So-net無料ブログ作成

ヨゼフ・クーデルカ写真展 [写真]

上海狂人さまに教えて頂きましたが、ヨゼフ・クーデルカの写真展が東京であるそうです。
今回展示の「プラハ1968」は、ルーマニアでの取材を終えた1968年8月21日に、プラハに帰郷した際におこった「チェコ事件」をドキュメントした作品だそうです。興味のある方はぜひ。

http://www.syabi.com/contents/exhibition/index-1353.html



ジョセフ・クーデルカ プラハ1968

-この写真を一度として見ることのなかった両親に捧げる-


東京都写真美術館
〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
Tel.03-3280-0099
会期: 2011年5月14日 (土)~7月18日 (月・祝)
休館日:毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
料 金:一般 800(640)円/学生 700(560)円/中高生・65歳以上 600(480)円

レクチャー:ホリー・ペトル(チェコセンター所長)
2011年6月12日(日) 14:00~15:30
ホリー・ペトル氏を迎えてプラハの街の歴史、魅力、チェコ人気質などについて幅広くお話していただきます。
会場:東京都写真美術館 2階ラウンジ
対象:ロビーで開催いたしますので、どなたでもご参加できます。
着席:約50名の方には着席できるよう椅子をご用意いたします。
開場:13:45より、自由席。


対談:小森香子(詩人)×小森陽一(日本文学者)
2011年5月21日(土) 14:00~15:30
本展覧会カタログにもご執筆いただいた小森陽一氏は1965 年(当時12歳)までプラハで暮らしていらっしゃいました。チェコ事件の印象と日本人はそれをどう受け止めたかを、共にこの街で生活した母・小森香子さんと対談していただきます。
会場:東京都写真美術館 2階ラウンジ
対象:ロビーで開催いたしますので、どなたでもご参加できます。
着席:約50名の方には着席できるよう椅子をご用意いたします。
開場:13:45より、自由席。

写真が水をかぶったときの対処法について [写真]

いつのまにか4月になり、エープリルフールもすっかり忘れていた。でも少しづつ今まで通りの生活に戻るようにしよう。桜も一気に開きそうだ。

フジフィルムのサイトに「写真プリントや記録メディアが水などをかぶったときの対処法について」がでています。フィルムからプリントした写真は(デジタルはわかりません)、ある程度復元できる可能性があるようです。

また現像済の「ネガフィルム」が見つかった場合には、次のように書いてありました。
「水や泥をかぶっていても決して捨てずに大事に保管されることをお勧めします。「ネガフィルム」の本体(ベース)はプラスチック樹脂なので、「写真プリント」の紙よりも丈夫です。また必ずネガケース(半透明の保護袋)に入っているので、損傷が少ない可能性があり、再び写真プリントの作成ができます」。

詳しくはこちらのアドレスをどうぞ。
http://fujifilm.jp/information/articlead_0094.html

ツクシ.jpg
ルサール20ミリ f8

先日、仕事で秩父方面に行ったときにフキノトウを探してみたけど、もうすっかりトウが立っているものばかり。かわりにツクシが針山のように伸びていた。こちらでも桜が咲き始め、今日はあちこちで花見をしているグループが目立った。温かくなると気持ちも少し弾んで来る。(^^)


原発の全電源喪失、米は30年前に想定。一方、原子力安全委員会は90年、原発の安全設計審査指針を決定した際、「長期間にわたる全交流動力電源喪失は、送電線の復旧又(また)は非常用交流電源設備の修復が期待できるので考慮する必要はない」とする考え方を示した。
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103300512.html

今回の福島原発事故について、武田教授がわかりやすく現状説明しています。これを見ると決して楽観していい状況ではないですが、一読をお勧めします。
http://takedanet.com/
タグ:ルサール

ありがとうございました [写真]

半年前から始めた、私のとりとめのないブログをご覧頂いた皆さん、コメントをいろいろ頂きましてありがとうございました。コメントを頂くことで励みになり、なんとか飽きずに続けられました。

ところで今年の最後に、皆さんに私からのプレゼントです。といってもただの情報なのでもうご存知の方も多いかもしれませんが、私は全く知りませんでした。

たまたま出逢ったこのブログ、VIVIAN MAIER という女性が写した写真を次々にアップしているのですが、二眼レフでストリートフォトを撮り続けたVIVIAN MAIERの(全く無名というか、作品発表をしていないどころか、写した写真を現像もせずに溜めてあった?ようです)素晴しい写真です。

スナップ好きな人は気に入ると思うと同時に、考えさせられることもあるかもしれません。

http://vivianmaier.blogspot.com/

それでは良いお年をお迎えください。

心霊写真? [写真]

R0012370.jpg
昔から心霊写真とか、変なものが写っている写真と言うものが一部で話題になったりしている。ときには「へ〜」と驚いたり、「これのどこが・・・?」なんてこともあって、それなりに楽しめる。
0012370.jpg
この赤丸も見ようによっては・・・

私の場合はそうした写真はこれまでに2度写ったことがあり、どちらの写真もいつのまにか手元になくなってしまったが、ひとつは伊豆の天城トンネルで写した写真の1枚に、煙のようなものが写っていたのと、もう1枚は場所は忘れたが(華厳の滝だったかな?)、滝の岩肌に狸に見えるものが写っていたこと。世の中には変なものが写るタイミングと言うのがあるのかもしれないと思えば、それもまた興味深い。

世の中には「忌み地」として嫌われている地域もあるし、そうした地域には変わった地名が付けられていることも多い。今回の写真はそうしたものとはまったく関係がないと思うけど、続けて写している写真のなかにこの1枚があった。辺りの水蒸気にストロボの光がなぜか写ってしまったのだろうけど、すぐ次の写真にも、前の写真にも変化はないのが不思議なところ。

まっ、たまにはこういうのも面白いかもしれない。

そういえば、実は私は鬼を見たことがあるんです。生きているものではないのですが、そんな話しを聞きたい人はいるのかなぁ?もったいぶるんじゃなくて、シンプルな話しなので書けばすぐに終わってしまうのですが、けっこうこういう話しってうさん臭いし、普通は狂言癖みたいに感じるだろうから、他人には口外しないことだと思うのですが。

ところでこの記事だけ、コメント数が「1」から動かないのはどうしてだろう?もう3日もコメントが入っているし、これよりも新しい記事には反映しているのに?こんなタイトルにしたせいかな?

今日になって(30日)カウントされました。ずいぶん遅れるなぁ。