So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

久しぶりに木樵の日 [田舎暮らし]

180604_122354.jpg


今日は休みで朝から天気もいいので、ずっと気になっていた昨年下ろしきれなかった薪を下ろしに行ってきた。と言っても全部降ろせるはずもなく、ノコギリと斧を持って枝を落としたり、運べるサイズに切ったり。

でも木陰で休んでいると風も山の木々も気持ちが良くて、疲れるのは確かだけどやっぱり田舎暮らしはいいなぁと痛感。まっ、いい季節ってのもあることは否定できないけど。でもこんな山の中でハンモックでも張って昼寝をしたら気持ちがよさそうだ。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 2

つくばね

いつも 楽しく拝見しています。
薪の調達大変ですね。楽しみでもあるのでしょうが。
杉の木なんかは直ぐに燃え尽きてしまうのでしょう
ね。近くにいないので、どうにもならないのですが、
私は杉山を持っていていくらでもあるのです。
独り言です。

by つくばね (2018-06-04 17:41) 

川越

>つくばねさま
楽しんでいただける方がいることはとても励みになります。ありがとうございます。

最初は杉などの針葉樹の薪よりも、長く燃える広葉樹の薪が欲しいと思っていましたが、すぐに火がついて一気に熱くなってくれる杉の木は、やっぱりありがたい薪です。特に寒い時にはすぐに暖かくなってくれるので、杉がないと困ります。薪の種類も目的に応じてですね。

薪作りは大変でもありますが、チェーンソーを使ったり、自分で歯を作ったノコギリを使ったり、斧の切れ味を楽しんだりと、楽しみでもあります。それに山の中での休息は本当にいいものです。都会にいた時にはわからなかった感覚です。

それにしても杉山があるとは羨ましい。多分こちらでも山を手放す人はいくらでもいると思うのですが、誰の持ち山かわからないのが問題です。まっ、自分の山でなくともなんとかなっているんですけどね。(^^;
by 川越 (2018-06-04 21:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。