So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

釜川に釣り [釣り]

180702_121119.jpg

信濃川の支流、清津川に合流する釜川は、雨が降っても濁ることの少ない、雰囲気も良く水もきれいな川。もちろん渓流魚もいる。ここ2週間ばかり釣りをしてないけど、久しぶりにシェフに誘われて行ってみることにした。

信濃川が近いこともあって、ニジマス、ヤマメ、イワナが釣れるけど、とにかくこのカラッ梅雨と日照り続きで、さすがの釜川の水も平常時の半分以下。魚たちも岩の下に隠れて全く出てこない。

二人でじっくりやって1尾も釣れず。日焼けだけが残って帰ってきた。台風が来ているから、水量が回復するくらい降ってほしいけど、そうなると災害が心配。適当に降ってくれればいいんだけどなぁ。
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

魚野川へ [釣り]

180611_131433r.jpg


写真は魚野川に毛渡沢が出合うあたりで、以前から東京に出る時にバスの窓から「いつか来てみたいなぁ」と思っていたところ。大きな橋が関越道でそのアーチの下に小さく上越線の鉄橋も見える。この石積みの鉄橋は約80年前につくられたものだそうだけど、あたりの景観に溶け込んでいい雰囲気。手前の関越道がなければ最高なんだけど。

釣りの方はここのところの日照り続きのせいか、そもそも腕がないからなのか、一緒に行ったシェフ共々全く釣れず疲れきって帰ってきた。でも吸い込まれそうなクリアウォーターは雰囲気最高だった。

180611_123559r.jpg

途中土手の上から下を覗くと、タヌキかアナグマが夢中でミミズでも探しているようだった。しばらく見ていたらハッと気がついたようで、しばし目を合わせてスタコラ茂みに消えていった。例によってカモシカもいたけど、写真は撮れずでした。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ルアーを作ってみた [釣り]

L9998884.jpg

とても軽い素材なので、あまり小さいなものは投げにくくて作れないのが残念だけど、かねてからずっと作ってみたいと思いつつも、材料が手に入らずに作れなかったルアーをやっとテストで作ってみた。

L9998885.jpg

サイズは左から5.5、6.0、2.0センチ。くるくる回ってしまうことも考えて全部にスイベルを付けて重量アップも狙っている。どちらの面が上を向くのかわからないし、それこそぐるぐる回転してしまうこともあるはずなので、改良は次に作るものから。

でもこんなルアーで岩魚が釣れたら楽しいなぁ。とりあえずは週末だけど雨になりそうなので、時間を見つけてテストだけでもやってみよう。


<テスト結果>
裏の川でチョロっと泳がせてきました。一番小さいのはすぐにでも釣れそうな感じ。それで欲を出して1尾釣ってやれと思ったのが運の尽き。あろうことかテストでロストという、テストにあるまじき結果となってしまいました。(^^;

真ん中のものは期待していたのですが、大きめのフックをセットしたにもかかわらずほとんど沈ませることができず、このままではどうにもなりません。

面白いのが左のもので、こちらも軽いのですがバス釣り用のクランクのように頭を下にして潜って行き、川底に頭をぶつけても針がかりもしないでヌルヌルと泳いできます。トイッチすると水中でドッグウォーク。少し早引きするとコントロール不能の軌道ハズレと、ものにできれば以外と釣れるかもしれません。

全体的にこの素材は予想以上に軽くて、海の釣りや湖の釣りならそれなりの対応もできますが、渓流ではちょっと厳しいかもしれないことがわかりました。でもなんとか手を加えて、イワナを1尾釣ってみたいと思います。その際にはまた報告します。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

最近忙しい [釣り]

L9998883.jpg

最近山から薪を下ろしていることもあるけど、どうも忙しい。というのも、山に行く途中の畑で大抵知らないジジババに出くわしてしまい、どこから来ただの、どこに住んでいるだのが始まると、概ねすぐそばに身内や同級生などがいて、その人の話などが尽きないのだ。

まあそれはいいことでもあるんだけど、ついでに頼まれごとがあったりで、何かと時間がなくなる。そんな時には遊びたくなるもので、今日も薪割りをサボって夕方の小一時間イワナ釣りに行ってきた。

今日はここのところの日照り続きの減水で、魚の居どころがわかりやすかったけど、2尾もバラしてしまい釣れたのは1尾だけ。またしても相棒のつまみに決定。

でもいつも思うけど、釣りがしたい時には天然イワナが1尾とはいえ釣れるのだから贅沢なものだ。サイズはいつもの24センチで、バラした魚はもう少し大きかったように思うのは釣り人の性だろうなぁ。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

田舎暮らしはいいなぁ [釣り]

L9998875.jpg

おとといイワナとヤマメが混生する川で釣ってきたヤマメ(写真右)と、昨日イワナの川で釣った魚を今日は炭火でじっくり焼いてみた。やっぱり渓流魚を炭火で焼くと旨味がしっかり出るように思う。こんな時、田舎暮らしは贅沢だなぁとつくづく感じる。

ちなみに相棒がイワナを食べて、自分がヤマメになった。好みで言えばヤマメの方がさっぱり系、イワナはこってり系のような気がする。おまけにイワナは久しぶりに骨酒にしてみた。骨酒は本来は山奥で飲むのに向いていると思うけど、家で飲むのもいいもんだ。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

岩魚釣り [釣り]

180516_155544.jpg

今シーズンも釣りの年券を購入したこともあり、解禁になってからすでに何度も渓流釣りに出かけている。この辺りの山の方はまだ雪に埋もれていて、水温が低くて自分にはまだ釣りにならない。でも今日は夏日で一気に山の雪が解けたのか、この川の水は少し濁っている。

高いところでは釣りにならなくても、標高200mくらいのところまで降りてくれば川によっては結構な釣果に恵まれる。でもそんな川は本当に小さい流れなので、もし人が入ればその日は終わりって感じのデリケートな環境でもある。

まあ二人で食べるのに、晩御飯のつまみに2尾釣れればいいなぁって感じなので、あまり多く釣れなくてもそれなりに釣りが楽しめればいい。今日釣れたのはこんなイワナ。サイズは25センチくらいの食べごろで、この川のレギュラーサイズ。イワナご飯もいいけど、やっぱり炭火で塩焼きにしよう。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

釣りシーズン終了 [釣り]

L9998455.jpg

1尾はちょっと小さくて20センチ余りだけど、最後なので「ごめんなさい」してキープしてしまった。

今日で釣りシーズンも終了。先日は雨もしっかり降ったし、条件としてはバッチリ。そこでとりあえずお昼を食べて、午後からいっとき竿を持って行ってきた。餌釣りかルアーか迷ったけど、やっぱり自分はルアー。最後はラパラを持ってマウンテンバイクにまたがった。

場所は放流もしていない小渓流。いつもは1尾しか釣れないけど、今日は何としても二人分と思っていたら、いきなりでかいのがかかった。レギュラーサイズは27〜28センチと大きめな川だけど、30はゆうに超えている。おそらく40近いイワナで、慎重に合わせを入れて引き寄せた。

ところが自分のところまであと2m、大きな岩を超えるところで暴れると・・・ポロリ・・・。

「そんなぁ〜」と思ってもしょうがない。でもこの小さな渓流にあんな大きな岩魚がいるとわかっただけでも嬉しくなった。また来年も楽しませてもらえればいい。シーズン終了としてはなかなか楽しい釣行だった。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

カーボンロッド [釣り]

L9998446.jpg

以前、釣りキャンプを終えて帰ってきてから、「カーボンの竿が欲しい(http://photo-bici.blog.so-net.ne.jp/2017-06-21)」なんて記事を書いたけど、その後しばらくしてからヤフオクでお目当のカーボンロッドを手に入れていた。

昨日のイワナは初めてこのカーボンロッドを使って釣ったもの。使った感じは今までのグラスロッドとは全く別物で、穂先がぶれないし、片手で操作できるし、水の抵抗もわかりやすく、当然のことながら川底の状態もつかみやすい。もちろん魚の当たりも手元によく伝わるので、糸に付けた目印に頼る必要もないくらい。

メジャーブランド、ダイワの現行品でちょっと高かったけど、中古なので3,000円でお釣りがきた。こんな値段でこんな高性能の竿が手に入るなんて、いい時代になったものだ。今シーズンはもう一回くらい川に行ってきたいなぁ。
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

また1尾だけ [釣り]

L9998445.jpg

今日は午後から隣の集落まで用事があったので、用を済ませた後でせっかくなので釣りを小一時間してきた。

今回はルアーじゃなくて餌釣り用の竿を使ったけど、生き餌を使わずにソフトワームというゴム系のルアーを針先につけてみた。これもルアー釣りといえばルアー釣りになるのかな?

ワームで釣れるか不安もあったけど、前回よりも少しだけ大きな28センチ。尾びれの大きないいイワナがグッと食ってくれた。小さな川の天然イワナなのでキープするのはちょっと申し訳ないような気もするするけど、今晩のおかずということで1尾だけ持ち帰ってきた。

いや時間もなくて、釣れたのはこれだけなんだけど。でも食べたい時にちょっと川に行ってイワナ釣りができるのは嬉しい限り。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

岩魚釣りへ [釣り]

L9998433.jpg

今日は休みだったので、釣竿を持ち出してマウンテンバイクに飛び乗った。目的地はいつもの長野県との境方面。釣りの範囲はごく狭いエリアで、直線にしたら多分150mくらい。でもポイントはいくらでもあるので、それなりに時間がかかる。

今日は一投目から食いついてきたけど、よほど釣り人が入ったのか弱い当たりばかり。つついて確かめているような感じで、前のように警戒心なく食いつく感じじゃない。それでも5回ほど当たりがあって1尾だけ持って帰ってきた。これは今晩の相棒のつまみです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

天然イワナを目指して [釣り]

R0013465.JPG

今日は休みだったのでちょっとマウンテンバイクで遠出をして、長野県との県境に近い天水山の大厳寺牧場(標高700mオーバー)の上まで源流釣りの気分を味わいに行ってきた。

といってもこの沢にイワナがいるかどうかは、釣りをしてみないとわからない。昔はいたらしいけど、それはここにイワナの養殖場があったためじゃないかと思っているんだけど、とっくの昔にその施設は用をなさなくなっている。

その養殖場のあった場所も、深坂(みさか)峠が不通になってしまい人が来るのは信越トレイルを歩く人くらいで、ほとんど人の気配がない。

肝心の沢は幅1mほどの小さなものだけど、それなりの水量があるのでイワナは居そうな雰囲気だった。でも稚魚もいなけりゃ逃げる魚もいない。ということでしばらくやったけど、諦めて大きな堰堤で引き返してきた。

でも帰りには下の集落を流れる川でいいサイズのイワナをゲット。釣れないだろうとサンダルで道から竿を出すという手抜きだったために、思わぬヒットにいいサイズのイワナを2尾もバラしてしまった。でもまあ1尾でも相棒に食べさせることが出ればOK。小さく見えるけど25センチくらいです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

久しぶりの釣り [釣り]

170814_141411.jpg

もう8月で釣りシーズンも来月で終了。そう思うとなんとか行きたくなってしまい、今日は天気がいまひとつだったけど行ってきた。途中であまりに人が多くてお盆だと気がついたけど、しょうがない。

でもこの川にはなぜか人が一人もいない。下流にはいるのになぜ上流にいないのか不思議だったけど、稚魚もいなけりゃ逃げる魚もいない、もちろん魚の姿もついに一度も見ることなく終わってしまった。

最高のポイントなのに全く反応がない。魚がいないから釣り人がいないのか?でも下流にはいるんだから上流部にいないってことはないはずなんだけどなぁ。マムシは4匹も見たんだけどね。(^^;

でもゆっくり釣りができてちょっといい時間を過ごせた。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

カーボンの竿が欲しい [釣り]

R0015210.JPG

今餌釣り用に使っている竿はヤフオクで買った千円のグラスロッドなんだけど、餌釣り初心者の自分は山岳渓流の釣りではすぐに折ったりするだろうからと、使えればいいと長さと竿の調子だけで適当なものを選んだ。

実際これでも釣れることは釣れるので問題はないとも言えるけど、使っていてとにかく重いのとグラスファイバーなのでしなやかなのはいいけど穂先がとにかくブレてしまう。ぶれるのは自分がへたっぴだからってのもあるけど、カーボンだったらもう少ししゃきっとするんじゃないかと思ってしまう。ルアーだったらグラスロッドでも全然問題ないし、あえてグラスを使うことも多いんだけど。

先日一緒に釣りをした寺尾さんはベテランだけど、自分が釣り逃がした魚もいとも簡単に同じ場所から釣り上げてしまうのを見て、技術というのはすごいものだと感心した。同じことはできないけど、それに近づくためにも重量が半分になって穂先の揺れも少なくなりそうなカーボンロッドが欲しい今日この頃。でも三千円くらいまでかな。上限はきりがないからなぁ。
タグ:釣り
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

帰ってからも釣りのうち [釣り]

L9998169s.jpg


昨日はルアーで釣りができたのは夕食前の数10分と、翌朝の1時間半ほど。それで釣れたのは4尾だけだけど、狙い通りに釣れたらやっぱり嬉しい。使ったルアーを一つ一つ取り出し眺めながら、「このルアーは激流の中でもいい動きだった」「同じ量産タイプなのにこちらは動きが違っていまひとつだったなぁ」「やっぱりラパラは釣れる!」など、当日の記憶が蘇る。

かれこれ30年も前のルアーを未だに使い続けていたり、最新のルアーがボックスの一角を占めたり多少の変動はあるけど、気に入っているロッドが古いものばかりで、新しすぎるルアーは使えない。でも愛着のあるルアーばかりで、気に入った道具で好きな釣りができるのは気分的にも満足感が大きい。これもやっぱり釣りの楽しみのうちだろうなぁ。
タグ:釣り
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

今日は清津川と釜川に釣りに [釣り]

170509_095213.jpg

本当は昨日が休みなんだけど、今日になったので朝から自転車で25キロほど離れた清津川に釣りに行ってきた。水は綺麗だし、川の雰囲気もいかにも渓流魚がいるような感じだけど、実際にはあまり魚が多い川ではない。でも上流部に入ったことがないので、どんなところなのか見てきた。

ところが土手を越えたらいきなり10m先にニホンカモシカが2頭食事中。向こうもじっとこちらを見ているけど、ただ見ている分にはあまり警戒はしてない。なのに携帯を出して向けた途端に一目散に山に向かって逃げていった。今日は帰りにも見ることができて、3頭見ることができたけど、やっぱり増えているのかも。

R0015163.JPG

で、釣りの方は清津川がなぜか朝から濁っていて、アタリもない。多分濁っていなくてもまだ水温が低いのであまり動かないので難しいし、元々が魚がまり多くない川なので仕方ない。

反応がないので支流の釜川に入った。これは過去にも何度かブログに出しているけど、5段になった堰堤があるところで、相棒とも山菜を採りに行ったり釣りに行ったりしている。でも今日はその堰堤よりも上流に入ってみた。

20年ほど前にも少しやったことがあるけど、この20年でずいぶん川が変わっている。毎年の大雪で春にはものすごい水量になるので、川の雰囲気が変わるのは仕方がない。で、反応は4回あったけど釣れたのはこの1尾だけ。まあ、1尾でも釣れれば嬉しいので、もう少し水温が上がったらまた行ってみよう。

このヤマメ、相棒が食べてくれたけど、天然の渓流魚だけに美味しかったらしい。でもよく見るとデブだし、尾びれが小さいし、放流魚の可能性が高いかも。とは今日になって気がついた。(^^;
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久しぶりの源流釣り [釣り]

R0014246.JPG

日曜日の夕方に出発し、月、火曜日と新潟の山岳地域で源流釣りを楽しんできました。連れて行ってくれたのはいつもの「信州の隠れ宿 まほろば(http://mahoroba-momiji.sakura.ne.jp)」のご主人、寺尾さん。ちなみに「じゃらん」でみたら、口コミの評価が最高の5になっていた。200人以上の人が評価しているので、結構納得してもらえるんじゃないだろうか。ちなみにここの食事はすごいです。

R0014243.JPG

ところが意気揚々と乗り込んだいつもの源流、先週末にはかなりの人が入っていたようでこれまでには見たことがないほどの足跡だらけ。おまけに早朝は竿が持っていられないほどの寒さ。まるで冬のようだ。行けども行けども全くアタリがなく、毎回30尾以上も釣り上げる寺尾さんも全く釣れない。結局この日は自分は0尾、寺尾さんが小さいのを3尾で終わってしまった。上の写真の寺尾さんもあまりの反応のなさに疲労気味。

R0014245.JPG

源流なので当然宿はなし。車の屋根を利用してブルーシートを張ったいつものテント。でも熊の足跡もある原生林とも言えるような環境でのキャンプは最高。イワナは釣れなかったけど、寺尾さんが作ってきてくれたイワナの押し寿司やサザエのつぼ焼き、帆立貝など(海の幸だけどね(^^;)をつまみに食事を楽しんだ。

R0014249.JPG

今日はエリアを変えてトライ。ところが昨日とは打って変わって最初から反応があって、いつもの釣果に。自分も25センチクラスを6尾ほど釣り、トータル12尾。寺尾さんは数えなかったけど軽く30尾オーバー。このイワナはもちろんまほろばの食卓に並びます。めちゃくちゃ疲れたけど、久しぶりにたっぷり遊んできました。(^^)/
R0014250.JPG

タグ:まほろば
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

物欲 [釣り]

SN3M0133.jpg

やっと出稼ぎも明日で終わり。土曜日には帰れる。それで今日も相棒と電話をしていて、「物欲すごいね〜」と呆れられた。というのも、不在の間にヤフオクやらアマゾンから次々と荷物が届くからで、自分でもちょっとここのところ壊れているなぁと感じていた。久しぶりに都会に出て来るとよけいに刺激を受けるんだろうか。

とはいえ、あまり高額なものは買えないので500円、1000円といったものが多い。それでもいくつもになればそれなりの金額になるわけで、ここを見ている相棒を意識するわけじゃないけど、ちょっとやり過ぎのような気がしている。

今日の写真は前から欲しかったけど、なかなか買うまでに至らなかった虫除けネット。釣りのときはもちろんだけど、畑で雑草を刈るときにも重宝すること間違いなし。まだ使えるのは相当先なんだけどね。(^^;
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

今年のトライ [釣り]

フライ.jpg

まだまだ釣りができるのはずっと先のことだけど、今年は昨年行けなかった源流のイワナ釣りでリベンジをしたいと思っている。ルアーでは手も足も出なかったので、今年は餌釣りでと思っていたけど、その前にテンカラを見習ってフライを使ってやってみようと思う。

これも餌釣りとは違うので、ルアーといえないこともないんじゃないかと思うけど、釣り方は餌釣りにかなり近い釣り方ができると思っている。ただテンカラじゃなくてフライだと季節や場所によってそれこそ無数のフライの形、大きさ、色があるらしく、それが全く自分には経験も知識もないのが辛いところ。

とりあえずは小さいもの、中くらいのものをいくつか見繕って、新しいリールを使って地元の川で練習してみたい。もっともまだ雪も積もってないので、練習ができるのはざっと4ヶ月ほど先の話になる。それまでは雪原を見て練習かなぁ?(^^;

でもこういうのは夢があっていいなぁ。
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

新しいリールを入手 [釣り]

R0013875.jpg

東京に出て来て1週間、最初に東京は物欲を刺激されるとブログに書いた記憶があるけど、今日はついつい物欲に負けてよけいなものを買ってしまった。

ほんとは今年源流のイワナ釣りで使うための中古振り出しロッドを探しに行ったのに、最新型のリールに目が眩んでしまった。年末にリサイクルショップで見たリールに刺激されたなぁ。

R0013876.JPG

ダイワのリールが欲しかったのに、手にしたのはやっぱりシマノになってしまった。バイオマスターC2000HGSは、1000のボディに大きなスプールが付いたハイギアモデル

最新型とはいっても2011年モデルのミドルレンジなので、現行機種と比べるとかなり型遅れかもしれない。それでも自分の持っている国産最新型リールは、相棒にプレゼントしてもらった2004年の最高機種。

それに比べると小型軽量でもろもろの性能も中級機とは思えない完成度。値段といえば今の最高機種は8万円台と知ってビックリ!買ったのは中古で傷だらけなので市価の1/3で、最高機種の値段を出せば8台買ってもおつりが来る。今年はこのリールも持ち出して雪が溶けたら渓流で遊びたいと思ってます。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

New weapon登場! [釣り]

R0013435.JPG

ここのところのマイブームが「釣り」なのは周知の事実だけど、ヤフオクで100個ばかりルアーを売ったお金もあって、昔憧れたメガバスの「デストロイヤーF3-610XS」というバス釣り用のロッドをヤフオクで買ってしまった。

このロッド、今でも同じシリーズのものが売られているようだけど、当時は定価の3倍くらいの値段が付けられたり、「抱き合わせ」や「●万以上買った人」じゃないと買えなかった。

私が買ったのはその初代のもので、たぶん発売は1997〜98年くらいだったように思う。すぐにモデルチェンジしてしまったけど、その初代モデルが欲しかったのだ。

たまたまヤフオクに、ほとんど未使用と思えるきれいなものがあったのは運が良かった。それで今日は早速信濃川に、冷水温と引きの強さで知られるスモールマウスバスを釣りに行って来た。

25〜30センチとあまり大きなバスは釣れなかったが、1時間半ほどで急流から15尾くらいを抜き上げることができて大満足。どうやら食べても美味しいらしいので、次回は2尾ほど持って帰ろう。
タグ:釣り
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

渓流釣りへ [釣り]

150824_152137.jpg

最近は地元でも渓流魚が釣れることが分かって、自転車にも乗らずにすっかり釣りに興味が移ってしまった。自分の場合どうもカメラ、釣り、自転車の3つが趣味の大きな柱になっているようで、どれか1つに興味が向いていると他の2つが疎かになってしまう。

で、今日は10キロほど離れたところに釣りに行って来た。今年は雪が5月になっても消えなかった半面、梅雨はほとんど雨が降らないので源流域は水がたりない。そのせいか、じつに厳しい釣りになってしまい釣果はなし。魚影も一度見ただけだった。たぶん石の下でじっとしているだろうなぁ。

久しぶりに1キロちょっとの距離を釣り上がっただけだけで脚がガクガク。すっかりなまって膝もやっぱり頑張れない。これじゃあ釣りキャンプは行ってもついていくのも無理だ。今年は相棒の膝も悪くて断わったけど、来年のためにも頑張らねば。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

嬉し、ビックリ! [釣り]

150819_154031.jpg

何度か書いているけど、うちのそばの川は泥川で渓流魚はいない。でもハヤでも食べたいという相棒のリクエストを叶えようと、今日は夕方の小一時間釣りをして来た。

最初のアタリはフッキングが弱くてバラしてしまったけど、次のアタリはしっかり合せてキャッチ。けっこうな引きだったので23センチくらいのハヤかと思ったら、上がって来たのは綺麗なバス。それもスモールだと思ったら立派な大口バスだった。

昔は新潟にはバスはいないことになっていたけど、いまは信濃川にいるらしいからその支流にいても不思議はない。でも信濃川はスモールだと聞いていたんだけど。バスばかりが害魚として槍玉に挙げられていたけど、本来は植物だって同じことなんだけど、どうもそちらはあまり話題にならないのは、お金にならないのかその逆なのか?

ともあれ、身近な川でバス釣りができることが分かったのはかなり嬉しい。釣れたのはまだ小さかったけど、さすがは川育ちでヒレピンの力のありそうなきれいな魚体だった。あれが大きくなったらどうなることやら。数は少なそうだけど数年後が楽しみだ。ルアーはかなりヤフオクでさばいたけど、もったいなかったかなぁ。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お盆ですね [釣り]

レイチューン.jpg


9月に友人が十日町に自転車ツアーで来ることになった。これまでにも相棒と会津のキャンプに参加したり、キノコ狩りや釣りを楽しんだことがある。そのときに釣りができればと言うことで、ちょっと近くの川に渓流魚がいるのか探ってみることにした。そういえばお盆の期間は殺生禁止でしたよね。

この辺の川にも昔は渓流魚がいたらしいけど、今は川が土のところを流れているので、すぐに水が濁ってしまう。おそらく卵を産んでもふ化しないので、いつの間にかいなくなってしまったのだろう。

それでも小さな魚の影を見ることがあったので、あちこちルアーを投げてみるとハヤが釣れた。相棒はハヤでも食べたがるけど、小骨が多くてちょっとめんどくさい。でも魚がいないわけじゃないことはわかったので、9月までにはもう少しいい魚に出会えるところを探してみたい。
タグ:釣り
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヤフオク出品中 [釣り]

gb4161quaranta-img600x450-1438755719z0gjn813936.jpg

この辺ではバス釣りができないし、海にもちょっと遠いと思ってルアーをヤフオクに出品しているけど、1つ2つと出していてもちっとも減らないので、まとめてゴソッとだすようにした。
gb4161quaranta-img600x450-14387807022k0obz19088.jpg

とりあえず同じものをまとめて出しているけど、考えてみると同じものをこんなに欲しがる人はいないかもしれないと思い始めた。どうもあまり値上がりしないと思っていたけど、普通は2〜3個あれば十分ですよね〜。(^^;
gb4161quaranta-img450x600-1438756462z0mzlm19775.jpg

ということで、少し減らしてみたけど結果はどうなることやら。しかし落札して頂くと、それを間違えないように発送するのにけっこう気を遣う。針も刺さらないようにしないといけないしね。

でも好きなルアーを見ていると、やっぱりちょっと残念な気持ちになって来るのはしかたないかなぁ。25年以上も使っていたルアーだしね。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヤフオク生活 [釣り]

R0013295.JPG

私はバス釣り、シーバス釣り、渓流釣りが好きなんですが、今の住まいは海に行くにはちょっと遠く、新潟には基本的にバスがいないことになっているし、渓流釣りもちょっと離れたところまで行かないといけない。

ということで、溜っているバス用、シーバス用ルアーを手放すことにした。この写真だと少なく見えるけど、これはクランクとミノーだけ。それでも200や300はかるくあるはず。ここにない大好きな針金でできたルアーも150くらいはあるし、未使用のものも段ボール一箱はある。

ヤフオクに全部出すのは面倒なので、値が付きそうなルアーをヤフオクで調べたら、ブームが去ったのかビックリするような安値ばかり。それなら残しておこうかとも思うけど、使う場所がないので持っていてもしょうがないので、少しづつでも出して行こうと思っている。

これでお小遣いになればと思っていたけど、手間ばかりで収入は微々たるものになりそう。それにやっぱりけっこう寂しいなあ。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

釣りキャンプの釣果 [釣り]

0160.jpg

6月には長野と新潟の境にある山岳渓流で釣りキャンプの予定を立てていた。昨年初めて連れて行ってもらった釣りキャンプだけど、その楽しさに今年も絶対に行こうと相棒とも話していた。

ところが予定していた日が近づくにつれ、相棒の膝が悪化して歩くのもままならず、自分も膝や手首などが痛くなってしまい、歩くのはおろか釣り竿を操るのも難しそうでなくなく断念した。

でも一緒に行く予定だった「まほろば」のご主人は相変らず出かけているので、釣果を聞いて見たらこの写真が送られて来た。数は例年程度ということなので、それなりに釣れているだろうけど、これはけっこうでかいんじゃないだろうか。

あ〜、イワナの刺身、食べたかったなぁ。夏の間はふたりでやりくりしている「まほろば」が忙しくて無理だろうけど、9月にはなんとかやりくりして行きたいものだ。
タグ:まほろば
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

パラダイス [釣り]

050.JPG

昔の書き物などを見ると「イワナは川のウジ、いくら獲っても翌日にはまた湧いて来る」なんてことが書いてあったりして、さぞかし昔の川には多くのイワナが棲んでいたんだろうと想像を巡らす。

近頃の釣り雑誌では「パラダイスはもうない」「もう釣りを覚える環境にはない」「魚が減り、釣り人が増えたことは事実」「人が入っていない川はないし、ゴミのない川もない」などなど、がっかりするようなタイトルが並ぶ。

ところがである。寺尾さんと友人が昼までの釣りで釣り上げたのが上の写真。最終的に数はおよそ60尾。上手な人が揃えばこんな大漁になるって、まだまだパラダイスはあるんだなぁと嬉しくなる。それにしても強烈。

寺尾さん、私が参加の釣りキャンプは「釣らせて上げたい」と、気が散って集中できなかったんだろうなぁ。申し訳ない。(^^;
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

落ち込みの連続を釣るには? [釣り]

R00120936.0.jpg

実は寺尾さんに連れて行って頂いている釣り場は、下の写真などでもわかるように源流域の川とは呼べないような岩場を水が落ちているようなところだ。

こういうところは北海道でも四国でもあるけど、これまでの3回、春から夏過ぎと季節の違いはあるものの、ほとんどイワナはルアーを追わずに、白泡の下から動かず姿さえ見せなかった。白泡の下にルアーを届かせることさえできなかったと言っても良い。

寺尾さんはいわゆる提灯釣りで、そんな中でも餌を白泡の下に送り込んで釣り上げてしまう。なんとかルアーでも同じようなことができないかと、重いジグを使ったりしたが、強い流れの押しに翻弄され全く底に届かずに流されるばかりだ。

糸を細くして抵抗を減らしたり、深く潜るタイプのルアーを使っても手も足もでない。寺尾さんには「ルアーで釣るところを見せてよ」といわれるものの、全く反論もできない状態だ。

しかし北海道の同様な釣り場では、短いながらも追いがあり、イワナは水面の餌を意識していた。ほんの50センチほどのスペースでも、うまくやれば釣り上げることができるのだ。ところが新潟のイワナは全く動かない。これはどうしたことだろう?

北海道では餌が少なく、じっと水底で待っていたら太れないが、新潟では餌の硫下が多く、水底に沈む餌を待っているだけで、水面に出るリスクを冒さなくても太ることができるのだろうか?

こんなことはイワナに聞いてみなければわからないことだけど、今年の3回のイワナ釣りでは本当になす術がなかった。ネットで調べても「ルアーやフライでは白泡の下を釣るのは難しい」とはあるが、「白泡の横」や「泡が消えたところを」などとあるばかりで釣り方は見つけられない。どなたか良い知恵があれば教えてください。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

水中写真 [釣り]

今回の釣りはとても厳しい釣りになったのはちょっと触れましたが、寺尾さんもいつもはたくさん釣れるからと連れて来た場所で、あまりに反応のなさにカメラを水中に入れて写してみたようです。その写真がこちら。
水中.jpg

中央の岩の下と右の泡の下に光るものが。魚の姿は確認できませんが、これは位置からしてもイワナの目かもしれません。釣れなくてもやっぱりいるところにいるようです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

釣りキャンプ、楽しかったです2 [釣り]

013.jpg

左の下に見えるのが川。でもここはあんまり酷くないし、恐くもない。まっ、釣れないのはどこも同じなので、以下省略。(^^;
026.jpg

相棒とのキャンプも久しぶりで、このテントもずいぶん仕舞われたままだった。
037.jpg

確か飲み始めたのは午後2時くらい。普通ならまだまだ谷底にいるんだけど、あまり釣れないし相棒も1人で残しているので、宴会決定。
058.jpg

暗くなる頃にはすっかりできあがってます。でもまだまだ食べ続けるぞ〜。
R0012077.jpg

夜は満天の星で、天の川のように見えた。早寝したので早朝は5時前に起きだす。空は朝焼けで、今日は天気が崩れそう。
R0012085.jpg

2日目の川はこんな感じだけど、スケール感が全然わからないですよね。岩の1つが5mくらいはあるので、ほとんど崖のようなところ。こんな川にもイワナが棲んでいるのが不思議だけど、それがイワナなんだからしょうがない。
R0012087.jpg


R0012092.jpg

人を写すとこんな感じです。私は岩を1つ上るにも怖々で、自分でも歳をとっちゃったなぁと実感。昔はこんなところ全然気にしないで上がって行ったのになぁ。
112.jpg

昼はお蕎麦を作って頂いて、腹ごしらえ。雨が降り出す前に撤収して来ました。今月はもう一度リベンジに行ければ良いけど、ダメなら10月にはキノコ狩りキャンプをしたいなぁ。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行