So-net無料ブログ作成
検索選択

春の兆し・・・かな? [田舎暮らし]

L9997986j.jpg

雪が降れば気分が「まだ浮かれるなよ」となるのに、日が差した途端にウキウキと「もう春だぁ」となるのが面白い。

今日は冷え込んだけど朝から快晴。バイトを済ませてすぐに外の薪を少し家の中に運び込み、雪よけの窓のはめ板を外した。部屋の中が一気に明るくなる。玄関先の雪よけシートも一部外し、雪で崩れた薪棚も少し手直しした。こんな雑用をすませるだけで春の準備をしているようで気持ちが明るくなる。

昔、雪に埋もれている時期には精神的に参ってしまう人もいたと耳にするけど、その気持ちはよくわかる。反面、まだ雪や冷たい雨に凍える日があるはずなのに、屋根の雪がなくなるだけで家の中のドアも気分も軽くなる。

雑用を済ませた午後の一息、日差しが台所に差し込む。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

影絵 [田舎暮らし]

L9997977.jpg

今日は珍しく日が暮れてから普段歩かないところを歩いた。とある家の前に来ると明かりが漏れてくるところにウサギが飛び出した。と思ったら、よく見ればウサギではなく鯉のようだ。

ここは古いいなか町なので、もともとは囲炉裏のあった家も多い。アワやヒエを石臼で粉にして餅にし、囲炉裏で焼いて食べた昔(と言ってもほんの3〜40年前だろう)は、どちらも一年を通して生活必需品だったのだから、古い家に囲炉裏があっても何も不思議はない。

とはいえ、なかなかこんな影を目にする機会もなく、つい写真に写してきてしまった。その昔は、部屋の大きさに合わせて中央に細長い囲炉裏もあれば、1m半四方もある大きなもの、個人個人に鍋のようなサイズが並んだり、生活様式で囲炉裏の形も色々あったようだ。

この家がどんな囲炉裏なのか見てみたいものだけど、さすがに夜中に見知らぬ家を訪ねるわけにもいかないのが残念。それにしても今は囲炉裏があっても、板を渡したり畳にしていることが多いのに珍しいなぁ。
タグ:囲炉裏
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

夕闇までの一時 [田舎暮らし]

DSC_9975.jpg

さっきまで雪が降っていたのに、雲の切れ間から太陽の日が差した。夕闇が迫るほんのいっとき、正面の山が桃色に染まった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

まだ3月 [田舎暮らし]

DSC_9972.jpg

よくコメントを頂くmintonさんのブログの真似をしました(^^;

最近は日がさすことも多いし、暖かい日もあってうっかりするともう目の前に春があるような気になっている。浮かれていたけど気がつけばまだ3月。先日も一晩で30センチほど積もったし、この先もいきなり50センチ積もったって何も不思議はない。ここは雪国、しかも世界に名だたる豪雪地帯ってことを今しばらく忘れちゃいけないんだ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

近くの山でランチ [田舎暮らし]

170309_073855.jpg

今朝は早朝から日が差して、昨日の久しぶりの積雪が嘘のよう。後ろ髪を引かれるようにバイトに出たけど、バイト先でも「こんなにいい天気じゃ、外に行かないともったいないですねぇ」と言われ、帰ったらそそくさと支度をして出かけてきた。

R0014963.JPG

昨日は30センチほどの積雪だったので、今日は動物たちも動き回っていると思ったけど、意外とそうでもない感じ。でもしっかり兎を追っているキツネの足跡も見つかった。前回の狐だろう。

R0014967.JPG

前回までは座るような支度はしたけど、今日は少しゆっくりしたいと思い、シュラフ用のマットを持参。これなら横になってあたりを見ていられるので楽チン。カンジキを脱いでしまうとすぐに潜ってしまうので脱ぐわけにはいかないけど、横になって山を見ていると遠くの山を越えた雲が迫ってくるのも見えるし、風の動きも見えていい気分。昼過ぎからは曇ってしまったけど、雨や雪が降らなければこのまま昼寝をしたいくらい。

R0014974.JPG

今回もランチはラーメンとお餅。もう少し違うものも食べたいけど、まあそのうちに。フリーズドライは結構お値段がネックなんだよなぁ。最後にお茶を飲んでいるとみぞれになったので、残念ながら引き返してきた。今日も動物は鳥以外は目につかなかったけど、天気が良ければまた出かけて見よう。往復ランチ込みで3時間。なまった体にはちょうどいい感じ。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

どうして眉毛が伸びる?(^^; [その他]

子供の頃、年寄りはどうして眉毛が長く伸びている人が多いのか不思議だった。頭の毛がなくなっても、眉毛が伸びていて、おまけに鼻毛もボワボワ出ていたりする。

「あんな年寄りにはなるまい」と思いつつも、50を超えた頃から自分の眉毛もこれまでの倍以上も長くなってきて、時々ハサミで切らねばならなくなった。幸いまだ鼻毛がぼうぼう伸びるところまでは行ってないけど、これはどうしたことやら。

そんな疑問を相棒が解いてくれた。どうやら人の毛根は年をとるにしたがって、それまで遺伝子にしっかり記録されていた「あなたは髪の毛です」「あたなた眉毛だよ」という情報が壊れたり、間違って記録されてくるらしい。

そのせいで本来は長く伸びない眉毛も「あれ〜、自分は髪の毛だったっかなぁ?」と、生えている場所もわきまえず、「まっいいか、長いぶんには文句はないだろう」と思うかどうか知らないけど、どんどん伸びてしまうらしい。もちろん鼻毛も同様だ。

でも脇毛や下の毛、すね毛がぼうぼうと伸び続ける話は聞いたことがない(いたら教えてください)。勘違いする体毛は頭部に限られるんだろうか?そういえば恥ずかしながら耳毛も伸びるので、時々抜いてごまかしているのは内緒だ。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イエルカの薪ストーブ、小梅を発注 [薪ストーブ]

7ac92f0c2cc16346adf5bf61f430e3fd.jpg

今日は天気が良くて、相棒と近くのレストランでランチをして、あたりを散歩して帰ってきた。もうコートもいらないほど暖かくて、冬の気配はあたりに残る雪の壁ばかり、その壁もみるみる背を低くしている。

周りの人たちも嬉しいようで、散歩に出ている人が多い。そんな姿を見ているとここで生活していくのはとても贅沢なことだなぁと感じる。といってもこれは人によりけりで、こんな何もないところに住みたいなんてのはやっぱりちょっと変わっているんだろう。

自分たちはここでの生活が気に入っているから、季節の変化でさえ贅沢な気分になってしまう。今日はそんな贅沢三昧に輪をかけるように新たな薪ストーブを注文した。今も使っているけど、冬はガス代も節約できるし、暖かいし、調理はできるし、言うことなし。

KOUME  FOR  PAGE.jpg

注文したのは今使っているものと同じ、伊那のイエルカさんの手作りストーブで「小梅」というちょっと小型のもの。今のは「桃」という少し大きなものだけど、今回はゲストを迎える8畳間に使うのでオーブンも付いていない小型のものにした。

毎日使うわけでもないので、薪の消耗も気にしなくてすむだろう。我が家に迎えるのは5月になるけど、今回は煙突を自分で取り付けるつもりなので、その日曜大工も楽しみだ。
タグ:イエルカ
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行