So-net無料ブログ作成

ヘクトール [レンズ]

Hektor3.jpg
Hektor5センチ/F2.4はとてもお気に入りのレンズ。A型から外したものと、そうでないものを持っていたが、レンズを減らそうと無理矢理1本は手放した。ちょっと後悔もあるが、やはりレンズは少ないにこしたことはないという気持ちが強い。
で、Hektorだが、手放したA型から外したものは、コーティンングがあったので逆光には強かったが、ちょっと滲みが強かった気がする。もう1本はコーティングのないものだが、絞ったときのシャープさと、開けたときのボケの繋がりが気に入っている。

Hektor4.jpg
カラーフィルムのない時代のレンズなので、カラーではやはり色のクセがでてしまう。それもまた楽しいが、やはりモノクロで写すほうがこのレンズを活かせるのかもしれないとは思う。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 4

M

初めまして!
ご訪問&コメントありがとうございました。

川越にお住まいなんでしょうか?
クラシックカメラにモノクロフィルムを詰めて
一度ゆっくり散歩してみたいです
ブログの方もゆっくり拝見させて頂きます


by M (2010-06-15 22:46) 

Hekter

>M さま、コメントありがとうございます。
ジャンルも写真もメチャクチャで、申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

休日の川越は人も多く、なかなかゆっくり写真を撮る雰囲気ではないかもしれません。観光地なのでそれなりですが、機会があればぜひいらしてください。(^^)
by Hekter (2010-06-15 22:59) 

たびりん

うわ〜...
カラーフィルムのない時代のレンズなんて。。。

使ってみたい気がします。

私はこのなんともいえない哀愁漂う色、
ものすごーく好きですよ^^
by たびりん (2010-06-16 04:19) 

Hekter

>たびりん さま
コメントありがとうございました。私の持っているレンズはどうも1930年頃から1960年くらいまでのものが多くて、8割くらいはレンズ表面のコーティングもありません。なので哀愁漂うっていうのも当たっているのかも。気に入って頂いて嬉しいです。
by Hekter (2010-06-16 11:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0