So-net無料ブログ作成

あたふたと・・・ [田舎暮らし]

L9999273-checker.jpg

今月に入って雪がどんどん溶け始め、すっかり春の準備にウキウキしていたら、昨日の朝は10センチほどの積雪。でもさすがに春が近いのか、半日ですっかり消えてしまった。山の雪もどんどん消えているので、そろそろ山菜も出てくるんじゃないかと期待しているけど、さすがにそれはまだ早い。でも今日も明日の気温が二桁で、さらに雪解けが進むのだろう。そんなウキウキ気分ですっかりブログもサボってしまってますが、とりあえずは生存してます。
nice!(0)  コメント(2) 

晴れ間にスノーハイク [田舎暮らし]

IMG_0093s.jpg

昨日は見事な快晴で、相棒にはスキーを勧めたら一緒に歩く方がいいというので、スノーシューとオリジナルのカーボンスキー板で近くの山を歩いてきた。

IMG_0092s.jpg

歩き始めるとすぐに汗が出るくらいの好天だったので、歩くには最高。途中でキノコを探しながら歩いたけど、見つかったのはヒラタケが一株のみ。それもスキー板を履いていたら取れない斜面で残念。でも小一時間歩いたらしっかり手足が筋肉痛。冬の運動不足にはとてもいい感じ。でも今年は雪が少なくて山はもう3月後半のような雰囲気。今年はもうできないかなぁ。
nice!(0)  コメント(2) 

うっかりミスは歳のせい? [田舎暮らし]

L9999268-checker.jpg

ここのところちょっと注意力が散漫なのか、ミスが多い。先日は包丁を研いでちょっと試し切りしようとしたら手先が狂い、人差し指の先端に包丁を下ろしてしまった。やったときは「人差し指が2本になるか」と思ったけど、幸い爪がブレーキになり、5〜6ミリ食い込んだだけですんだ。

L9999270-checker.jpg

でも今日はカンナを研いでいたらうっかり落としてしまい、足の甲の先に落ちてパックリ。こちらもまだ仕上げの研ぎに入っていなかったので、運良く指の筋を切ることもなく厚めの靴下がばっさり切れて5ミリほど食い込んだだけですんだ。

L9999271-checker.jpg

しかし冬になるといろいろ怪我をして病院にお世話になる人が増えるけど、やっぱりお年寄りが多いってこともあるんだろうなぁと、自分のここ最近のうっかりを振り返っている。しかしこういうのはわかっていてもやってしまうようなことだし、よくよく確認して注意しなければ。

L9999272-checker.jpg

ところで昨日は晴れ間が出て喜んだのもつかの間、今日は寒い。外は雪じゃなくて雨になったので、気温はそれなりに高いのだろう。でも寒いなぁ。春はまだ先だな。
nice!(1)  コメント(4) 

春が近い? [田舎暮らし]

L9999263-checker.jpg

今朝は朝から日が差して、気温も少し上がってきた。明日も予報では8度くらいまで上がりそうで、なんとなくもうすぐ春が来るんじゃないかって思いたくなるような1日だ。でもまだ2月の中旬。春がそこまで来ているなんて思っていると、いきなりドカ雪が襲ってくるに違いない。でも日が射してくれるのは身も心も温かくなる。
nice!(0)  コメント(2) 

刃物研ぎ [田舎暮らし]

L9999255-checker.jpg

昨日、相棒が職場の友達から包丁を2本とノミを3本預かってきてくれた。うちにある刃物だけじゃつまらないので、時々周りの年寄りの刃物も研いでいるけど、その延長という感じ。

ところで預かってきたノミはどれも結構な大きさ。おまけにどれも刃こぼれがあって何に使っていたんだろう。包丁はステンレスで、こちらも手元に近いところで刃こぼれがあった。

しかしいつも包丁を研ぐときに思うのは、どうして鋼の入ったまともな包丁を使わないんだろうってこと。ステンレスは錆びなくていいんだろうけど、刃物としては絶対に鋼入りの包丁のほうが切れると思うんだけど。研がなければ切れないのは同じだし。

ともあれ、今日の午後はとりあえず全部の刃先の刃こぼれをなくすところまでやってみた。明日は少しづつ仕上げてみようと思うけど、ノミは頑張って研ごうとしたみたいで結構手間がかかりそうだ。
nice!(0)  コメント(0) 

連休最後はうちのそばのスキー場へ [田舎暮らし]

DSC_9817-checker.jpg

昨日は裏山にスノーハイクに出かけたけど、今日はほとんど10年振りくらいに相棒がスキー場デビューした。実は家から5分のところにスキー場があるのに、なかなか行く機会というか気持ちになることがなくて行きそびれていた。やっと行けたのは気分的にもやっと田舎暮らしが落ち着いてきたのかもしれない。最初は屁っ放り腰だったけど、以前は毎週のようにスキーに行っていただけあって、すぐに慣れてきたようでそれなりに様になって、楽しんだようだ。

DSC_9811-checker.jpg

自分の方はスキー板にも触ったことがないくらいなのでスキーは見るだけ。代わりにこれもずいぶん久しぶりにマニュアルの300ミリを持ち出して、相棒専属のカメラマンに徹してきた。でも久しぶりにマニュアルの望遠を使った割にはうまく写せた気がする。
nice!(0)  コメント(6) 

相棒とスノーハイクごっこ [田舎暮らし]

190210_145731.jpg


今日は地主さんが急遽帰ってきたので時間ができ、相棒はスキーで自分は山歩き用のスキーを履いて裏山を目指した。ところが相棒が途中で転んだと思ったら、なんとスキーブーツがバラバラに粉砕。こんなことあるの?

190210_145707.jpg

聞けば10年以上前のものらしいけど、それにしてもこんなに劣化するのってくらいバラバラになってしまい、結局スキー板を担いで歩いて帰ってきた。その後は相棒はスノーシューに履き替えて山を目指してきた。

新雪が20センチくらい積もったので、スノーシューといえども結構潜るので、それなりの運動量になり、ちょっと高いところまで歩くと体が熱くなる。自分は慣れないスキーで何度か転び相棒に笑われつつ散歩を楽しんできた。

190210_150655.jpg

相棒は元気が良くて、中学のグランドで雪だるまにトライ。でもなかなか大きな玉ができなくて挫折。気温が低かったので、雪だるまは難しかったみたい。しかし、スキーは初めてだけど予想以上に難しくて、ちょっと思いのままに行動するのはしばらく無理そう。春までにはなんとかなるかなぁ?
nice!(0)  コメント(6) 

雪国 [田舎暮らし]

DSC_9794-checker.jpg

晴れたといってもこの程度。どんよりとグレーの空が雪国の冬の空

今年に入りこちらでも冬らしくなってきたけど、先日の「一晩で1mの積雪」と予報された時はわずか20センチほどの積雪で、昨夜も「どれくらい積もるかな?」と話していたにもかかわらず、15センチほど。10キロ離れた隣の集落ではそれなりの大雪だったので楽なのは助かるけど、やっぱりここの天気はどこか普通じゃない。

DSC_9793-checker.jpg

前々から気がついているけど、気象庁の雲の動きを見ると雲の流れがなぜかこの狭い地域だけを避けることがある。ここには高い山もないので、海から山につながるあたりの深い谷などの影響なんだろう。先日の大雪の予報が出た時も雲の流れを見るとそんな感じだったので、あまり降らないかもしれないという予感はあった。

その反面、いきなりの豪雪もあるので、いつでもいい方向に向かうとは限らないのはやっぱり自然の力なんだろう。ともあれ、少ないとはいえ豪雪地帯。我が家の一階もすっかり雪の下になって真っ暗になってしまった。
nice!(0)  コメント(4) 

珍しく快晴 [田舎暮らし]

190104_143350.jpg

自分が今住んでいるところから離れると、不思議と大雪になることが多く、近所の年寄りたちにも「川越さんがいると雪が降らないけど、どこか出かけると直ぐに降り出す」なんて言われる。

昨日から私用で東京に行ってきたけど、出かける日の朝は案の定、久しぶりの大雪で40〜50センチ積もっていた。このまま出かけると多分えらいことになっているんじゃないかと心配だったが、今回は大雪は昨日だけで収まり、今日は快晴だったらしい。

でも明日には今シーズン初の屋根の雪下ろしをしなければいけないかも。まだ1mくらいなので大丈夫なんだけど、あまり積もってからだと大変だし、そろそろうちの障子などが動きにくくなってきた。周りの家の雪を片付けて余裕があれば頑張ってみよう。
nice!(1)  コメント(0) 

新年おめでとうございます [田舎暮らし]

DSC_9786-checker.jpg

新年おめでとうございます。こちらも年末の数日ですっかり雪国らしくなりましたが、元旦は見事な快晴で始まりました。この調子で今年もスッキリ過ごせればと思いますが、お馴染みの皆さんもそうでない方も、今年もよろしくお願い致します。

DSC_9792-checker.jpg

nice!(1)  コメント(14) 

いよいよ雪との戦いが始まった [田舎暮らし]

L9999213-checker.jpg

今年はクリスマスが過ぎても雪が降らず、ずいぶん楽をさせてもらったけど、ついに降り始めてしまった。結構な振り方なので明日にはそれなりに積もるだろう。まぁ、これが本来の姿でもある。頑張ろう。

ところで、この木で出来た鍬(すき)は以前のこの家の住人が置いていったもので、そのまま使わせてもらっているけど、常々どうして木で出来ているのかわからずにいた。昔の人ならいざ知らず、現代では鉄製の鋤でも鍬でもシャベルでもあるので、わざわざ木で出来たすきを置いている理由がわからなかった。

この道具、こちらの方言で「こすき」とも言うらしい。漢字で書けば「木鋤」である。ねばりがあり、折れることなく、かつ軽いブナで作るという。「こすき」の形は鋤に似ていて刃が広い。必要な用具だからどの家でもあるし、今でも店先で売っている。

でも今では雪堀の道具は便利になり、金属製でもアルミやステンレスなどいくらでもある。雪を退かすにはエンジン付きのものもある。それでもどこにでもこの木の鋤が置いてあるのはなぜ?

それは万が一雪に埋まった人が出た場合に、いち早く掘り出すためには体を傷つけにくい木の鋤でなければならなかったのだ。金属の鋤やスコップでは体を傷つけてしまい、場合によっては致命傷にすらなりかねない。低体温症で死ぬまでわずに30分。傷つけないようにのんびりやるわけにはいかないから、こすきはなくてはならない道具だったのだ。

気がつかなかった。雪に埋もれるのは山で雪崩にあうときばかりじゃない。屋根から落ちたり、雪深いところに沈んだり。人力で助け出すには不可欠の道具だったのだ。今更ながらにやっと気がついたけど、遅すぎるよなぁ。
nice!(1)  コメント(4) 

クリスマス [田舎暮らし]

DSC_9782-checker.jpg

クリスマスの今朝、朝日が昇ると裏山が照らされて木々が赤く染まった。その上に月が出てかっこよかったけど、今シーズン初めての霜が降りて霜柱が立った。結構気温が下がったようだけど、どのくらいかな?-6度くらいになったんだろうか。明日の夕方からはみぞれになり、明後日からはずっと雪の予報で、いよいよ本当に冬が始まりそうだ。それにしても今年は雪がなくて助かる。
nice!(2)  コメント(2) 

今年のクリスマスは雪がない [田舎暮らし]

L9999211-checker.jpg

今年最後の連休にして、今年が最後の天皇誕生日。比較的のんびり過ごせているのは写真通り、今年は雪が降らなくて楽ができているから。

月末からは降るようだけど、そんな話はこれまでにも何度かしているけど、今年はいつも嬉しい方に予報が外れている。多分今年は雪のない正月を迎えられそうだ。でもそんなことを思っているとギャフンと言わされそうな気もするので、油断しないようにしなければ。

明日はクリスマスイブ、I wish you have wonderful Christmas! 通じるかな?外国語はいつも赤点でした。(^^;
nice!(1)  コメント(2) 

今年2度目の雪は根雪になりそう [田舎暮らし]

L9999204-checker.jpg


今朝の雪は思ったほどじゃなくて、積雪10センチというところ。でも今日は一日中降りそうだから、明日の朝には30センチ近くなるかも。今年もついに根雪が始まった。とりあえず今年は怪我がないように、注意して頑張ろう。
nice!(2)  コメント(0) 

今年は変 [田舎暮らし]

L9999178.jpg

今年の初雪は11月23日で、例年よりも少し遅いかなって感じだったけど、月末になっても今年は気温が下がらない。どうやら来週もそれほど下がらないようで、今年は暖冬というのもあながち間違いではないらしいし、本格的に雪が降り始めるのは12月中旬くらいだろうか。

雪が遅いのは助かるけど、こちらに越して来た年も12月7日までは全く降らず、降り出したら2週間降り続いて積雪2mオーバーとなったことがある。ここ数年は降り始めはドカ雪になることも多かったように思うけど、今年はどうなることやら。

ところで今年は雪や気温以外にもおかしなことがあって、山の木々の葉が落ちない。どの木も落ちないわけじゃなくて、ブナの木は丸裸が多いのに楢の木や栗の木はまだ葉が残っているので、どうも季節感が狂う。

L9999183-checker.jpg

でも雪が遅いおかげで来年の薪の準備もだいぶ進んで、その点はかなり助かっているしマウンテンバイクもまだ家の外。今年は「オオムラサキ」さんがトラックで遊びに来てくれたので、予想外の薪が運べたのも大きくて、本当に助かった。この後は雪が少し積もったら、山の倒木を少し切り出してくれば、概ね来年の薪の準備は整いそうだ。
nice!(2)  コメント(4) 

ひゃ〜、びっくり! [田舎暮らし]

L9999177.jpg

今年の秋はキノコが不作だったけど、それでも探せば少しは採ることができた。毎年のことだけど、好きな人には舞茸やなめこなどを送っていたけど、今年送った人からお礼に何かと言われて、「カリントウでも」と伝えたところ、ダンボール箱にいっぱいお菓子が届いた。これじゃあキノコを買う以上の値段がかかっていて申し訳ないけど、お菓子が大好きな自分にはとても嬉しいお返しだ。ありがたく冬のおやつにいただくことにした。

それにしても近所に山で採ったキノコを持っていくと、帰りには長ネギになったり、芋になったり、カブや大根になったりと、まるで物々交換のようになる。昔はそうしてお互いにやりくりしていたのだろうけど、そんなことが当たり前のこととして残っているのは、蓄えもない田舎暮らしの自分にはとてもありがたい。
nice!(1)  コメント(2) 

秋深し [田舎暮らし]

L9999170-checker.jpg

まだ山の木の葉もずいぶん残っているし、冬には少し間がありそう。でも今朝はそれなりに寒くなってきたし、この木の紅葉が終われば冬に入るのだろう。昨年の初雪は11月16日。今年はいつ振りだすのやら。少しでも遅くなってほしいけど、その分ドカ雪になるのは困るなぁ。
nice!(2)  コメント(2) 

山もいよいよ冬の入り口 [田舎暮らし]

181110_161717.jpg


今年は(も?)翌年の薪の準備ができていないので、重い腰を上げて山の倒木を切りに行ってきた。なんとなく自分の中の季節と家の周りの季節にズレがあるようで、自分的にはもう冬の入り口の気分だけど、山はまだ紅葉の時期を少し過ぎた程度らしい。

というのも、まだ葉が落ちていない木がたくさんある。でもまあ、だいぶ風通しが良くなってきているので、冬が近いことは確かなんだろう。今日は切った木を肩に担いで降りてきたけど、サボりすぎて体がなまったのか、ずいぶん重く感じるし夜には腰がだるくなった。
nice!(1)  コメント(0) 

空が燃えてるぜ [田舎暮らし]

L9999168-checker.jpg

過去にもこんな夕焼けの写真を出したことがあったけど、そろそろ冬が始まるんだろうか。なんとなく季節外れの夕焼けがあると、季節が一気に変わるような気がしてしまう。ともあれもう11月も中旬になろうとしているし、そろそろ寒くなりそうな予感。
nice!(2)  コメント(2) 

冬を前に、ちょっと気分が落ち込んでいる? [田舎暮らし]

L9997347-checker.jpg

かつて森幸春さんが「川越くん、55歳を過ぎるとガクッと来るんだよ。もちろん50を超えた時にも来るけど、それとは違って大きいんだよ」と話してくれた。国内のほぼすべてのタイトルを獲得した名選手にしても、年齢というのは抗い難い壁だったらしい。

自分の場合はといえば、35にしてレースからはほとんど完全に遠ざかり、練習もやらなくなった。それが50を超えてから少しずつ乗り始め、生涯で一番強かったのはおそらく57~58歳の時だと思う。勝ち負けに参加はできないとしても、当時の練習仲間のレベルから想像すれば実業団レベルならレースに参加する程度の脚はあったように思う。

それが5年前に心臓がいうことを聞かなくなり、レースからは離れて楽しみで少し乗る程度になっていたけど、ほんの1週間ほど前にいきなり走れなくなった。本当に唐突に。家の前のちょっとした坂で息が苦しい。肺の機能が壊れたのかと思うほどで、足が酸欠で痛くなる、腕も同様に痺れてくる。まるでバイクペーサーの60キロオーバーで限界まで走っている時のよう。「どうして?」と思うけど、きっとこれが森さんが言っていた「ガクッと来るんだよ」ってことなんだろう。

歴然とした違いを感じる年齢は人によって違いがあるはずだし、自分の場合15年のブランクがあったので、ガクッと来るのも少しだけ遅れてくれたのかもしれない。しかし困った。これじゃあキノコを探しに行くにも、薪を取りに行くにもどうにもならない。もう少しだけ元気に動ける程度の体でいたいのだけど。
nice!(1)  コメント(12) 

今年の雪占い [田舎暮らし]

L9999152-checker.jpg

過去にも何度か書いた気がするけど、この辺りでは今頃になると「今年の雪はどうかねぇ」と誰ともなく言い出す。「カメムシが多い年は雪が多い」「霜が早ければ雪が早い」「夏暑ければ雪が多い」など、いくつも雪を占う言葉があるようだ。

こちらに移住して今年で5度目の冬が来る。最初の冬が大雪で積雪5mになり、二階の窓が半分埋まった。その後の3回は雪が少なくて、二階の窓が埋まることもなかったけど、そろそろまた大雪になってもおかしくはない。

今年の夏は日照りだったし、カメムシも一気に沸いた。そうなると今年はやっぱり大雪なのかもしれないけど、自分がちょっと頼りにしているのが「雪椿の芽が葉の上に出る年は雪が少ない」という言葉。

今年は上の写真のようにほとんどの椿の芽が葉の上に出ている。もちろん葉の下から出る芽があることも確かだけど、大雪の年は雪で芽が痛まないように葉の下から出るのかもしれない。まぁ、これはそう思いたい気持ちが半分だけど。

こちらに来た年にこの言葉を教えてもらったけど、たまたまこれまでは毎年当たっている。これに習えば今年の冬も小雪になるはずなんだけど、こういう昔からの言い伝えは長年の経験からのものもあるし、「こうあってほしい」という願望が表れたものもあるので、実際にはそれほど根拠はないのだろう。でも当たってほしいなぁ。
nice!(2)  コメント(0) 

雨が降ったからキノコが出るか? [田舎暮らし]

181008_081153.jpg

西の方でも長野でも今年はキノコが豊作らしい。でも地元ではほとんどキノコが出ない。でも雨が久しぶりに降ったので、今週末くらいにはうまくすれば出てくるかもしれないと、密かに期待している。
nice!(1)  コメント(2) 

ブナの実が豊作? [田舎暮らし]

L9999115-checker.jpg

先日から少し山に入るけど、今年はブナの実が多い気がする。ブナの実は豊作の周期がないらしいので、多い年と少ない年の差が激しい。もうずいぶん前のことだけど、まだ山のことなど何も知らない頃に、ブナの実とブナのもやしを食べさせてもらったことがある。

その味は濃厚で、相棒にもいつか食べさせてやりたいと思いつつも、それ以来豊作の年に当たったことがなかった。でも今朝は少しだけ実を拾ってきた。ストーブがあればそれで炙ってもいいけどまだ早いので、今日はフライパンで炒って食べてもらおう。どんな反応か楽しみでもあるけど、全然好奇心を示さなかったらどうしよう。
nice!(1)  コメント(0) 

カボチャの収穫 [田舎暮らし]

L9999102-checker.jpg

なんというカボチャなのか知らないけど、昨年ラグビーボールを長くしたようなカボチャを輪切りにしたものを少しいただいた。これがまた甘くてホクホクでとても美味しかったので、種を取っておいて今年植えてみた。

あまり数ができるカボチャではないらしく、うちではまともにできたのは一つだけだったけど、今日はそれを収穫してみた。カボチャっていつになったら収穫すればいいのか今ひとつわからないけど、まぁいいか。

食べるのは相棒の気が向いたときだけど、美味しかったらまた来年植えてみようと思う。今度はもう少しうまくやれそうな気がする。
nice!(1)  コメント(2) 

今年はもういらないかなぁ [田舎暮らし]

L9999095-checker.jpg

とりあえず酷暑は先日の台風で終わったようで、一気にこの辺りも秋の気配が漂い始めている。家の周りの稲刈りも始まったし、赤とんぼの大群が空を覆い、山ではキノコも出始めた。夏のキノコってのがちょっと気がかりではあるけど、とりあえずはキノコだ。

晴れ間があまり出ないのが残念だけど、「秋の長雨」という言葉もあるくらいだから、この時期はそれほど「天高く・・・」とはいかないのだろう。ということで朝晩はかなり涼しくて夏の格好では厳しくなってきたので、そろそろお世話になったこれもしまう時期が来たようだ。
nice!(1)  コメント(4) 

冬の準備 [田舎暮らし]

L9999093-checker.jpg

今年はどうも季節が早いとは何度か書いたけど、昨日も今日も気温が上がらずに20度くらい。ずっと日照りが続いてそのあとはずっと雨で、これも複数回書いたけど、今日も相変わらずの雨なので冬に使う道具を取り出して使えるように手を入れた。

ここにある足元関連だけじゃなく、雪を掘るためのスノーダンプやスコップにも雪がつかないようにロウを塗った。外にある薪も仕舞いたいけど、この雨ではさすがいそれはできない。とはいえ昨年は雨ばかりで、ついには濡れたままの薪を家の中に仕舞うことになり、ストーブで乾かしながら使う羽目になった。

うちのカメ君もどうも土に潜りたがりそうなのは日が射さないからだけど、困ったもんだ。このまま秋になって、来月には早い雪なんてことにならないといいけど。
nice!(1)  コメント(2) 

雨は嫌いじゃない [田舎暮らし]

L9999080-checker.jpg

毎日のように降る雨。必要な時には一切降らなかったのに、この二週間は毎日のように降っている。今日は午後までは気持ちよく晴れていたけど、モクモクと積乱雲のように雲が上空に立ち上るとバラバラと大粒の雨が降ってきた。日照りが続いたからというわけじゃないけど、実は雨は嫌いじゃない。家の中で好きな音楽を聴いたり、じっと好きなことに取り組んでいられるし、雨の音以外は耳に入らなくなる。雨には全ての音を飲み込んでしまう雪とはまた違った良さがある。
nice!(1)  コメント(4) 

移住も楽じゃない? [田舎暮らし]

180831_150138.jpg

ここは自分が住むところから8キロほど離れた限界集落に立つ、古民家を改装した建物。オーナーは横浜のご夫婦だったと思うけど、春から秋までは喫茶店として土日に限って奥様が人を使ってオープンしている。

土曜日の早朝に自宅を出て日曜日の夜に帰る生活で、普段のお勤めがあるのに週末に田舎に来て喫茶店というのも大変だろう。いつかはここで暮らすつもりでいるとは思うけど、冬にはいないし週末のみの在宅では痛みも早いようだ。

喫茶店としての営業も4年目の今年でやめるらしく、なんとなく移住もやめて夏休みや冬休みだけの利用になるんじゃないだろうか。この家の値段も知っているけど、田舎暮らしを決めるのもなかなか難しいことだと思う。
nice!(1)  コメント(2) 

日照りのあとは雨ばかり [田舎暮らし]

L9999074-checker.jpg

6、7、8月と日照り続きで、殆ど雨が降らなかった反動なのか、ここ一週間ほどは雨ばかり。一日中降っているわけじゃないけど、激しく降ったり、しとしと降ったり。まあそのおかげで少し涼しくなってきたし、山も田畑も少し潤ってきた。
L9999078-checker.jpg

川の水量が戻るには至らないけど、川底についた緑の苔のような藻が流されるだけでもいい感じ。これで週明けには台風がさらに川を綺麗にしてくれれば、釣りにもいけるかもしれないし、キノコも出てくるかもしれない。
L9999075-checker.jpg

nice!(1)  コメント(2) 

ニンニクを頂いた [田舎暮らし]

L9999072-checker.jpg

「1日一粒食べていれば風邪もひかない」と、お隣にニンニクを頂いた。昨年も頂いたけど、なんというんだろう?毎年お母さんが手作りしているんだけど、皮をむくと真っ黒で柔らかい実が出てくる。あまりニンニク臭さはきつくなく、辛味は殆どない。昔の人のいうことは素直に聞くといいので、頂いた分はそのまま食べるようにしている。でもなんとなく体にはいい感じ。

このニンニクを作るために毎年結構な量のニンニクを植えているお隣さんだけど、今年は自分もちょっと多めに植えてみようと思っている。多いと言ってもうちの場合はこれまではせいぜい一玉。それでも春に8個くらいのニンニクが取れれば、秋までは十分に食べることができる。でも今年は思い切って倍以上植えてみようかな。
nice!(2)  コメント(4)