気分次第なので、このキノコたちがゴミとなるかお腹に入るかは、まだ神のみぞ知るって感じだ。(^^;

どうやら香茸のよう(^^)/ [キノコ]

R0014456.JPG

昨日baeさんに教えていただいたように、今日は香茸らしきキノコを干してみた。生の時はほとんど匂いを感じなかったけど、干してみたらあの独特の香りがしてきた。少し弱いけど、どうやら香茸で間違い無いみたい。baeさんありがとう。(^^)/

この辺りでももっと出てもいいキノコなんだけど、今のところ見つけられるのは一箇所だけ。今年はもう少したくさん見てつけてみたい。でも今年はアカヤマドリも食べたし、香茸も見つかったし、秋が来る前から結構いい感じかも。

R0014457.JPG

お昼は昨日撮ってきたチチタケご飯を相棒が作ってくれた。小さい黄色いトマトはうちの畑から。チチタケご飯は食べたことがないけど、どんな感じかなぁ?

初めて食べたチチタケご飯。シンプルな味付けだったけどかなり美味しい。汁物じゃなくてもチチタケは美味しいなぁ。二人してすっかり気に入ったかも。

R0014455.JPG

ついでに今日は冬に備えて雪かきに使うスノーダンプに雪がつかないようにワックスを塗った。去年の夏にもやったけど、天然蜜蝋を塗っておくとシリコンなどに比べるとずっと保ちがいい。それにしてもこの快晴続き、鉄板も触れないほど熱くなるのでワックスなどはあっという間に伸びてくれる。

これは香茸? [キノコ]

R0014453.JPG

キノコに詳しい人、教えてください。ばえさん、見てるかなぁ?

実は香茸は一度だけ採ったことがあるけど、その1つも確信が持てずに食べなかった。採れたのはブナなどの広葉樹のエリアで、前にも採れたところの近く。よく似たキノコにケロウジがあるけど、どうもこの二つのキノコの区別ができない。ケロウジは針葉樹の混生林に出るらしいし、茎のところにくぼみがあるのが香茸の特徴だけど、一応このキノコにもくぼみがある。でも香茸独特の匂いがないんだよなぁ。かじってみても苦味は感じないけど、香茸かなぁ?
R0014454.JPG

初めてのアカヤマドリ [キノコ]

R0014395.JPG

今日は何か出ているかなと、ちょっと山の上の方に行ってみたら、初めてアカヤマドリを見つけることができた。さすがに何年も見つけたいと思っていたので、離れていたけどすぐにわかって大喜び。赤い傘の大きなキノコがそうです。でもやっぱりちょっと虫が入っていたので、食べるところが少ないかも。

他のキノコは左上のまだら模様2つがアイタケ、紫と青っぽい傘の小さいのがカワリハツ、左下がアメリカウラベニイロガワリだと思うけど、傘の裏はどちらかと言えば黄色い?中央の茶色い傘の2つがチチタケ、真ん中の二つの茎が太いのがヤマドリタケモドキかと思って採ってきたけど、網目模様というよりはささくれている?
R0014396.JPG

ヤマドリタケモドキかと思ったけど・・・

R0014401.JPG

怪しいので切ってみたら、徐々に変色してきた。これじゃあヤマドリタケモドキじゃないのは歴然。茎も硬くて苦味もないし、美味しそうなんだけど残念。
R0014399.JPG

右端の3つのキノコはヤマドリタケモドキかと思って持ってきたけど、茎が細いし違うんだろうなぁ。これはかじってみたら美味しそうでした。切っても硬くて変色もなしだけど、わからないので廃棄処分。

あとは写真がないけど、ムラサキヤマドリタケの大きいのを2つ取ってきたので、今日はパスタかなぁ。この辺りはヤマドリタケモドキはあまり見つからないけど、ムラサキヤマドリタケは結構見つけることができる。これはこれでちょっと嬉しい。(^^)

ヤマドリタケモドキが未だにわからない [キノコ]

R0014391.JPG

もちろんこのキノコがヤマドリタケやヤマドリタケモドキでないことはわかりますが、未だにヤマドリタケモドキがはっきりとわかりません。でも食べてはいるんですよね〜、多分。(^^;
昨日はウスヒラタケについてお訪ねしましたが、今日はイグチの仲間でもヤマドリタケとヤマドリタケモドキの見分け方を教えてください。(^^;

R0014392.JPG

先日間違えて食べたのも、この写真のキノコの類だと思いますが、イグチの仲間は本当に迷います。最近はイロガワリも食べるようになってきたのですが、これがまたよくわからない。それなのに食べているんで、そのうちきっと当たってしまうんじゃないだろうか?

R0014390.JPG

これはアメリカウラベニイロガワリだと思っていたキノコが出るところで採ってきたんだけど、今まで出てきたものとは色が全然違う。本当にキノコはわからない。

ウスヒラタケ?毒キノコ(食不敵)を食べてしまった。 [キノコ]

R0014387.JPG


R0014388.JPG

先日キノコを探しに行った時に、相棒がこんなキノコを見つけました。ウスヒラタケだと思うのですが、今までにこんなに茎が長いものは見たことがなくて、食べるかどうか迷っています。同じところに生えていた他のキノコは下の写真のように普通なんですけど、こんなに茎が長いウスヒラタケもあるんですかねぇ?詳しい方がいたら是非教えてください。
R0014389.JPG


ところで先日、ムラサキヤマドリタケを採ってきたときに、間違って多分ニガイグチの類を採ってしまった。夕方で暗くなりかけていたこともあって、少し大きくなって傘の色がはっきりとわからなかったせいだけど、相棒が作ってくれたスープに苦いキノコがあり「あれっ?」と思ったら、知らないキノコでした。

このときに採ったキノコはシェフにもあげてきたので聞いてみたら、「苦いのありました」と言われてしまった。もちろん苦いキノコは外してくれたけど、大失敗。ここのところ少し慣れてきて油断しているので、気をつけなければ。

致命的なキノコの類は慎重になるからいいけど、イグチの類はちょっと油断していた。似ているけどはっきり「これ」とわからないキノコもイグチ類には多いのが困る。食べてしまったキノコは幸い苦いだけで、スープにも苦味が出てなくて、下痢も嘔吐もなかったのが幸いでした。

ムラサキヤマドリタケ [キノコ]

R0014385.JPG

今日は夕方少し時間ができたので、ヤマドリタケモドキとムラサキヤマドリタケを探しに行ってみた。最近は地元限定だけど、どこに行けばキノコが出そうかなんとなく想像がつくようになっているので、あれば見つけるまでに時間はかからない。

今日も目的の場所に入ったらすぐに見つかり、手頃な大きさのムラサキヤマドリタケを10本ほど採ってきた。きれいな形のキノコを幾つかシェフにあげて、持ち帰ったのはこれだけ。でも二人で食べるには十分。相棒に何か作ってもらおう。(^^)

梅雨の合間の晴れ間 [キノコ]

R0014379.JPG

今日は朝から快晴。梅雨の合間の晴れ間だろうけど、アマガエルも日陰で一休み。今日は休みなので山の薪を下ろしたり、昨年積んでおいた薪の整理したりしなくちゃいけないけど、時間を見つけてちょっとキノコを探してくるつもり。見つかったら、もう一度写真をアップするつもりです。

キノコはイロガワリがいくつかと、ムラサキヤマドリタケ、ヤマドリタケモドキ、オニイグチモドキがそれぞれ1本みつかりましたが、写真を撮り忘れ。ついでにシェフに賄賂としてあげてしまったので、アップ出来る写真がありません。でもこれで美味しいコーヒーが飲めるはず。(^^)

そんな話を相棒にしたら、「私もムラサキヤマドリタケ、食べた〜い!」というので、再度探しに行ってきました。幸い2本見つけることができ、他にイロガワリとカワリハツが採れました。
R0014380.JPG

イロガワリは触るとすぐに青変してしまい、汚くなってしまいます。おまけに水に入れると、コバルトブルーの水になってしまい、毒々しい。これじゃあ食べる人はいないだろうなぁ。

夏のキノコ狩り [キノコ]

R0014370.JPG

先日山から薪を下ろすときにカワリハツがいくつか見つかったので、今日は相棒といっしょに少し高い山にキノコ狩りに行ってきた。思うほどには見つからなかったけど、いくつか採ってきた。
R0014372.JPG

でも見つかったのはイグチの類。以前は「イグチに毒なし」なんていわれていたので、かじってみて苦くなければ食べられるだろうと思っていたけど、少しキノコのことがわかってくると怖くなってくる。
R0014375.JPG

で、今日はこれだけを食べることにした。初めて見つけたアメリカウラベニイロガワリと、それぞれヤマドリタケモドキ、ウラグロニガイグチ、イロガワリらしきキノコ。とりあえずはスパゲッティで食べてみるつもり。それにしてもイグチはよくわからない。

アミガサタケ発見!今度は大きいぞ。 [キノコ]

R0014200.JPG

これまでの経験からは全く外れた場所から、アミガサタケを発見した。今までだったら絶対に探さない場所なので、嬉しいことは確かだけどちょっと困惑気味。というのも、見つけたのは上の写真の場所。桜はもちろんどんぐりもないし、もちろんコンクリートも焚き火の跡もない。でも玄関出て30秒で採れる。

R0014195.JPG


R0014196.JPG


R0014197.JPG


R0014194.JPG


少し前にも小さいアミガサタケを2つ見つけたけど、共通点はなんと「ウド」。前回はウドの根を掘っていたらクワに乗ってきて発見。今回もウドの株を掘っていたら、周りにちらほらと見つかった。今回は立派なサイズで、見つけたエリアは1×2mくらいの狭い範囲で、そこ以外は見つけられなかった。

R0014199.JPG

見つけたのはこれだけだけど、とてもうれしい。(^^)/ こんな場所があと5箇所くらいあると嬉しいんだけど、もう少し生えてくれる場所を見つけてある程度の条件を掴まないと。多分まだ数年はかかりそうだ。

ついにアミガサタケを発見! [キノコ]

160501_144153.jpg

新潟に来てからというもの、毎年(と言ってもまだ2年ですが)桜が咲くとアミガサタケを探していましたが、ついに今日アミガサタケを見つけました。とはいえ、見つけたのはマイクロサイズ。この写真のキノコは頭のサイズが2センチくらい。それでも見つかったことで俄然やる気が出ました。

川越にいた頃は葉桜の頃になると出てきたキノコでしたが、こちらではもっとずっと遅い時期に出るようです。多分地中の温度が川越とは全然違うんでしょうね。桜の花は気温で咲くんでしょうけど、その頃では新潟の地中は冷たいんでしょう。

昨年の春は桜が咲いている時期はまだ数4〜50センチも積もっていたので完全に諦めていましたが、雪がなくなって一月ほどする頃、あるいはやっと田植えが始まる頃に出てくるのかもしれません。今年も見つからなかったと諦めていましたが、見つけたのはやっぱり桜の古木のそばで、このルールはこちらでも健在でした。

キノコが出た(^^; [キノコ]

L9997560.jpg

うちの玄関前には、採ってきたけど食毒不明のキノコや、ちょっと傷んでしまったキノコなどを捨てていた場所があるけど、そこから怪しげなキノコが出てきた。廃材もあるので菌にとってはいい環境だったのかな?見てくれはナラタケやエノキに似ているけど、どちらでもない。コレラタケかなと思ったけど、こんなふうに株にはならないし。条線があり、茎は中空、ヒダは粗で乾くと白くなる。どちらにしても手は付けないけど、何のキノコだろう?

再度キノコ狩りへ [キノコ]

160120_132105.jpg

今日も大雪の予報だったけど、積雪は10センチもないので、今日は別の山に行って来た。けっこうなアラレが降る時間帯もあったけど、概ね視界も良好で雪深い斜面を別にすれば、静かな山が楽しめた。

R0013930.JPG

残念ながらエノキは今日も見つからなかったけど、ヒラタケとナメコの凍ったのがけっこうな量になった。今日はこのキノコでスパゲッティの予定。(^^)/
しかし、エノキを見つけたいなぁ。

キノコ探しに行きた〜い(^^; [キノコ]

151203_093841.jpg

最近は忙しくてなかなか山に入れない。なので家のまわりで見えるキノコを探してみたら、ムキタケが少しとこんな毒キノコが。奥に見えるのはニガクリタケだけど、これもニガクリタケかなぁ?

今年最後のキノコ狩り・・・かな? [キノコ]

L9997444..jpg

11月最後の1日は相棒も私も休みだったけど、お天気の方も朝から快晴に恵まれ、暖かな一日だった。せっかくなので相棒とナメコ採りに裏山へ。たぶん今日が最後のキノコ狩りだろう。そういえば昨年も今頃最後のキノコ狩りをしたような気がする。

L9997447.jpg

山はもうすっかり禿げ山なのに、家の前に積んだ先日倒した木の葉はまだ紅葉したまま。ここだけは小さな秋が残っている。

R0013769.JPG

滑らないようにゆっくり裏山に上ると、ブナの林はもうすっかり葉っぱを落とし、キノコも探しやすい。すぐに相棒もナメコを見つけ採り始める。今日はたくさん採れたら相棒は前の職場に送りたいというので、いいナメコを探さなくてはと、あちこち目をこらす。

R0013771.JPG

幸いまだナメコは残っていて、あまり歩き回らずにそれなりの量を収穫。以下はそんなナメコの写真を。そういえばビックリするくらい大きなクリタケが2本だけ見つかった。こんな大きいのは初めて見た。
R0013774.JPG


帰ってからは早速ナメコを発送。そのあとは雪菜を植えるために畑の小豆を全部引っこ抜き、クワで雑草を抜いて掘り起こし、肥料を入れてなんとか準備を整えた。その後はすきま風の対策。

しかし現代の住宅は30年でガタガタになり、立て替えをしなければならない家も多いことを考えれば、築50年のこの家はすきま風だらけとはいえ、まだ数10年は住めそうだから贅沢はいえない。

最後に3月までの薪に雪用のカバーをして、ふたりしてけっこう充実した一日を過ごした気分になれた。
R0013776.JPG
R0013775.JPG
R0013773.JPG

タグ:ナメコ

失敗したかも [キノコ]

R0013732.JPG

山は枯れ葉の絨毯が厚く積もって、そろそろブナの森も冬の支度が揃って来た。その割にここのところ気温が高くて、日中は日が出れば20度近くになったりする。もう11月も中旬だというのにどうしたことやら。「こんな年は雪がドサッと降る」なんていう人もいるけど、それじゃあ去年と同じことになる。

R0013734.JPG

ここ数日、アカチシオタケがチラホラと目につくようになった。もっと早い時期のキノコだったように思うけど、この陽気で出て来たのかもしれない。しかしいつものことだけど、GRD4のアップはピンが来ない。なにか使い方が悪いのかなぁ。

ところで山の帰りの急斜面で滑り降りるところでスピードが出過ぎてしまい、椿の枝を掴んだのはいいけど、そのままツルン!と宙に浮いてしまった。下は枯れ葉が積もっているとはいえ、運悪く背中からいやな落ち方をしてしまい、しばし悶絶。

肋骨は何度か折っているので、その時の感覚が蘇る。幸い歩いて帰るには問題はなかったけど、どうやら肋骨が折れた(ヒビかも)みたい。カメラを壊したり、手に持っていた斧で怪我をするようなことがなかったのは良かったけど、参った。

相棒には「もう雨の日は山に行っちゃだめっ!」って起こられた。(^^;