So-net無料ブログ作成

釣りキャンプ [釣り]

P6240008s.jpg

土曜の夜から長野の鬼無里に釣りキャンプに行ってきた。毎年の楽しみにしているキャンプだけど、なかなかタイミングが合わないこともあって行けたり行けなかったり。でも今年は一度は諦めたけど、どうやら都合がついた。

P6240005s.jpg

初日は早朝から標高1,000m近い源流へ。自分も小さな岩魚をポツリポツリと釣りながら、4時間ほど経った時、前を釣っていた「信州の隠れ宿 まほろば」のご主人が「熊が出た!」とそっと一言。ここは熊の生活圏、私たちはそこで遊ばせてもらっているわけだから、彼らが主導権を持っている。昼まで釣ったこともあって、この日の釣りはここで終了。昼からはテントサイトに戻って酒盛りとなった。

当てはもちろん今日釣った天然イワナ。天然わさびと刺身に始まり、基本の塩焼き、岩魚ご飯に三つ葉を散らし、骨酒と、ついつい一升瓶も空になってしまった。

P6250021s.jpg

ところでこの源流。所々に貝の化石があるのを発見した。1つ2つあるのではなく、結構な大岩にも化石が見つかる。かつてはこの山も海底にあった現実と、人が入らない源流のちぐはぐさに不思議な感覚に陥った。

そういえば移住先の山の中でも化石を見つけたけど、その貝は海底3,000mと言う特殊な環境で生きていた貝だった。隣の温泉も海水が封じ込められたものらしいし、地球というのはどうもすごい活動をしているらしい。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 4

minton

これは見事な化石。
こちらにも鹿塩という場所があり、昔海底であったために南アルプスで塩が採れます。
地球は変わっていってるんだなって思いますね。
僕らは地球にとっては一瞬の塵ほどの時間しか生きていないんですよね。
by minton (2019-06-29 19:45) 

川越

>mintonさま
最近の雨でこちらでも蛍が飛び始めました。ズッキーニも採れ始めていよいよ夏の始まりです。

南アルプスで塩ですか。この化石といい、数万年単位での変化とはいえ、人の一生なんてそれに比べればあっという間ですね。まあそこまでいかなくても、振り返れば数十年単位の変化が本当に早く感じます。
by 川越 (2019-06-29 20:59) 

jet

化石見て、砂金掘りしたくなったです。
北海道では、ヒグマが怖くて掘りに行けなかったのです。
貯まっていそうな場所、何か所か見つけたのですが、、、、
by jet (2019-07-01 04:10) 

川越

> jetさま
なんと!お久しぶりです。「砂金堀」というフレーズに、もしや・・・とは思ったのですが、まさかコメントをいただけるとは思いませんでした。それにしても今度は九州とは。すっかり北海道に溶け込んでいるものと思っていました。阿蘇のあたりもいいところですが、生活環境は全く違うでしょうね。東京には時々出てくるのでしょうか?私もすでに東京にはいないのですが、もしもタイミングがあうようであれば、いつかどこかでお目にかかりたいと思ってます。
by 川越 (2019-07-01 09:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。