So-net無料ブログ作成

新潟第一酒造 [お酒]

DSC_8447.jpg


先日のサイクリングではお隣の上越市に向かったけど、新潟には130あまりの酒蔵があるらしく、この日も新潟第一酒造という酒蔵があった。上越といえば私たちは「雪中梅」が大好きで、コースをちょっと外れればそこにも行けたけど、一升瓶を抱えて走るわけにもいかないので諦めた。

ところでこの第一酒造という酒蔵は若い社長さんが頑張っているらしく、私は飲んだことがないけど「山間(やんま)」というお酒がなかなか買えないほど評判らしい。山間の棚田で採れる酒米を、地元の伏流水を使って作っているようだが、機会があれば口にしてみたいものだ。
タグ:お酒
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

メキシコのビール [お酒]

L9998257.jpg

相棒が「安かったから」と、メキシコのビールを買ってきた。こんなラベルだし、なかなか手を出す人がいなかったのか100円の値札が付いている。おまけに「Day of The Dead Beer」「Immmortal Beloved」「DEATH BECOMES YOU」なんて書いてある。でも味の方は日本製のさっぱりとは違うけど、案外いけている。まとめて買っても良かったかも。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ムカデだとぉ! [お酒]

R0014993.JPG

相棒がこんな岐阜のお酒を買ってきた。「別拵(べつこしらえ)」とあるくらいだから、ちょっと気合を入れて作られているんだろう。しかも精米度65%の純米だ。それなりに旨い酒だと誰もが思うんじゃないだろうか。

ラベルも和紙を使って、墨で書いたような立派な雰囲気。でもねぇ、ムカデですよ、ムカデ。ラベルもムカデなら名前も無風(むかぜ?・・・じゃなくてムカデと読む)。ムカデといえば立派な毒虫。すがたかたちもあまり好きな人はいないだろう。まぁ、ペット屋さんで売ってはいるけどね。

で、「こんな風態なのに味は凄いよ!」って言うなら許そう。偉そうだね。(^^;
でもねぇ、味の方は「う〜〜ん」って感じ。
個人差があるので、これが好きな人もいるだろうけど。
まあ安いらしいのでそれは取り柄かな。純米だしね。

ちなみに裏には「毒虫の名を冠した酒も、意外といいヤツに違いない」と書いてある。
あなたのあ判定はいかに?
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

利酒イベントへ [お酒]

L9997255.jpg

今日は隣町で「酒の陣」という新潟の酒蔵60社が集まる利酒のイベントがあり、相棒とふたりして出かけて来た。新潟には100を優に越える酒蔵があるが、なかなかこうした利酒ができる機会がないので、今回はけっこう有意義なイベントだった。

で、なにが良かったかを書いていないことに気が付いた。いくつか例を挙げれば、同じ酒蔵、同じ酒名での飲み比べ(純米、本醸造、純米吟醸、吟醸、純米吟醸、大吟醸)、酒蔵の違う大吟醸の飲み比べ、違う酒蔵で純吟の飲み比べ、同じ酒蔵で違う酒名の純米酒の飲み比べなどなど。もっとも全部いちいち飲んでいるとあっという間に酔っぱらってしまうので、好みじゃないお酒は飲まずにすませてしまう。

おもしろいのは同じ銘柄でひとつが旨い酒は、他の酒も旨い場合と、有名ブランドは旨いけど、純米や本醸造は全然美味しくない酒など、酒蔵によっていろいろ方針があるんだろうなぁと想像できるところ。まあ商売でやっているわけで、地域性やいろいろなことが影響しているんだろう。
L9997261.jpg

相棒はあちこちの酒を飲み歩き、ほとんど利酒というよりも飲み屋に来ている気分だったようで、すっかり酔っぱらって帰って来た。それでも人に聞かれたときに自分が自信を持って勧められるお酒は確認して来たようだ。

ところでこの写真を撮ったのはゾンネタールというレンズだけど、先日宮崎さんにピンを調整して頂いた。おかげで無限も出るようになり、近接でもしっかりピンが出るようになった。

でも送り返された荷物の中に、35ミリのf1.4レンズ(APOQUARIA-G1.4/35)のインフォメーションがあり、開放からf2.4の近接で特に良さが発揮されるらしく、これも興味津々。どんなレンズになるのか大まかなアウトラインは聞いたけど、4群6枚8面マルチコートで、どうやらこれもクセ玉のようで楽しみだ。年内には発売され、今回は500本くらいの生産数らしい。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久々の日本酒 [お酒]

R0013469.JPG

お盆からこっち、急に夏が終わってすっかり「秋の長雨」になってしまった。気温もせいぜいが22度くらいで過ごしやすいし、畑の水やりをしなくてもすむのは有り難いけど、こう雨が続くとちょっと困る。

涼しくなったこともあって、一昨日は久しぶりに日本酒をいただいた。出羽桜の吟醸酒。小さく「桜花」と書いてあるけど、この名前はつい特攻を連想してしまうのはやはり年寄りかな。

出羽桜は美味しいお酒というのはわかっているけど、このお酒は初めて口にするお酒。日本酒独特というか麹の匂いが気にならないので、日本酒を敬遠している人にも飲みやすいんじゃないだろうか。

辛口なんだろうけど、ほのかに甘い口当たりのいいお酒で、べたべたしたところがないのでつまみの味も引き立って、食べながら飲む自分にはぴったりでした。ついつい酒量が増えてしまいましたが、電話が入って打ち上げに呼ばれてすっかり酔っぱらって深夜に帰って来ました。
R0013470.JPG

そうそう、先日採って来たトンビマイタケ。少し歯応えがあるのですが、キノコご飯にしてもらったらかなりいい感じ。コウタケとはいわないけど、このキノコもなかなか美味しいです。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久保田の生原酒 [お酒]

R0013194.JPG

5月も中旬になり、お酒よりもビールといった雰囲気の今日この頃、相棒が珍しく日本酒を買って来ました。

新潟の久保田と言えば日本酒が好きな人なら知らない者はないほどの名酒(知名度)ですが、私はどうも縁がなくて今まで口にしたことがありません。だいたいファンの多い「越の寒梅」もあまり旨い酒とは感じないので、名酒を飲んだり味について云々する資格は疑わしいことは最初にお断わりしておきます。

その名酒久保田の生原酒は、ネットで調べてみると冬だけの限定商品らしい。それが5月の中旬になろうとしている今、どうして手に入ったのかは不思議なところだが、酒屋では入荷した8本(?)はあっという間に売り切れて、最後の1本だったらしい。

近年脚光を浴びている地酒の多くは、無濾過で無加水(原酒)でかつ生酒か、あるいは生酒を瓶詰めし、その後に瓶のまま加熱殺菌するタイプが多いらしい。まあこういうのも流行廃りがあるので、「これだから旨い」なんてことは絶対にいえないとは思うのですが。

ともあれ、多くの人が旨いという久保田の生原酒なので、まずいことはないはずと口にしてみた。封を切ったときの香はあまりピンと来ない・・・けど、辛口の酒ですがひとくち口にすればどっしりとした濃厚な甘味(旨味とは違うような・・・)が感じられる。しかしこれが味わい深く旨い酒かといわれると、自分としてはちょっと首をひねる。

2口、3口と飲むと今度は辛口の酒といわれるだけあって、「ああ、確かに辛口だなぁ」と感じて来る。ところがこの辛口、自分にとっては酒が進まないタイプの辛口で、どうもすっきりしない。

「生原酒」のコクというか、雑味というのかをこの辺りで強引に強調しているような感じがする。この点は相棒も同様のようで、2杯3杯と続かずに「コップに半分でいいや」となってしまう。

原酒や生酒には特有の風味があるが、だからといって酒が進まないということはないのだが、この久保田の生原酒は2本目はないし、たぶん久保田を手にすることもなさそうだ。

この内容には反論のある方もいるかと思いますが、なにぶん酒の味などわからない私個人の感想なので穏便にお願いいたします。(^^;
タグ:お酒
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

毎日お酒(^^) [お酒]

R0012222.jpg

引っ越しをして最初に飲んだのが、相棒がお義父さんから誕生日祝いにもらった「加賀鳶 純米大吟醸 藍」というお酒。大吟醸とつけば美味しくないお酒はまずないと考えていいけど、そこはやはり好みが出て来るのでとても楽しみ。

飲み口は当然米を磨いた純米大吟醸。スッキリ系の辛口で、これはこれで好きな人がいるだろうが、どうも私達には物足りない。ワインで言えばフルボディ気味が好みの私達には、大吟醸よりは本醸造のほうが合っているのかもしれないけど、単純にそうとはいい切れないのがお酒の面白いところ。旨いと感じる大吟醸には研ぎすまされた旨味があるのが堪らない。
R0012230.jpg

こちらは前にも出たかもしれないけど、十日町の「天神囃子 特別本醸造」。この天神囃子は少し甘みを感じる美味しいお酒。美味しいと言ってももちろん大吟醸とは比べられないけど、そこは本醸造で仕方がない。

大好きな「雪中梅」もちょっと甘口というか、旨口?旨口といえば、以前お酒を買うときに「八海山のようなちょっと甘口のお酒が欲しい」といって、「八海山は辛口ですよ」と笑われたことがある。(^^; 

八海山は辛口のお酒なんだけど、そこに米の甘さというか、旨味があるのがいいんだけど、昔はそういうことをいえず、「うまい」、「好みと違う」、「まずい」の違いくらいしかわからなかったのでしかたがない。

しかし新潟のお酒はやっぱり美味しいなぁ。あっ、これだと石川県のお酒が美味しくないと言っているように取れるかもしれないけど、石川にも菊姫、手取川、天狗舞などなど、美味しいお酒がたくさんあります。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久しぶりに日本酒で晩酌 [お酒]

ここのところビールやワインが多かったけど、お刺身を買って来たこともあって、昨夜は久しぶりに日本酒で晩餐。お酒は新潟の天神囃子の純米吟醸。初めてのお酒です。
R0012024.JPG

”天神囃子”は元々は稲作豊穣を祈願する祝い唄ですが、その名をつけたこのお酒は新潟県十日町の魚沼酒蔵のもの。以前十日町に行った帰りに、飲み比べをさせてもらって買って来ました。酒米「越淡麗」100%使用で、その酒米を50%まで精米して、豪雪地十日町の厳しい寒さの中、ゆっくりと低温発酵させたお酒らしい。

口を開けてグラスに注ぐと、ちょっと香が少ない感じ。最初の印象は「あっさりした端麗の辛口かな?」と思ったが、口に含むとかなり甘口。それでいてべったりしたところがなくて、けっこう上品な感じでつまみの味を損なわないし、お酒自体の味もしっかり楽しめる美味しいお酒でした。冷やしてもあまり苦みを感じませんが、少し冷やしたくらいが美味しい気がします。辛口のお酒が好みの人には合わないかもしれないけど、一般的な甘口のお酒とはちょっと違う、お勧めの1本です。
R0012027.JPG

つまみは先日採って来たヤナギマツタケを、ヒラタケと一緒にマリネを作ってもらった。しっかりしたヤナギマツタケはマリネにもピッタリ。あっという間に食べてしまいました。
タグ:お酒
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お酒を頂いた [お酒]

R0011877.jpg

ここのところ写真を撮っていないので、ブログに出す写真がない。というか、ちょっとバタバタしているので落ち着いて遊んでいる気分になれないというのが大きいのかもしれない。そんななか先日相棒がお酒を頂いた。

「純米大吟醸 大洋盛」とあるが、桐の箱に入ったちょっと高そうなお酒だけど、私は知らない銘柄。新潟には高品質の逸品を醸し出す無名の蔵元がいくつもあり、酒蔵の数はゆうに100を越える。

このお酒は「たいようさかり」と読むらしく、新潟は村上のお酒だが、新潟の純米大吟醸となれば美味しくないなんてことは考えられないけど、どんなお酒なのか飲むのが楽しみだ。ところで美味しそうな日本酒はやっぱり「おさけ」といいたくなりますね。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

代わり映えのしない食卓 [お酒]

恐れていた事態が・・・。
実はウニを送って頂いたときに、「もしかしたら2つ届くかも。お店と猟師さんの両方に頼んだから」とメールがあったような。
あの量が再度到着したら、はっきり言って無理ですと思っていたのですが、どうやらそれが現実に。今日は不在でしたが、明日には届きそう。もし同じ量だったら、そのままのみ屋さんにもって行くしかないかも。(^^;
しかし、こういう好意はありがたいけど、冷蔵庫にも入らないし、ちょっと困るかも。これも贅沢な悩みだとは思うのですが・・・。

R0011885.JPG

皆さんには怒られそうだけど、ここのところウニ三昧の日々。昨夜もウニで日本酒を頂き、ご飯はウニ丼。相棒はそれでも終始ニコニコしながら嬉しそうに食べているのを見ると、ほんとにウニが大好きなんだなぁと感心する。
R0011888.JPG

お酒は山形の「初孫 一徹生もと(はつまご いってつきもと)」を選んでみた。初孫は美味しいお酒だったように思うけど、これはちょっと傾向が違う感じ。あまり冷やさないで、ちょっと室温に馴染んでからの方がコクが出るかもしれない。あまりクセのないお酒だけど、個性にはちょっと欠けるかも。
R0011890.JPG

ウニは相棒がお弁当に持って行き、やっと今晩ウニ丼をやればなくなりそう。一番上の写真の量で、たぶん市販のウニ3つ分くらいあるので、ほんとに思いっきり食べた。殻付きを自分でさばいたのもあるけど、生臭さもないし、市販品のように容器の木の匂いもない。口の中でとろりと溶けて、甘さが広がるのはやっぱり美味しい。
タグ:お酒
nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

晩酌は田友 [お酒]

R0011849.JPG

昨夜は相棒が休みだったので、以前新潟に行ったときに相棒のお祝いに買って来たお酒を開けることにした。淡の雫 田友(あわのしずく でんゆう)という純米吟醸の生原酒で、アルコール度は18度もあって日本酒としてはちょっと高め。

高の井酒造は小千谷市で昭和30年に創業。魚沼山脈の豊富な雪解け水が地下を伝わり出た軟水を使用し、柔らかくすっきりとした味わいとある。生原酒ということもあって、一口目は「ちょっと甘いかな?」と感じるが、口に残るような甘さではなくたしかにスッキリとした飲み心地。

度数が高いのでグイグイとは飲めないけど、つまみの味を損ねることなくふくよかな味わいは、ゆっくりと飲むにはピッタリと感じた。初めてのお酒だったけど、これはまた飲みたくなる良いお酒だと思う。
タグ:お酒
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

昨夜は日本酒で晩酌 [お酒]

昨日は天気が良かったので、相棒と自転車で15キロほど離れたところに長靴を見に行って来た。生憎希望のものが見つからなかったけど、いろいろな種類があることがわかって良かったかも。お昼はふたりでうどん。さっぱりした味が暑さをしばし忘れさせてくれた。
L9995102.jpg

夜は釣りキャンプのお土産のイワナを使って、イワナご飯を作ってもらった。炭火でイワナを焼きたいところだけど、そこはちょっと簡単にガスを使ってしまったけど、ご飯は炊飯器ではなく土鍋を使ってみた。

例によって写真がなくて相棒に怒られたけど、臭みは全くなくてイワナのふくよかなうまみたっぷりのご飯でした。似たような魚にヤマメがあるけど、ヤマメだとここまでのふくよかな旨味が出ない印象がある。それにワサビの茎の醤油漬けもピリリと良い感じ。
L9995117.jpg

これはやっぱり日本酒でしょう。ということで相棒が買って来たのが初めてのお酒、岩手県の「あさ開 南部杜氏熟練純米酒」。1,000円程度の安いお酒だけど、どうかなって感じで選んできたようです。

味をうんぬんするほどお酒の味がわかる訳じゃないけど、お酒に関しては私と相棒の好みはだいたい一致する。このお酒は辛口に属すると思うけど、口に含んだときはすっきりとした辛口の雰囲気はあるものの、味は淡白と言うかうまみが少ない感じ。飲んだ後の香も物足りない。純米酒だからこんな感じなのかな。

良くいえばすっきりして喉越し爽やか?つまみの美味さを活かすというよりも、どちらかといえば口の中を洗い流すアルコールのような感じ。値段を考えればこんなものかもしれないけど、味の好みとしてはふたりとも「次はないね」という感じでした。まあ安い酒を選んで全てを語ることはできないので、他のお酒は美味しいのかもしれません。

そうそう、先日相棒がヤナギマツタケの株を見つけました。この時期に出るのは初めと思っていたら、過去に6月末にでていました。ちょっと気が付くのが遅くて、この長雨ですっかりダメになっていたのが残念。

秋に出る頃にはもうここにいないだろうからちょっと残念ですが、相棒の話しではキノコの出る切り株の回りには除草剤がまかれたらしいので、どっちにしてももう食べるのは無理そう。おいしいキノコなんだけどなぁ。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久しぶりの日本酒 [お酒]

R0011437.JPG

楯野川 純米大吟醸 美山錦 中取り

山形県内には約55の酒蔵があり、その土地ならではの気候風土を生かした日本酒が製造されているらしい。楯の川酒造は冬でも氷点下になることのない日本海側の酒田市に位置し、創業は1832年で180年の歴史がある。酒米は50%精米。

昨日の夜は久しぶりに日本酒。飲むのは初めての純米大吟醸・楯野川です。香りは程よく感じますが、つまみのじゃまになるようなものではなく、うまみがしっかり味わえます。ちょっと甘みを感じますが、料理に合わせやすいお酒のように思えました。純米大吟醸なので当然といえば当然かもしれませんが、とても美味しいお酒でした。これはまた買って来ることになりそうです。
タグ:お酒
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

明けましておめでとうございます [お酒]

新年明けましておめでとうございます。
川越の新年は快晴で、日差しも温かい元旦となりました。
R00108626.0.jpg

年越しは上の写真の獺祭の一升瓶と刺身などを買い込んで、除夜の鐘を聞きながら、鍋を囲み過ごしました。
R00108676.0.jpg

元旦の朝はいつものお重でおせちを摘み、軽くお酒を飲んで一眠り。といってもウトウト程度で、昼前からはふたりでロードに乗って20キロほど離れたところにある岩殿山に初詣をしてきました。
R00108716.0.jpg

相棒は鐘をついて新年早々にはしゃぎ回っていましたが、今年もこうして楽しく過ごせれば一番です。皆様のお正月はどんななんでしょうね。ともかく、今年も一年よろしくお願いいたします。
タグ:お酒 GRD4
nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

夜には雪になる? [お酒]

L9993732.jpg

今日の関東平野は山沿いではけっこうな積雪になるらしい。いよいよ本格的な冬が到来かもしれない。この辺りではまだ降っても雨らしいが、気温はだいぶ下がって来た。

R0010754.JPG

今日は寒くなったので晩酌はお燗。お酒は10月から3月までの限定で、精米歩合が50%の、お燗専用の獺祭(だっさい)。山口県岩国市の旭酒造のお酒だけど、獺(かわうそ)という字は難しくて、最初は読めなかった。40度くらいに暖めて飲むのがお勧めらしい。飲み口は、ほんのりと甘味を感じますが、べたつくような感じはなくてすっきりしているのは精米の高さでしょうか。そろそろお燗の季節ですね。うちでも鍋が多くなりそうです。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

夕食 [お酒]

R00103686.0.jpg
松代の夕食は2晩とも秋のお馴染み、キノコ鍋。キノコはほとんど採れなかったのですが、今回は初めてのキノコ、スッポンタケが採れました。カサの部分はグレバと呼ばれますが、これはちょっと癖のある臭いが強いので、見つけたらすぐに外してしまい、白いスポンジ状の茎の部分を食べます。

87.jpg
スッポンタケ

中は中空ですが、歯応えはシャキシャキと良く、味も良く染み込みます。生の状態ではちょっと嫌な匂いがありますが、鍋にすると全く匂いは気になりません。とてもおいしいキノコでした。

R00103706.0.jpg
初日のお酒は今回も「酒匠 三笠屋」で買ってきた、新潟・妙高市の本醸造「ひやおろし 千代の光」。アルコール度15.5%、精米歩合54%。ラベルには本物のもみじが漉き込まれていました。

ひやおろしとは、寒い冬に仕込んだお酒が貯蔵され、夏を越えて熟成されますが、気温が上るとお酒が劣化する可能性がありました。秋口になると冷たい風が吹き始め、冷えた貯蔵酒が出荷できるようになりますが、これを「冷や卸し」と言ったそうです。

今では寒仕込みの新酒が夏までの熟成期間を経て飲み頃になったお酒を蔵出しする秋のお酒をさすようになったようです。味のほうはスッキリとしているのかもしれませんが、ちょっと日本酒のコク、味が物足りない感じで、私達にはいまひとつ。そのぶん食事をしながらとか、つまみを楽しみながら飲むには良いかもしれません。

越後で候.jpg
2日目のお酒は八海醸造から冬季限定で発売される、しぼりたて原酒「八海山 越後で候」青ラベルで、精米歩合60% アルコール度19という強いお酒です。年に1度12月限定で発売される純米吟醸の赤ラベルもあるので、タイミングが合えば赤も飲んでみたいです。

赤ラベルは純米吟醸ですが、精米歩合50%なので、純米大吟醸に近いのかもしれません。青ラベルは精米歩合60%なので吟醸に匹敵する造りでしょうか。今回飲んだ青ラベルは八海山らしいスキッと辛口なのかもしれませんが、私には吟醸のようなコクがあり、それでいてしつこくない味わい深いお酒と感じました。次は一升瓶で買いたいお酒でした。
R00103786.0.jpg
タグ:お酒 GRD4
コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

魚沼で候 [お酒]

R0010329.jpg
今回の宿は松代で100年以上続く旅館で素泊まりだったけど、松代に行くといつもおじゃまするのが、「酒匠 三笠屋(http://echigo-matsudai.shop-pro.jp/?mode=f4)」。ちょっと拘りのお店らしく、日本酒だけでなく、焼酎、ワイン、ビールと少量が置いてあるけど、どれも良い感じのお酒ばかり。知らないお酒もあるけど今回は10月に発売されたばかりという、「魚沼で候」という純米酒を選んでみました。

酒蔵はコシヒカリで有名な魚沼の八海醸造ですが、魚沼地域限定販売で地方発送もネット販売もないらしい。味のほうは純米酒らしくしっかりとした味がありながらも、スッキリとした飲み心地。美味しくてあっという間に飲んでしまいました。
R0010333.jpg
それと今回はキノコ探しの途中でアケビを見つけ、ちょっと登って鉈でエイヤッと落として来ました。相棒はアケビのおいしい料理を聞いて来たらしく、それにトライするようです。食べるのが楽しみです。 
タグ:松代 GRD4
コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

元旦 [お酒]

0663.jpg
今朝は7時過ぎに相棒が腹を減らして目を覚ましたので、お正月用に用意したおせちを並べた。お酒は獺祭(だっさい)の純米吟醸・磨き五割という初めてのお酒。「獺」というのはわからないので調べたら「かわうそ」のことらしい。
ゆり.jpg
おせちを食べてのんびりしたら、近くに初詣に。川越には徳川家光や春日局で有名な川越大師・喜多院があるけど、大変な人出なので元旦に出かけたことがない。お参りに行き帰りにカショカショしてみた。午後は相棒がお汁粉を作ってくれている。甘いものが大好きな私はとても楽しみ。
コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

酔鯨 [お酒]

4753.jpg
今日は久しぶりに相棒とゆっくり時間をすごこすことが出来た。とはいえ、仕事が終わってから夜にかけてのことなので。夕食の時間でということになる。お酒を飲むのも私の場合は久しぶりなので、今日は日本酒を買って来た。やっぱり寒くなると日本酒がいいですね。この場合は「お酒」と呼びたくなります。

土佐の酔鯨は好きなお酒の1つ。程好い吟醸香で、きりっと引き締まった豪快な旨みと含み香が融合し、酔鯨特有の味を引き締め、料理を引き立てる食中酒に仕上がっている。

明日からは相棒が連休なので、久しぶりに温泉に行って来ます。国民保養温泉地のひとつで、 江戸時代から湯治場として栄えてきた鹿教湯温泉の河鹿荘。温めの混浴らしい。温泉旅行はほんとに久しぶりなので、お酒を持ってゆっくりして来ようと思っています。


タグ:お酒
コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

今年のミョウガ [お酒]

Image238.jpg
今年は雨が少ないためなのか、うちのミョウガはサッパリ芽を出してくれなかったが、やっと少しだけ収穫できた。でもみんな小さくて細くて、立派なものは1つも出て来ない。
Image242.jpg
とはいえ、香のいいミョウガが採れたので、キュウリとミョウガで和え物を作ってもらおう。お酒は八海山の夏限定特別純米原酒を買って来た。
Image241.jpg
今回の写真は携帯写真なので、大きくなりません。

タグ:お酒
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヤマモモ酒と梅酒 [お酒]

Image231.jpg
昨日、うちの相棒がヤマモモと梅を漬けてくれた。去年は荒川で梅を採り、大家さんの庭からヤマモモをもらって来たけど、今年はヤマモモは大家さんのところで、梅はもらいもの。入れ物の瓶はちょっと欲張って8リットルと4リットルを用意してみた。どちらも美味しくなるといいなぁ(^^)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

朝ご飯 [お酒]

2748.jpg
全てヘクトール5センチ 開放

昨日の夜は採って来た山菜で食べ過ぎてしまい、ちょっとお腹が重いので今朝は山菜粥をつくってもらって、上にフキミソを乗せた。山菜はウド、ワラビがメイン。越後湯沢の駅には温泉があって、日本酒の利き酒などもできるけど、楽しみは「爆弾おにぎり」という、ソフトボールくらいのおにぎり。中の具はいろいろ選べるけど、そのフキミソが気に入っていた。でもやっぱり相棒に作ってもうフキミソが一番うまい。

今朝は雨なので薄暗いけど、こんな日はヘクトールの出番。なんともボケがいい感じで、私はとても好きなレンズ。ときどきズミルックス50ミリの古いレンズが欲しくなったりするけど、このヘクトールを使うと「やっぱりこれでいいや」と自分で納得できる。相棒に怒られたので、ここにあった台所写真は削除しました(^^;

27633.jpg
午後からはホットケーキのおいしい喫茶店に。あっという間に2枚をペロリと食べて来た。

2752.jpg

その後は新潟の宮尾酒造がつくる〆張鶴の純米吟醸を買ってきた。口に含んだときの香りも味もいいお勧めのお酒。ここには古いおちょこなども置いてあるので欲しいと思うけど、なかなか手にするには至らない。ちょっとおちょこでは物足りないんだよなぁ(^^;
2761.jpg

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

花見(^^)/ [お酒]

2318.jpg
ルサール20ミリ f8

昨日はうちの相棒の休みの日だったので、前から予定していた花見に出かけた。私の大好きな卵焼きを焼いてもらい、去年の春に採って来たタケノコとOちゃんにもらった「ふ」の煮物や、太い長ネギをお肉で包んで蒸し焼き(?)したもの、先日採って来たクコの芽を混ぜたおにぎり、その他いろいろを持って行った。

お酒はもちろん日本酒で、今回は山形の「出羽桜」の純米吟醸。このお酒もしっかりしてうまみがありいいお酒だ。「んまい!」すっかり酔っぱらってしまい、しばしその場でお昼寝して帰って来た。世の中、花見も自粛しろなんて声もあるけど、ささやかな花見の楽しみはこんなときこそ止めたくない。

近くの新河岸川の土手もすっかり満開だ。黄色い菜の花と、桜色が青空の下できれいだった。
2333.jpg
ルサール20ミリ f8

nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ワイングラス [お酒]

ワイングラス.jpg
ヘクトール50/2.5 f3.2

2週間ほど前に仕事で街を歩いているときに、綺麗なワイングラスを見つけたのだけど、時間とお財布の中身の余裕がなくて買い損ねてしまった。とても綺麗な形の切り子で、欲しくなって昨日また出かけて行ったのだけど、限定品だったようですでに売れてしまっていた。つくずく買い物は見つけたときに買わなければ手に入らないものだと思う。

それで目的のものとは違うけれど、綺麗な形で持って転がしたときのバランスがいいこのワイングラスを買って来た。安いものだけどなかなか気に入った形のグラスもないので、もらって来て正解だったと思う。ガラスが硬いのか、微かにぶつけると「チィ〜〜〜ン」といつまでも余韻が響いている。次の休日にはこのグラスで赤ワインだ。
タグ:ヘクトール
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大吟醸 手取川 吉田蔵 [お酒]

DSC_6192.JPG
うちの相棒はもちろん、私も日本酒が大好き。若い頃には「甘ったるい」とか「悪酔いする」と毛嫌いしていたけど、うまい酒を飲めるようになるとそれが勝手な思い込みだと気が付いた。その後うまい日本酒で悪酔いしたことはない。

相棒と飲めば五合瓶ではちょっと物足りないか、ちょうどいいくらい。うちの相棒は飲ませればたぶん一升瓶でも空けてしまうだろうけど、2人で飲めばそこまで飲むことはまずない。そんな相棒といつもの酒屋に行くと、見慣れないお酒があった。

「大吟醸 手取川 吉田蔵」とある。大吟醸なのに値段は普通酒並みなのが気になったけど、安くてうまいなら文句はない。味を見るつもりで買って来たけどこれが美味しい。大吟醸らしいすっきりとした味わいと、華やかでいてうるさくない香りは、そのままはもちろんどんな料理にも合いそうだ。いや、やっぱり一番合うのは素材の味を生かした日本料理だと思うけど。

石川県の吉田酒造、お勧めです。
タグ:お酒
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

うちの相棒 [お酒]

R0011331.jpg
飲む前はこんなんですけど・・・

うちの相棒は食べるのも好きだけど、飲むのも大好き。まあザルのように底なしって訳じゃないけど、女友達3人でワインを4本開けるなんてことはままありがちだ。もちろん他にビールを飲んだりもする。もちろん晩酌だってほとんど毎日。で、そこそこ強いので、なんとかなっている部分もあるんだけど、乗り過ごして歩いて来るとか、タクシーで帰るなんてものないことじゃない。変な酒じゃなくて楽しい酒だからまあ良いのだけれど。

R0011335.jpg
酔っぱらうとこうなります(^^;

こんな写真を使うとまた怒られるな(^^;
今年のクリスマスはいつできるかなぁ?今年はシャンパンをごちそうすることになっているので、やらない訳にも行かないし。でも相棒と飲んだり食べたりするのは、同じような嗜好ってのもあるけどやっぱり楽しい。いつまでもこうやって楽しい気分で過ごせるのは、とても良いことだと常々感じている。へへ、のろけになっちゃったね。まっいいか。(^^)/〜


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

忘年会のシーズン [お酒]

okama1.jpg
そろそろ巷では忘年会のシーズン真っ盛りだ。私はなかなか忘年会には参加できないけど、うちの相棒はもう何度かやってきている。数年前の友人の集まった忘年会は浅草でやったのだが、うちの相棒は変な人が好きで、この日はたまたま入った居酒屋にいたおかまのオネーさんとすっかり仲良くなってしまい、このとおり(^^; まっ、誰とでも仲良くなれるのは良いことだと思う。しかし酒を飲んでの失敗はいまのところほとんどないけど(全くないわけじゃない!)、そろそろ気をつけたほうが良いような気がする。
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

川越の飲み屋 [お酒]

Image173.jpg
地元の川越には残念ながら知る限りにおいて、うまい日本酒を飲ませるところがない。以前は七厘があったので迷うこともなかったのだが、事情があって移転してしまってからは、あちこち噂を聞きながら日本酒の美味い店を探して見た。しかし良い感じの飲み屋はいくつもあるのだが、美味い日本酒を適当な値段で美味しく飲ませると言うと見つからない。これは案外どこでも同じかもしれない。あるいは個人個人の好みという部分も大きく影響しているかもしれない。

31.jpg
<SWH15ミリ F4.5(開放)>

なので最近は外で飲む時はビールやワイン、決まった日本酒というパターンになることが多い。しかしそんな川越でも悪いことばかりでもなく、ビールが美味い店やワインが美味い店はちゃんとある。ここもいろいろなビールが置いてあり、この日はイギリスのビールを飲んで来た。でもちょっと好みと外れていて、えびすの黒でハーフ&ハーフを飲んで来てしまった(^^;
nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヤマモモ酒 [お酒]

R0012279.jpg
6月の末に仕込んだヤマモモ酒。そろそろ3ヶ月なのでできたかと思って、仕事も落ち着いたのでちょっとだけ飲んでみた。色はきれいなロゼカラー。香りも良い感じでうまくできているけど、まだちょっと早かったようでアルコールがきつい感じ。もう何週間か後のほうが良さそうだ。クリスマスの頃にはバッチリおいしいヤマモモ酒になっているだろう。楽しみ(^^) それにしてももう10月だなんて、今年もあと3ヶ月。早いものだなぁ。
nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

コルクの木 [お酒]

コルクの木.jpg
先日は山梨に走りに行ってきましたが、山梨と言えばワイン。サントリーやら、サッポロやら、マンズ、メルシャンなどなど、大小あわせて100前後のワイナリーが存在する。その中で甲府駅に近いサントネージュに見学に立ち寄ったら、コルクの木が植えてあった。実をいえば、コルクが木の樹皮という事は知っていたが、実物を見るのは初めてだった。

説明によれば「コルクはおもにポルトガルに生息するコルク樫(ブナ科の常緑樹)の樹皮で、植樹後25年から30年で最初の剥皮を行い、新しい樹皮が再生される約9年後に2回目の剥皮を行い、それ以降も樹齢が約200年に至るまで、9年おきに剥皮を繰り返す」ということだった。樹皮を丸ごと剥がされても、それがまた再生するというのはすごいことだ。普通の木ならばそれで枯れてしまうだろうに。
コルク.jpg
しかし最近のワインはけっこうプラスチックの栓が付いているのがちょっとさみしい。開けたときにコルクの栓を持ってちょっと香りを確かめるけど、なんだかまがい物のような雰囲気があるって思いませんか?もちろん私達が飲むワインなんて、安いものばかりだからよけいにそうなんですけど。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行